2006年11月13日

家族会議

昨日の日曜。

関東大会も終わったし、残る公式戦は1年生大会のみ。
当然2年生であるまーぼは関係無い訳で、近隣グランドに遠征する1年生を尻目に、2年生はU都宮シニアとのオープン戦が行われました。

集合時間よりちょっと遅れて河川敷に到着した私。
選手達はこの時期恒例の朝の20分間走で汗を流していました。

その後、こちらもバタバタしている間にトレーニングも終わり、おのおのバットとグローブを持ってグランドに入って行きました。
しかしふと気付くとさきほどまでと同じく隣のサッカー場でストレッチをしている二人の選手がいました。

一人は先週からヒジが痛いと言い出してるレギュラーでファーストをやっているY君。そしてもう一人は言わずもがなですが、まーぼでした。

俺はすかさずまーぼの所に行き事情を聞きました。
すると

「腰が痛んだ。実は今週ずっと走ると腰が痛くなった。だから部活もあまりやれないでいた。」

と言うではないですか。
これには私もカチンときて、

「ばかやろう。なんで昨日言わなかったんだよ。早く言ってれば昨日の休みに満木さんのところに行くことが出来たのに。」

と、どやしつけちゃいました。

金曜、土曜辺りは痛みを感じてなかったから本人も甘く見ていたようで、ばつが悪そうな顔をしてました。
ともあれ痛いものは痛い訳ですから、オープン戦を含めてその後の練習も全面的に不参加。
この日も公式戦同様、ランナーコーチを務めていました。

勝負の掛かった公式戦ならいざ知らず、息子の出ないオープン戦ほどつまらないものはありません。
ましてや最初に書いた通り、レギュラーでファーストをやっている子がヒジを痛めている状態。
なおかつ、この日はキャッチャーのKR君がピッチャーに挑戦。終盤の3イニングにマウンドに登ったんです。ということでどちらのポジションでも出番はいくらでもあった訳です。

にも関わらずランナーコーチ。これでは私のテンションも下がりまくりですわ。

とにもかくにも、そんなこんなで一日が終わり、自宅に帰ったのち、今後の治療についての話し合いが始まりました。

私と奥さんは
『この際、一日も早く満木さんに見て貰った方が良い。そのためなら学校を早退しても構わない』
という考えでした。

それに対しまーぼは
『満木さんに早く見て貰いたい気持ちはあるが、もうすぐ期末試験もあるから主要教科の授業はきちんと受けたい』
というものでした。

親からすれば、来春に向けてのテスト期間である今の時期にグランド外にいることは、ボーダー上の選手であるまーぼにとっては大きなマイナスになる。のちのち悔やむことの無いように治療は一日でも早期にした方が良い。と考えたんです。近所の整骨院ならヤツ一人で行けるけど、やはり信頼している満木さんに見て貰いたい。しかし満木さんのところは車で1時間半は掛かる距離。私の仕事の都合を考えると、放課後に行くというのは時間的にかなり厳しい訳です。

これに対しまーぼは、とにかく主要教科の授業はきちんと受けたい。今現在、試験範囲のすべてを教わってる訳じゃないから休むと困る。木曜の午後なら試験に関係ない授業だから休んでも構わないけど、という主張でした。

まぁ、勉強は学生の本分ですから、それを強く主張されては反対意見も言いにくい。

八方ふさがりになりそうな展開だったんですが、ここで奥さんが重要なことに気付きました。
じつは今週の火曜日は学校が休みだったんです。

我が埼玉県では14日の火曜日が『県民の日』ということで公立の学校は休みになる訳です。

これは好都合。じゃあこの日に治療をすればいいんじゃない。
本当はこの日に朝から晩まで勉強をしていようと考えていたまーぼを説き伏せて、満木さんのところに行くことになりました。
すぐに満木さんに連絡して予約もオッケー。
とりあえず一安心となりました。


今回の家族会議の中で出た話なんですが、現在我がチームの選手達は、どこかに痛みを抱えている選手が多数いるようです。痛みの規模はそれぞれで休むほどでもないんでしょうけど。
夏からノンストップで走り抜けてきましたからね。だいぶ小さな疲労が溜まってるんでしょうね。

精神的なものもあるんでしょうが、ここ数試合、ウチの選手達はミスが目立ちます。打撃も今ひとつです。
どこかで少しねじをゆるめる必要があるかもしれません。
と言ってもチーム単位では難しいから、個々の家庭で考えなきゃいけないでしょうね。
posted by かに at 09:45| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする