2006年11月17日

いじめの境界線

星十徹さんが『いじめを正す技術』というエントリを書かれています。

それを読んで思いついたことがあったんで、さっそくコメントしようかなと考えたんですが、なんだか長くなりそうな気がしたんで、こちらに書くことにしました。

星さんも書かれていますが、

私も、いじめはなくならない、と思っています。


かと言ってこのまま放置して良い訳はないし、大人がなにかを考えなきゃいけないと思います。

私が考えたのは、いじめをしている子の自分のしている行為を認識させるということです。
何がいじめで、何がいじめじゃないのか、それをきっちり認識するというのが重要だと考えたんです。

その境界線はその人の立場によりけりで、微妙に変わってきます。
それをたとえば無記名アンケートで、

『あなたがいじめだと思うのはどんな行為か』

いうのを思いつく限り書かせてみるんです。

それを集計し、後日クラス内で先生が発表する。
他の生徒が考える『いじめの境界線』を知ることによって、自分ももしかしたらいじめをしてるかもしれない、と気付くことが出来るかもしれません。

少年野球の場合、大人の目が多いですからいじめが起こりにくいとは思いますが、
影に隠れるいじめというのも存在するのも事実です。

先日いじめについて書きましたが、大人によるからかいもいじめの温床になると考えてます。
『指導者、チームメイトからどんなことを言われたらイヤか』というアンケートを取ってみるのも一興かもしれません。大人も考えもしないことをイヤと考えているかもしれませんよ。

必要以上にそれに惑わされちゃいけませんけどね。
『声出せ』って言われるのがイヤなんて書かれてたって、それを止めることは出来ませんからね。

とかく身体的特徴を指摘するのを嫌がる子は多いと思います。

私も『気楽に髪の毛の話題をするのは気をつけなきゃいけないな』と自覚しております。
posted by かに at 12:27| 東京 ☁| Comment(20) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする