2006年08月06日

残念!

神宮球場で行われた日本選手権の準決勝、対N潟シニアの試合は惜しくも1−2で敗れてしまいました。

初回、1アウト満塁の大チャンスを得たんですが、あと1本が出ずその回無得点に終わってしまった。
1回裏、マウンドには先発を2試合回避していたA君が登った。昨日のミニミニハートフィルの効果があったのか、立ち上がりからびゅんびゅん飛ばして3者凡退。

昨日と同じく投手戦となってしまいました。
チャンスを作るも惜しい攻撃で得点を上げられない。そうこうしている内に、5回の裏、相手がチャンスを作ってしまった。2アウト1、3塁からセンター前に打球が飛んだ。しかしこれをわずかの距離でグラブが届かず後ろに逸らしてしまい、1塁ランナーまで帰って2点を先制されてしまった。

6回表、こちらもフォアボールと盗塁でチャンスを掴んだ。
ランナーもたまって一打出れば逆転という場面だったがここでも抑え込まれてしまう。

最終回も素晴らしい当たりはでるものの相手の守備が良い動きで出塁することが出来ないままゲームセットとなってしまった。

関東連盟の夏季大会で優勝したF士シニアを破っている強豪ですから、善戦と言えなくもありませんが、まったく歯の立たない相手ではなかったし、実力は紙一重だったと思います。どこかのチャンスで1本が出て先制していればどう転んだかわかりませんでした。

それでも敗戦は敗戦。開き直って明日の3位決定戦に臨んで欲しいと思います。
悔しい敗戦をしたあとこそ強くなるウチですから、きっと明日も良い試合をしてくれるでしょう。

明日、3年生にとっては正真正銘最後の試合となります。
相手はM本シニア。登録わずか12人でここまで勝ち上がってきている素晴らしいチームです。
しかし素晴らしさだったらウチも負けてません。全身全霊を尽くして勝利をつかんで欲しいと思います。

posted by かに at 14:07| 埼玉 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よくぞここまで

NEC_0341.jpg

ついに神宮球場に戻って来ました。

開会式集まった32チームが、いまでは4チームになりました。

何度も書いていますが、正直、ここまで来れるとはまったく考えていませんでした。

指導者もそんな思いがあったようで、(もちろん勝算はあったでしょうが)今日、日曜は同じく全国大会に出たE中央とオープン戦の予定でした。

それを決めたのが2日の開会式のときだったそうです。

日本選手権を戦いながらも、新チームのことをしっかり考えてくれていることに本当に感謝したいです。

さあ、これから準決勝。大会のことを振り返るのはまだ早いですから、もちろんしません。

あと2日、死力を尽くして応援してきます!
posted by かに at 10:03| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする