2007年01月16日

ぼちぼち

日曜日。今年最初のオープン戦が行われました。
対戦相手はこのチームになって初めての試合で戦った同地区の強豪チーム。
ウチと同じく選抜の出場を決めています。

どちらも白星スタート切りたいこの試合。まーぼのライバルでキャプテンのKR君がスキー林間のため欠席。ということでまーぼは第一試合にスタメン出場しました。

本来オープン戦というのは最低2試合は行い、第一試合はベストメンバーで臨み勝ちを意識した試合をするものなんです。
しかし相手は同地区の相手、全部をさらけ出す訳にはいきませんからね。第一試合はオール控え選手での試合となりました。もちろんまーぼも含めですけど。

ところが相手も似たようなこと考えてるんですね。相手も控え中心のスタメンで臨んできました。
これは同じ条件ですからね。あとは層の厚さの勝負ってことになりそうなそんな感じでした。

2番キャッチャーで出場したまーぼ。
初回の打席は外の低めを空振りしての三振。チームとしてもあえなく三者凡退で終わってしまいました。

その後3回終わるまで両チーム無得点。4回の表に再びまーぼの打席が回ってきました。
先頭バッターで打席に立ったまーぼ。
4球目をセンターにはじき返し、今年初のヒットが飛び出しました。
バックネット裏で見ていた私もホッと一安心。
つづくバッターのときにエンドランが掛かったんですが、打球はショートの真っ正面。なんとかゲッツーを免れるので精一杯。まーぼが生還することはありませんでした。

両チーム無得点で迎えた5回表。
守備が良いはずの相手チームが突如乱れ、2アウト満塁という場面を迎えた。
この場面でバッターボックスに立ったのはまーぼ。
なんとか結果を出して貰いたい。そんな思いで見つめる中、カウント2−3から高めの球を右中間に持っていき、2点をゲット。先制のタイムリーとなりました。
これにはちょっと離れていた場所で見ていた奥さんとも目で合図してちっちゃくガッツポーズ。
何かとまーぼのことを気に掛けてくれている我がチームの会長からも少しだけお褒めの言葉を頂きました。

結局次の回にも3点を奪った我がチームが幸先良く新年1発目のオープン戦に勝利しました。

続く2試合目はまーぼは控え。内外野はレギュラーメンバーでキャッチャーは1年生という布陣でスタートしました。
ところが2回の攻撃中、1年生キャッチャーがバントの時、バントの際、ボールを指に当ててしまうアクシデントで急遽退場。次の回からまーぼがマスクをかぶることになりました。

この試合では2打席回ってきましたが、どちらもショートゴロ。しかもあまり良いバッティングではありませんでした。

キャッチャーとしても、相手チーム一の俊足打者に2盗3盗を許してしまったほか、ランナーがいる場面でパスボールが一つ、ついでにリードがちょっと単調、とあまり良い感じではなかったですね。

試合は2対2の引き分けでしたが、ナイスゲームというにはほど遠い内容でした。

バッティングの方でとりあえず結果が出たのは良かったんですが、まーぼが今取り組んでいるのは左方向に強い打球を飛ばすバッティング。まだまだ満足の出来る内容ではないですね。

本人も「まだ左の脇が空いちゃうんだよなぁ」と反省しきり。
タイムリーを打ったなんて喜びは微塵もありませんでした。
良い形で振れば良い打球が飛ぶという教えがきちんと身に付き始めているようです。

バッティングに関しては遅咲きのまーぼですが、ようやくつぼみらしきものが見え始めたのかもしれません。

はたして選抜に間に合うのか。

選抜まであと70日。
posted by かに at 02:35| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする