2006年12月29日

ビッグゲスト登場

本日は年内の練習最終日。

すでに帰省してしまって欠席の選手も数人いましたが、ノロなどでの病欠はなし。
途中で体調不良が出ることもなく、無事終了しました。

そんな中、素晴らしいビッグゲストが登場してくれました。

私のブログではおなじみ、Ayigusさんちの兄弟二人。そして二人の所属チームで4番を張るN村君。来春の選抜高校野球でも活躍が期待される3選手の登場に、選手だけでなく父兄もちょっと興奮気味。

しかも今日の練習はバッティングのみだったから、甲子園常連チーム選手のバッティングを間近で見ることが出来ました。

まずは一番見たかったN村君。
彼のバッティングは一言で言えば、バットコントロールが良く、ヘッドスピードが抜群に速いといった感じ。シャープというのが似合う感じでした。
身長は170cmそこそこで、それほど大きいという感じはないんですが、それでも体重は80kgもあるんだとか。まーぼより身長が低いのに体重は20kg以上重いんですね。
柵越えは3本と少なめでしたが、フルスイングせずにそこまで運んだという風に見えました。
ともかくどの打球も速いこと速いこと。カーンと音がしたときにはもう内野の頭を通過してました。って言うかバットに当たった時の音がウチの選手達とは全然違いましたね。

DSCF1383.jpg
(打っているのがN村君。見ているのが長男君です)


Ayigus家の二人はどうだったか。
まず長男君。私は彼のプレイを直接見たことはあまりなかったんです。まーぼは6年生時代、体験で来たときに何度か見ていたみたいなんですが、私は見て無くて。っていうかその頃はAyigus兄弟のすごさを理解してなかったですから。
今日来た3人の中では一番大きいのが長男君。Ayigusさんのブログでは体重を減らさなきゃみたいなことが書かれてましたが、とてもそんな風には見えません。実に恵まれた体で素晴らしいと思いました。バッティングも体格に似合った大きなフォームで実に力強い打球を飛ばしていました。

そして次男君。現在左打席に挑戦しているとかで、主に左を中心に打っていました。
正直まだ途中過程という感じはしましたが、時折強い打球を放っていました。
彼が高校に入学する前にも、ウチでバッティング練習していたときに左で打つこともありましたし、急造ではないですから、春までにはもっと良くなると思いました。

選手も父兄も高校野球のトップクラスの選手を間近で見ることが出来、貴重な体験でした。
願わくば来春の選抜高校野球で3選手それぞれが活躍して欲しいと思います。

DSCF1389.jpg
両サイドがAyigus兄弟 中央がN村君
posted by かに at 18:42| 東京 ☀| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする