2006年11月08日

今回はちょっと重い話ですが・・・

連日、テレビ、雑誌、新聞でいじめに関することが報道されています。
いじめというのは私の子供の頃から存在していたし、これからもきっと無くならないと思います。残念なことですが。
皆さんはチームの指導者でいじめに関することを論じ合ったことがありますか?
私はかつて酒を飲みながらという状況ではありますが、したことがあります。

そういうことを話すと、自然の流れで、いじめた子だけが悪いのか、いじめられた子に落ち度はないのか、という話になります。
これまでの人生でいじめられたことがない人に限って、「いじめられた子もイヤならもっと強く拒否すべき」という様なことを言う傾向があります。これは大人でも子供でもです。
いじめられた子にも落ち度があるという論調ですね。極端な言い方ですけど。

ではいじめた側だけに問題があるのか。私はいじめる子にも確信犯でいじめてる子と、いじめている自覚無しにいじめてる子がいると思ってます。

前者となるとかなり陰湿ですが、後者はどのクラスでも少なからず潜んでいるのではないでしょうか。

少年野球関係者が読むことが多い私のブログでこんなことを書くのは、この後者のことが気になるからです。

たとえば足が遅い子、ボールを正面で取れない子、きちんとしたフォームで投げられない子、きちんとしたフォームで打てない子。知らない間にそれらの子をネタにして笑ってませんか?
福岡県の中学生がいじめによる自殺をした件で、教師によるからかいがいじめの発端になったということがありました。
それだけ子供は大人の話、行動、意見に流されるんです。
かと言って、ことさら神経質になる必要はないでしょう。真剣に選手と接していれば、選手の微妙な変化に気付くでしょうから。そのときはすぐにフォローしてやれば良いんです。

それともう一つ、気になっていたのは、「イヤならもっと強く拒否すべき」というような、いじめっ子的思考をする大人が意外に多いことです。
たとえば「分からなければ分からないって言えばいい」なんて考えたことありませんか?
選手は指導者に「分かりません」とは簡単に言えないんです。
分かるようになるまで根気よく指導しないで、根性論だけでやっていては、いつか「練習がつらい」といって辞めて行ってしまうでしょう。そしてその根気の要る練習を当事者だけをターゲットにやっていませんか?

ウチの総監督が練習中によく使う言葉があります。

「俺はミスしたお前を責めてるんじゃない。そのプレーが良くないって言ってるんだ。プレーのことを注意してるんだから、他の選手も自分にも起こることだと思って聞かなければいけないんだ」

少なくともチーム内でのいじめで野球を辞めた、なんて子が出ないようにしなければいけないですよね。
posted by かに at 03:26| 東京 ☀| Comment(19) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする