2006年08月25日

シニアVSボーイズ

今日は東京ドームで、先日告知したシニアオールスター対ボーイズオールスターの試合がありました。

この試合、過去3度行われているそうなんですが、なんとシニアの3連敗という結果なんだとか。

都市対抗の前座試合とは言え、シニア側としてはこれ以上の連敗はしたくない。
選手はともかく大人はかなりマジだということらしい。

実際、先日行われた合同練習では、そんな大人の気持ちが飛び火したのか、どの選手も競うようにドでかい当たりを連発していたそうです。

そんな中にウチの選手がいるっていうのが、嬉しいような不思議なような。

とにかく応援したいって気持ちで私も東京ドームに行ってきました。

その東京ドームのバックネット裏には、私の『悪魔の誘い』に乗ってしまった星十徹さんが陣取ってました。

シニアの先発はF士のW投手。F士シニアが春季大会で優勝した原動力となったW投手。体は大きくないし、まだ線も細いんだけど、その左腕から放たれる球はかなりのもの。一時は神奈川のY高校に行くと言う噂がありましたが、山梨の強豪私立に決まったそうです。
実は彼のピッチングは一度だけ見たことがありました。それは2ヵ月ほど前の夏季大会のときなんですが、その日は調子が悪かったのか、前評判とはかけ離れた内容でした。

しかし今日のピッチングが本来の彼の投球でしょう。

ボーイズの強打者達にまったくバッティングをさせない素晴らしい投球でした。

ピッチャーが抑えたら次に答えるのはバッター。

初回から武○府○の選手が素晴らしいバッティング&走塁で先制点を取ると、他のバッター達も強い当たりを連発。小刻みに得点を入れ、終盤までに5得点。

守っても、W投手のあとから出たS倉のエースはさすがにこの夏全国優勝しているチームの背番号1という内容。

最後には残り1アウトのところで、なんと2年生でここに選ばれているM田の投手が登板。わずか2球でアウトを取ってしまったから、その凄さを体感することは出来ませんでした。

まだ2年生ということですから、必ず戦う日が来るでしょう。そういう前評判の高い選手達を打ち破って行かなければ全国出場、全国制覇はありませんからね。

来年、この場にウチの選手がいることを強く願ってドームをあとにしました。

そうそう、ボーイズの選手のことを書いてませんでしたね。

2番手に投げた埼玉県のボーイズの投手。上背はそれほどでもないけど、がっちりとした体で、球はかなり早かったですね。ウチのキャプテンと同じく宮城の常連校に入るみたいなんで、3年後のT高校はたのしみですよ。

あ、ちなみにウチのキャプテンは途中出場で2打席立ちましたが、思い切りの良いバッティングとまでは行きませんでしたね。高校でのさらなる進化に期待ってことで。(^_^!)
posted by かに at 21:40| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(1) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

斉藤ブームの裏で・・・

早稲田実業の優勝で幕を閉じた今年の夏の甲子園。

どのスポーツ紙も早実優勝の文字が飾った22日。
ある名門高校の監督が復帰した。

その監督とは高知の強豪、明徳義塾高校の馬淵史郎監督。

そもそも馬淵監督が辞任するきっかけとなったのは昨年大会直前に発覚した部員の喫煙、部内暴力。
大会二日前の辞退ということで、大きな反響を呼んだことは皆さんもご記憶のことでしょう。

甲子園ではベスト8が決まった16日、謹慎期間が切れたのを待って日本高野連で馬淵監督の復帰が承認された。

これ自体は別にどうこういうつもりはありません。
しかし辞任発表後、スポーツ紙の取材に彼はこう答えています。

「今日(6日)付けで学校に辞任を受理していただいた。今後、野球にかかわることはない」
「今後の人事について私は一切タッチしない。野球とは関係の無い人間になるから」

にも関わらずわずか1年で監督復帰です。
同じく選抜を辞退した駒大苫小牧の香田監督はさらに短いわずか2ヶ月で監督復帰しています。

アマチュアですから辞任も復帰も思いのままということは理解してますし、地元のラブコールがあることも理解してます。
しかしそれでも節操無さ過ぎじゃないですか。

どう考えても『ほとぼりが冷めれば』というスタンスだと言うことがありありと分かってしまいます。
どうせ戻ってくるのならば、形式ばかりの辞任は止めれば良いんじゃないですかね。
もちろん世間の目を考えれば、そうせざるを得ないんでしょうけど。

何事も形式と対面ばかり気にする高野連の悪癖が数々の不本意が生み出す。
それは今後も変わらないのだろうか。
posted by かに at 02:15| 埼玉 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする