2006年12月14日

道具の手入れ

先日の日曜日。
あまりの腑甲斐ない内容に総監督が大激怒。
それでなくても帰京時間が予定より大幅に遅れてるってのにいつ終わるとも分からない反省会になってしまった。

実はこの日の総監督、朝から機嫌が悪かったらしい。

その原因と言うのが選手のスパイク。どうやらスパイクを磨いてこなかった選手が数人いたらしい。


ウチの総監督は道具の手入れを怠ることにことさら厳しい。

そのおかげか、片付けが出来ないまーぼのようなヤツでも手入れだけはわりとしっかりやっています。毎回帰宅したらすぐに、とまではいってませんけどね。

夏場は帰宅するとトレパン一枚でベランダに行き、スパイクを磨くのが恒例になってました。
奥さんは早く風呂に入れってせっついてましたけど。
雨に降られた時は、新聞に包むって事まではやってました。

これにグローブの手入れが入る訳ですが、そこまでの時間がないときは翌日に回したりはしてました。

そんなこんなで金曜日までには間違いなく手入れは済んでいることになります。

思い返してみると、ヤツが小学生だった頃、こんなにきちんと手入れしてなかったような気がする。

チームのコーチであった私が言うのは情けないことですが、まーぼがこんなに出来るようになったのはシニアの指導者のおかげです。

思い返してみると、今のチームの選手達も、汚れたスパイクで練習してる気がするなぁ。

みなさんのチームでは道具の手入れについて、どのような指導をしてますか?
posted by かに at 23:10| 東京 ☔| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

壁超え

親父は(正確には母も姉も)どうやって体重を減らすかをいつでも考えているって言うのに、家族でただ一人体重を増やしたがっているまーぼ。

食う量はすでに親父を超え、日に日に胃袋を鍛えていたんですが、夏からずーっと体重が増えなかったんですよ。

夏を前にしたまーぼは、

身長 174センチ
体重 59キロ

でした。

夏を終え身長はついに親父を超え、176センチに到達しました。
しかし体重だけはまったく増減無し。59キロのままでした。

一時は『肉・肉大作戦』と称して、キロ単位で肉を購入し、おやつ代わりに肉を食わせるくらいの勢いでした。

しかし、ここに来て肉などの動物性タンパク質ばかりでは太らないと言うことを知りました。
太らせるためには植物性タンパク質も必要らしい。

そこで新たに編み出された作戦、それが『ネバネバ大作戦』です。
言わずもがなですね。納豆です。
関西圏の人はあまり食べないと聞きますが、我が家では以前から結構納豆を食してました。
それをそれこそブロイラーのようにガツガツ食わせてやろうというのが今回の作戦です。

一応匂いを気にするおぼっちゃん。朝用に匂いの少ないタイプも購入。
常に冷蔵庫には4つ以上の納豆が入ってることになります。

晩飯の時にはおかずを食す前に納豆2パックでご飯をかき込み、それから本格的に食事に入るというスタイルになりました。

そんな食生活が功を奏してか、ついにずっと超えられなかった壁を越え、体重60キロに乗ることが出来ました。

ブラボー納豆!

ただ、この作戦の欠点は、うまそうに納豆を食ってるまーぼを見て、周りも釣られて食べたくなっちゃうことです。一緒に体重増やしちゃったら元も子もないですから。

ともあれまーぼだけはこの調子で春までに65キロを目指して貰いたいです。
posted by かに at 13:45| 東京 🌁| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする