2006年09月28日

会心のスクープ

久々に会心のスクープが撮れました。

政治家と女子アナの不倫です。

このところ好調だったから、そこそこのスクープは撮り続けてましたが、ここまで手応えがあるのは久しぶり。キムタク&静香以来かな。(この二人の交際をスクープしたのはウチです)

長いことこの仕事してるけど、政界まで巻き込んだのは初めてだなぁ。

明日発売されて、どれくらい反響があるか、楽しみ楽しみ。
posted by かに at 18:28| 埼玉 ☔| Comment(18) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まーぼの現状

幸いなことに秋季大会も我がチームは勝ち上がっていまして、今週末には東東京大会決勝戦を迎えます。そしてその翌週には関東大会も始まります。
他チームと比べても圧倒的に新チームスタートが遅かったにも関わらず、ここまで順調に勝ち続けていることに、父兄として指導者に感謝したい気持ちでいっぱいです。

さて、我が息子まーぼが選手権途中からヒジ痛で万全でないことは何度となく書いていますから、みなさんはよくご存じだと思います。

しかしこのところ、試合結果ばかりで、まーぼの様子をあまり書いてきませんでした。
ということで、今日は現在のまーぼの状態を報告したいと思います。

まず最初に言っておきたいんですが、ヒジ痛はまったく問題なくなっています。
少なくとも本人から痛いと言った申告はまったくありません。

ただ一ヶ月以上思いっきり投げない時期が続いてましたから、今は肩の筋力を戻すことに務めています。

最初にも書きましたが、こうしている間もチームは勝ち続けてます。
正直、息子がその中で活躍する場面を見ることが出来ないのはやはり寂しいものです。
しかしそれは万全に戻ったときに、現在出場している選手達と勝負すればいいことですから、焦らないように自分自身に言い聞かせてます。
現在は毎試合サードランナーコーチャーで大きい声を出してます。声を出す練習にもなるし、なにより走塁も学べますから、現段階でのポジションとしてはこれで良いと思ってます。

チーム状態の方を見ると不安要素が何もない、という訳ではありません。
やはり自慢の投手陣を生かす捕手のリードが若干不満が残ります。投手の能力の割りには得点を取られすぎてるんですよねぇ。

現在捕手はまーぼのライバル、キャプテンKR君が務めています。
彼は少年野球の頃から捕手でしたし、肩も抜群。技術、セカンドへのスローなどは申し分ない。
ただリードがちょっと単調なんですよね。大人ともフレンドリーに話すKR君ですから、何度となくリードのことは話してますが、もっと上手くなれる選手だと思うんですよね。
このリードの面だけはピッチャー経験もあるからか、慎重な性格だからか、まーぼの方が繊細なリードが出来るように思います。逆にイケイケのリードが苦手ではあるんですけど。
(実際以前「変化球を使いすぎ」って交代させられたことあったし)
どちらが良いと言うこともないんでしょうが、二人が揃った状態で競い合ってこそ、より投手陣が生きてくるだと思ってます。

実際、試合後の反省会でも総監督から
「◎◎(息子の名字)!早く直せ!お前が直らねぇとKRがどれだけミスしてもキャッチャーを交代できねぇじゃねえか!」と、怒鳴られたりしています。(^_^;)
もちろん焦ってすぐ全力でやれなんてことを言っているのではなく、KR君に対するプレッシャーであることはまーぼも分かってます。とは言え、こう言われたら「頑張らなきゃ」って気持ちになることも確かですよね。

ところがここに来て、捕手以外に練習をやらされてるんです。
それがファースト。ヒジを痛めたあとたまにノックでファーストに入ったことはあったんですが、
先週の土曜日から本格的にやらされてるらしいんです。そしてどうもそっちでの出場ってもの可能性がありそうなんです。

さっきも書いた通り、リード面以外ではKR君のキャッチャーというのはかなり安定しています。
まーぼは肩が万全になってなお出場機会があるかどうかって位です。
そんな配慮があるからなのか、ファーストをやらせてみたら結構動きが良かったらしいんですよ。

まーぼは器用なタイプではないから、二つのポジションをこなすなんて出来ないと思ったし、どっちつかずになっちゃうんじゃないか、と私は思ってたんですよ。

それが意外にも、総監督、監督ともに私が思っている以上に高評価。
先日、準決勝を待つ間、総監督、監督と立ち話をしたら、総監督からこんなこと言われました。

「◎◎はキャッチャーの時はどんくさいのに、ファーストをやらせたらすごく動きが良いんだよ。しかも動き方も分かってる。今チームで一番ファーストは上手いかもしれない。監督も「今日使いましょうか」言うくらいなんですよ。故障上がりの選手なんだから無理言うなって言ってやりましたが、それくらい良いんですよ」


私としてはあくまでキャッチャーでスタメンを目指して欲しいと思ってます。
打撃が自慢と言うことではないですから、ファーストになったら進学で困るんじゃないかなぁ、という気持ちもちょっとあります。

しかしどこのポジションでも良いから、試合に出て欲しい。という気持ちも当然あります。
実際、ファーストとは言え、褒められるのは嬉しいですからね。

ちょっと前にまーぼと話したとき、
「ファーストならピッチャー返り咲きというチャンスもあるかもしれないから、イヤじゃないよ」と言っていたことがありました。
現在本人がどんな気持ちなのかはわかりませんが。

なにはともあれ

「課題はバッティングだな」

という、誠にごもっともな総監督の言葉を、本人もしっかりと胸に刻みつけて欲しいと思います。
posted by かに at 15:09| 埼玉 ☔| Comment(12) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする