2006年08月30日

都市対抗初観戦

200608301555000.jpg

合宿でお世話になったお礼ということで、都市対抗に出場したTDKにかほ(秋田)の応援に行ってきました。

実は私は都市対抗初観戦。予備知識として応援が華やかだということは知ってましたが、いざ始まってみると、これほどとはと呆気にとられました。

我々が陣取ったのは写真のような場所。

チアリーダーや応援団のステージの向こうにホームプレートやバッターボックスが見える好ポジションです。(^^)

最初のうちは「良い位置じゃん」なんて思ってたけど・・・


次第に・・・


「チアリーダーに目が行って試合に集中出来ねぇー!」



とにかく攻撃中はずっと音楽が掛かってるんですよね。そして踊ってる。


唯一の救い(笑)は、ずっとチアリーダーが踊ってる訳じゃなくて、秋田らしく、なまはげが応援団で踊ってるんですね。(^^)

さすがに『踊るなまはげ』は笑えますよね。お陰でそのときは試合に集中出来ました。

試合の方は、両チームの投手が素晴らしく、連打を許さないピッチングだったが、ワンチャンスを生かしたTDKが2対0で勝利。
都市対抗出場9回目にして、初勝利をあげました。

こういう良い試合を見て、選手達が「社会人野球もいいな。こういう雰囲気の中で試合をしてみたいな」と、思ってくれたらなぁ、なんて感じたんだけど・・・
俺と同じくチアリーダーが気になって、それどころじゃなかったみたいだねぇ。(笑)
posted by かに at 18:04| 埼玉 ☁| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

娘よ、すまん

昨日、娘と話していたら、ぽつりとつぶやいた。


「私、この夏休みに行った、一番遠い場所は、大田スタジアムだった・・・」


娘よ、すまん。今年もまたどこにも連れて行ってやれなかったね。

たぶん来年、日本選手権が終わったら(あくまで出る予定)まーぼもヒマになるから(受験生だけど)そしたらどこかに連れて行ってやるからね。

でも娘も俺と同じ性格で、混んでるところが嫌いだからなぁ。どこに行こうかねぇ。
posted by かに at 02:16| 埼玉 ☔| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

代表権獲得!

本日、秋季新人戦の2回戦が行われ、無事勝利、代表権を獲得出来ました。

と言っても12チーム中9チームが獲得出来る代表権ですから大騒ぎする事じゃないんですけどね。

今日の相手は春季大会で3年生達が決勝戦を戦ったT島シニア。
入団に際して身長制限があると言う大型チーム。身長だけならウチも負けてないけど横幅ではちょっと負けるかな。

ともあれ試合がスタート。この日も先発は2年生エースのI君。今までは立ち上がりが不安だったけど、さすがに背番号1をもらった自覚からか、はたまた神宮を経験した強みか、安定感が増して、あっさりと3者凡退。
一方、相手投手も長身でなかなかの速球派。こちらの打者も良い当たりをするものの野手の正面を突いてヒットが出ない。
ともに3者凡退で1回の攻防を終え2回に入った。

I君は変わらず好調。この回もあっさりと攻撃を退けて攻撃にリズムを作ってくれた。
さぁ、あとは点を取るだけだ。この回の先頭はキャプテンのKR君。強打者だけにクリーンヒットを待っていたんだけど、引っかけちゃったボールはキャッチャー前のボテボテ。ところがこれをキャッチャーがお手玉。続くバッターの送りバントもキャッチャーが1塁に悪送球。相手が簡単にチャンスをくれた。このチャンスにきっちりタイムリーが飛び出して2点先制。その後もヒットが続いて、この回4点をゲットした。

このあと、3回にも大きなチャンスがあったのだが、良くない走塁もあり1点も奪えなかった。
そんなイヤなムードの中、続く4回にエラーと四球絡みで1点を返されてしまう。
しかもここに来てエースのコントロールが甘くなってきた。やばい。ブルペンもにわかに慌ただしくなり始めたところで、ラッキーなピッチャーゴロ。ここをゲッツーでしのぎ追加点を与えなかった。

ピンチのあとにはチャンスあり。5回の裏、四球、エラーでランナーが溜まったところで、久しぶりのタイムリーが飛び出した。
この回連打が続き、一挙に4点目を叩き出し、規定により5回コールドとなった。

危ういところはあったけど、先週よりはミスは少なかった。
なによりも連打で得点を奪えたことが大きかった。序盤に4点も奪ってしまえばこちらはかなり安心してみていられる。

ともあれこれで代表権獲得。しかし安心するのはまだ早い。ここまで勝ち上がっている3チームで変則のトーナメントを行うことになっている。次の試合に勝てば東東京大会でシード権を得ることが出来る。
ここでシードを取っておくと、2回勝てば関東大会に行ける。しかも2回戦からの登場と言うことで敗者復活戦の権利も自動的に付いてくる。これは是が非でも頂いておかなくては。

これまでは経験がなかった『ここは勝ちたい』という試合。その試合をどう選手達が戦っていくのか。楽しみです。

そしてまーぼですが、ぼちぼちスローを投げ始めました。まだ全力ではありませんが、徐々に距離を伸ばし始めています。
チームが勝ち上がっていけば、試合に参加出来るまで回復していくでしょう。
ここまでよく辛抱しました。だけどもう少し。焦らずもうちょっと慎重にいきたい。
それまではこれまで通り、3塁ランナーコーチャーとしてチームに貢献して欲しいと思います。
posted by かに at 01:34| 埼玉 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

シニアVSボーイズ

今日は東京ドームで、先日告知したシニアオールスター対ボーイズオールスターの試合がありました。

この試合、過去3度行われているそうなんですが、なんとシニアの3連敗という結果なんだとか。

都市対抗の前座試合とは言え、シニア側としてはこれ以上の連敗はしたくない。
選手はともかく大人はかなりマジだということらしい。

実際、先日行われた合同練習では、そんな大人の気持ちが飛び火したのか、どの選手も競うようにドでかい当たりを連発していたそうです。

そんな中にウチの選手がいるっていうのが、嬉しいような不思議なような。

とにかく応援したいって気持ちで私も東京ドームに行ってきました。

その東京ドームのバックネット裏には、私の『悪魔の誘い』に乗ってしまった星十徹さんが陣取ってました。

シニアの先発はF士のW投手。F士シニアが春季大会で優勝した原動力となったW投手。体は大きくないし、まだ線も細いんだけど、その左腕から放たれる球はかなりのもの。一時は神奈川のY高校に行くと言う噂がありましたが、山梨の強豪私立に決まったそうです。
実は彼のピッチングは一度だけ見たことがありました。それは2ヵ月ほど前の夏季大会のときなんですが、その日は調子が悪かったのか、前評判とはかけ離れた内容でした。

しかし今日のピッチングが本来の彼の投球でしょう。

ボーイズの強打者達にまったくバッティングをさせない素晴らしい投球でした。

ピッチャーが抑えたら次に答えるのはバッター。

初回から武○府○の選手が素晴らしいバッティング&走塁で先制点を取ると、他のバッター達も強い当たりを連発。小刻みに得点を入れ、終盤までに5得点。

守っても、W投手のあとから出たS倉のエースはさすがにこの夏全国優勝しているチームの背番号1という内容。

最後には残り1アウトのところで、なんと2年生でここに選ばれているM田の投手が登板。わずか2球でアウトを取ってしまったから、その凄さを体感することは出来ませんでした。

まだ2年生ということですから、必ず戦う日が来るでしょう。そういう前評判の高い選手達を打ち破って行かなければ全国出場、全国制覇はありませんからね。

来年、この場にウチの選手がいることを強く願ってドームをあとにしました。

そうそう、ボーイズの選手のことを書いてませんでしたね。

2番手に投げた埼玉県のボーイズの投手。上背はそれほどでもないけど、がっちりとした体で、球はかなり早かったですね。ウチのキャプテンと同じく宮城の常連校に入るみたいなんで、3年後のT高校はたのしみですよ。

あ、ちなみにウチのキャプテンは途中出場で2打席立ちましたが、思い切りの良いバッティングとまでは行きませんでしたね。高校でのさらなる進化に期待ってことで。(^_^!)
posted by かに at 21:40| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(1) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

斉藤ブームの裏で・・・

早稲田実業の優勝で幕を閉じた今年の夏の甲子園。

どのスポーツ紙も早実優勝の文字が飾った22日。
ある名門高校の監督が復帰した。

その監督とは高知の強豪、明徳義塾高校の馬淵史郎監督。

そもそも馬淵監督が辞任するきっかけとなったのは昨年大会直前に発覚した部員の喫煙、部内暴力。
大会二日前の辞退ということで、大きな反響を呼んだことは皆さんもご記憶のことでしょう。

甲子園ではベスト8が決まった16日、謹慎期間が切れたのを待って日本高野連で馬淵監督の復帰が承認された。

これ自体は別にどうこういうつもりはありません。
しかし辞任発表後、スポーツ紙の取材に彼はこう答えています。

「今日(6日)付けで学校に辞任を受理していただいた。今後、野球にかかわることはない」
「今後の人事について私は一切タッチしない。野球とは関係の無い人間になるから」

にも関わらずわずか1年で監督復帰です。
同じく選抜を辞退した駒大苫小牧の香田監督はさらに短いわずか2ヶ月で監督復帰しています。

アマチュアですから辞任も復帰も思いのままということは理解してますし、地元のラブコールがあることも理解してます。
しかしそれでも節操無さ過ぎじゃないですか。

どう考えても『ほとぼりが冷めれば』というスタンスだと言うことがありありと分かってしまいます。
どうせ戻ってくるのならば、形式ばかりの辞任は止めれば良いんじゃないですかね。
もちろん世間の目を考えれば、そうせざるを得ないんでしょうけど。

何事も形式と対面ばかり気にする高野連の悪癖が数々の不本意が生み出す。
それは今後も変わらないのだろうか。
posted by かに at 02:15| 埼玉 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

『佑ちゃん』はやめて

ワイドショーで早実の斎藤投手を『佑ちゃん』って特集しまくってるじゃない。

俺はそれが気持ち悪くって。誰がそんな風に呼び始めたんだろ。明らかに誰かがスターにしたいって考えて使いだしたんだろうね。

確かに斎藤投手は良い選手だし、さわやかだし、お坊っちゃまだし、明らかに(田中投手より)女性にモテるでしょう。

だからって『佑ちゃん』どうだろう。

笑っちゃうのは、決勝戦再試合をやっている裏でも『佑ちゃん』特集をトップに持って来てたんだよね。

誰が見るかっての!
って言うか、見てるヤツはファンだとか言えないっしょ。

とか書いてて、ウチの雑誌で『佑ちゃん』って呼び名を使ってたら悲しいな。そしたら間違いなく担当に苦言を呈してやるぞ。
posted by かに at 22:41| 埼玉 ☔| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

辛勝!

今日、秋季新人戦のブロック大会1回戦が行われました。
でっかいトーナメントになる夏季大会と違い、秋季大会はブロック大会からちょっとづつ勝ち上がると言うシステムになっている。

我がチームが所属しているのは城北ブロック。12チームが所属していてそのうち9チームが代表権を得て東東京大会に進む。
それだけ上がれるチームが多いからわずか2勝すれば代表権を獲得出来る。

で、その1回戦。
対戦相手は昨年11月に行われた1年生大会で優勝しているチーム。
実戦経験が少ない我がチームとしてはかなり手強い相手である。

結果の方はタイトル通り『辛勝』
守ってもミス、走塁でもミス、送りバントでもミス、とミスのオンパレード。
よくぞここまでミスをして勝てたもんだと驚くくらい。
それでも勝てたのは、日本選手権のマウンドにも登った2人の投手のおかげ。

要所を閉めるピッチングで6回にミスから1点を奪われたのみ。
1本のタイムリーであげた2点を守りきって勝利しました。

ミスが多く、あまり諸手をあげて喜べる勝ち方ではありませんでしたが、実戦経験の少なさを考えれば、こうした試合をしながら成長していくしかないのかなとも思いました。

そしてなにより、今日多発したミスを減らしていけば、それなりに戦えるという実感が掴めたのが大きかったと思います。

多発したミスというのが、どれもこれもイージーなミスでした。当たり前のアウトを当たり前に取る、今、ブロガーの間で合い言葉になっているこの言葉はまさにウチにも当てはまりますね。

来週日曜の試合に勝利すれば、東東京大会に進むことが出来ます。
勝ちながら成長していって欲しいと思います。

今日のまーぼ
まだ全力で投げられないため、試合には出場せず
ランナーコーチのみ
posted by かに at 18:10| 埼玉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

甲子園のヒーローがやってきた

甲子園での熱闘からわずか1日。
我がチーム出身のヒーローが河川敷にやって来てくれました。

その表情からはあの激闘が感じられないほどにこやか。
いつものことながら彼の笑顔には癒されます。

話っぷりもすっかりさばさばしたもの。


「俺、1球で敗戦投手っていう記録作って、関西の新聞にデカデカと取り上げられたんすよ」


「試合後のお立ち台も、呼ばれてないんすけど、近くをわざとウロウロして取材されるように向けたんですよ。上がったらすぐにベラベラしゃべるもんだから、NHKのベテラン記者って人がゲラゲラ笑ってましたよ」


おいおい。負けた直後でもお前はそうなのかよ(笑)

それでも、


「いやー、東京対決、したかったですよ」


というのは正直な気持ちだったのでしょう。

帰り間際には


「あと4回甲子園に行って、2回は日本一になりますよ」


と、力強く語ってくれた。
本当ならものすごく難しいことなんだけど、彼なら本当にやってくれるかもって思っちゃいました。

ウチに挨拶に来たあとは、少年野球チームにも挨拶に行って、午後からは「敗戦投手になったペナルティ」(本人談)として練習が待っているとか。(笑)

とりあえず足の故障をしっかり直して、本来のスピードを取り戻して欲しいもんです。
甲子園を見ていた人。彼の守備はまだまだあんなもんじゃないですからね。
来年の春、また甲子園で走り回る彼を楽しみにしたいと思います。

1.jpg
天下の公共放送でガンガン出てたんだから、顔にモザイクをかけるのもなんだなぁと思ったけど、下手に悪用されてもイヤだからちょっとだけ自主規制してノイズを掛けちゃいました。
posted by かに at 18:13| 埼玉 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悪魔のお誘い

8月に入り、なんだかんだとお仕事を休んで球場に行っている野球バカの皆さんこんにちわ。

そんな皆さんに耳寄りなお話を持ってきましたよ。

今月25日から、東京ドームで第77回都市対抗野球大会が行われることはご存じですよね。

その開会式がある25日(金曜日)に前座試合として、


リトルシニアオールスター(全関東)対ボーイズオールスターの試合が行われます。


どうです?見たいでしょう。(^^)

ウチからも先日の日本選手権で打撃賞を取ったキャプテンが選ばれ、招集されました。
もちろん急造チームですから、チームワークなんて臨むべくもありませんが、シニア側はボーイズには負けられない、と、かなり真剣に臨むと聞いています。
去年までも行われていたのかもしれませんが、ウチはまったく無関係だったんで今回初めて知りました。

試合はもちろん東京ドーム。開場12時30分 試合は14時20分から
試合後ライト側外野に移動すると、17時からの都市対抗の開会式、18時からは川崎市の東芝と浜松市のヤマハの試合が観戦出来るそうです。

もちろん私は見に行くつもりです。前座試合が終わったら帰りますけど。

さぁ、東京ドームで会いましょう。(^_^)v
posted by かに at 14:24| 埼玉 ☁| Comment(8) | TrackBack(1) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

千駄ヶ谷の例のお店

今日はまーぼと千駄ヶ谷にある例のお店、そう、久保田運動具店東京支店に行ってきました。
何ヶ月か前にmetooさんと立ち寄ったときにはあいにくと定休日。

その後、私は一度も行っていないのに、metooさんは2度も行っているじゃないですか!
こりゃあ負けてられないと息子を引っ張り出した訳です。

なんて書いてますが、まーぼがとにかく久保田スラッガーに行きたがっていたんですよ。
先日も満木さんのところに行った帰りに寄ろうと思ったら、首都高速のあまりの渋滞に断念。

昨日も雨で練習中止が決まった瞬間から「行こう行こう」と大騒ぎ。なのに昨日はお盆休み。
そんなこんなでようやく今日久保スラ行きが実現した訳です。

先日から言い出していたことなんですが、まーぼは高校でピッチャーに戻ることを見越して欲しいグローブがあるらしいんですね。それが久保スラのKSG-L7ってやつ。
今買っても当然使うヒマがないですから、すぐに買うなんて事はないんですが、とにかく見てみたかったようで・・・。

まぁ、嬉しそうにあれこれ手にはめている姿を見るだけでも連れてきてやって良かったかなと思いましたよ。

そんなときに入ってきた一組の親子。
親父は俺より5歳は上って感じ、俺よりは間違いなく金を持ってるって感じだったかな。
息子の方はまーぼより10センチくらい小さい感じ。
てっきり来春の中学入学に向けて新しいグローブを買ってもらいに来たのかな、くらいにしか感じませんでした。

ところが、親父さんが店員に言った一言にビックリ。

「キャッチャーミットをオーダーするにはどうすればいいんですか?」

お、オーダー??このガキンチョに??? 思わずまーぼと顔を見合わせちゃいました。

息子さんは何年生ですか?という店員の問いに答えた親父の言葉にさらにビックリ。

「中2です」

まーぼと同じ年かよ〜!

店員さんは中学では制約が多いから、オーダーにしてオリジナリティを出しても実際に試合で使えなくなってしまうことありうるから、既製品でも良いのでは、やんわりとたしなめてました。

「チームメイトがこちらでオーダーを作ってもらったらしく、息子も欲しいと言い出しまして」

どんなチームだよ〜!!

基本形からパーツをオリジナルで選べると言っても、キャッチャーミットの場合はオリジナリティを出しづらいみたいなんですね。特に中学、高校は道具に関する規制が多いですからね。
結局、その親子は既製品を選んで買っていきました。

まぁ、よそ様の子供ですからね。どんなグローブ使おうとあれこれ言うのもなんですが、中学生でオーダーってのはどうなんでしょう。

少年野球でもすぐに新しいグローブやバットを買い与える親がいるかと思えば、兄貴のお下がりどころか、親父のお下がりを使っている子もいます。

どちらが良い、悪いではありませんが、道具を大事にする気持ちを持たせる、というのも大人にとっては重要な仕事なんじゃないでしょうか。
posted by かに at 17:22| 埼玉 ☁| Comment(22) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

笑顔笑顔の3年生

日本選手権が終わり、正式に引退となった3年生。
1、2年生がそのまま合宿、オープン戦、平日練習と怒濤の1週間を過ごしている間、実にマイペースに参加していたんです。

合宿にやってきたのは、キャプテンKT君、セカンドJ君、サードM君、キャッチャーK君の4人。
最初のアップ、キャッチボール辺りは一緒にやっているが、ノックになったら完全に別行動。

「ロードワークに行ってきまーす」と言って出掛けたかと思えば、なんだか余裕綽々で戻ってきた。

お前らホントに走ってきたのか!って言ってやりたくなるほど。
まぁ、俺が見ていなかったときに真剣にやってたのかもしれないけどね。

筋トレをするって言いだしたかと思えば、「道路が暑くてやけどする〜!」だって。(笑)

こんなのんびりでも総監督からはまったく指導はナシ。
3年生自身も「3年生の合宿って最高ですよ!だって来ただけで褒められるんですよ」と満面の笑み。

最終日にはグラウンドから20分くらいのところにある温泉に。K君からお願いされて私が連れて行ってきました。
宿の受付からトロッコ電車に乗って行くその温泉。高地にあるだけあって景色も最高。
露天風呂につかって「帰りたくねぇ〜〜!」って叫んでましたよ。気持ちは分かるなぁ。

グラウンドではすっかりゲストだった3年生ですが、宿舎であるビジネスホテルに戻ったら大活躍。
偶然にも3年生の泊まっていた部屋にはテレビがそのまま設置されていたようで、1000円のプリペイドカードを買えば見れたみたいなんですね。例のチャンネルが。
優しい3年生達は下級生を集めてあの手のビデオ上映会を開いてくれたみたいです。(笑)
去年はエ◎本を持ってきてくれたし。この手の事では必ず大活躍してくれる3年生でした。(^^)

この半月で続々と進学先が決定している3年生達。もちろん都立受験の子はまだまだ試験勉強が大変でしょうが、野球でもここまで頑張れたんだから勉強も一生懸命にやることでしょう。

そして今、甲子園で活躍するK先輩のように、いつまでも楽しくあこがれの存在であって欲しいと思います。
posted by かに at 22:55| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

良い休息

今日の埼玉地方は朝から霧雨。

そんなに強くないから練習出来ると判断したのか、中止の連絡が入らないので、“仕方なく”(笑)河川敷へ。

集合時間には同じような思いを抱えながら、続々と選手が集まってきました。

確かに霧雨だからやる気になればなんてことはないんだけど、随分長時間降っているみたいで、グラウンドにはすでにうっすら水が浮き始めている。

昨日も雨に降られたけど、ずっと降り続け出はなく、降ったり止んだりだったから、なんだかずるずると夕方まで練習してました。

が、今日は360度どこを見渡してもどんよりとした曇り。とても止むとは思えない。

ってことで1時間待機したのち中止となりました。

さっそく遊びの約束をする選手達。

おいおい、お前ら宿題しなくて良いのか?
posted by かに at 12:03| 埼玉 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

安堵

今日、総監督、監督から背番号の発表がありました。

昨日は『もらえなくてもいい』なんて書いてましたが、やっぱり気になります。

発表の時はグラウンド整備をしていたから、どうなったのか遠目でチラチラ見てたんですが・・・






DSCF0572.JPG


どうやら無事もらえたみたいです。(^_^;)

しかもあこがれのK先輩が着けていた背番号2です。

ほんとのことを言えば、ライバルのKR君がキャプテンになったため、彼は背番号10に。
空位になった背番号2がまーぼにというだけのことなんですが、それでも嬉しいですね。

まだ練習でも全力で投げてませんから、当然正捕手はKR君。まーぼはまだブルペン捕手もままならない状態です。しかし背番号をもらった以上はランナーコーチャーでも、バット引きでも、ボールボーイでも、とにかくチームのために出来ることを全力でやって欲しいと思います。

もちろん代打での出番もありえますから、それに賭けて素振りも欠かせないよね。

早く背番号2を着けてグラウンドに立つ姿が見たいなぁ。
posted by かに at 20:57| 埼玉 ☔| Comment(12) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

宿題が進まない

連日シニアに行っているまーぼ。
肉体的にも精神的にもピーク状態で、今朝も起こすのに一苦労。
本人も起きたい気持ちはあるものの、体がいうことが利かないみたい。
こんなときは一番効き目がある一言を囁いてやる。

「休むなら今すぐ総監督に電話して、休みますと言え!」

これが効果絶大(笑)半ギレで飛び起きて支度を始めました。

きっとこんな光景はウチだけじゃないと思います。
なんたって先月29日から今日までで丸一日休みというのは、合宿前の8日と帰ったあとの12日のわずか二日。よく倒れるヤツが出ていないなと思いますよ。

そして体力的なこと以外にも問題がある。

それが宿題。
こんなスケジュールになると言うことは多少は予想していたと言っても、日本選手権で最終日まで行くというのは本当に嬉しい誤算。

7月中からハイペースで宿題を進めたいたまーぼも、今月に入ってからは遅々として進んでいない。
ということで俺や奥さん、姉ちゃんも含めた家族全面バックアップ体制をとらざるを得ないかもしれない状況です。もちろん代わりに漢字書き取りをやったりすることは出来ませんから、自由研究の資料集めといった雑用になりますが。

今、甲子園で戦ってる選手の親御さんも大会が終わったらこんな心配するのかなぁ。(笑)
posted by かに at 09:31| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大会直前のオープン戦

昨日は大会直前の、そして新チームにとって初めてのオープン戦でした。
この日の相手は横浜Mシニア。これまでオープン戦を5連勝しているという。

かたやウチはと言えばまだ背番号も発表されていないし、ポジションも100%決まってはいない。
しかも選手は疲労のピーク。誰の目で見ても体が重そうなのが分かる。

それでも試合は始まりました。

先発はエースのI君。この日も速球と絶妙な変化球で次々と打者を打ち取っていく。
3回までノーヒット。立ち上がりの不安さえ乗り切ってしまえばこれくらいは当たり前。
となると注目は課題の打線。
相手投手は超スローカーブを武器にする軟投派投手。
序盤そのカーブに手を出してしまい相手の術中にはまってしまった。
しかし3回。1打席に1〜3しか来ないストレートに的を絞ると途端に連打が飛び出し始めた。
ランナー二人を置いてKR君の2点タイムリー。つづくバッターもヒットを打ち3点をあげた。
その後はあと1本がでなくて得点はこれだけに終わってしまったが、相手打線を散発の2安打に抑えて完封勝利。
まず第1戦を無難なスタートを切りました。

続いて行われた第2戦は相手がオーソドックスな投手だったこともあって打線が爆発。
最終回を除いて毎回の15得点。守っても2番手、3番手投手のリレーで1失点。

最後に行われた1年生試合。こちらもゴールデンルーキー君が登板して存分に力を発揮。
ミスや疲れから3点を奪われたが、打線が活発で15得点。こちらも圧勝となった。

大会を前に3連勝ととても心強い結果となった。

唯一不安があるとすれば、相変わらずヒジの状態が戻らないまーぼ。
一応昨日の試合で代打で1打席だけ出場しましたが出番はそれだけ。
合宿での疲れから腰まで痛くなり、急遽満木さんに治療をお願いしました。
当然ヒジのことも相談。ノースローではなく軽く投げることは続けなければと言われました。
そのせいか昨日はブルペン捕手でかるーく投げ返すくらいはするようになりました。
痛みさえ取れて正しい投げ方をしていれば、やりながらでもヒジ痛は治せる、満木さんの言葉は理解出来てるんですが、やはりもう再発させたくないという気持ちが臆病にさせているのかもしれません。
こればっかりは私がどうこうする問題ではないので、本人の意志に任せています。
今の状態のままでは、もしかしたら秋の大会のベンチ入りメンバーから外れるかもしれません。
私も奥さんも、そうなっても仕方ないかもしれないと思ってます。
試合に出られないまーぼより、活きの良い1年生を入れるというのも選択肢としてあってもいいんじゃないか、と私たちは考えてます。もちろんそうなったらショックですが、それくらい熾烈な争いがあるのですから当然です。

なんにしてもベンチ入りメンバー発表は明日。どんな結果になるか。
不安と期待が入り交じった気持ちです。

昨日のまーぼ
1打席 ピッチャーゴロ 
posted by かに at 08:59| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

ここ数日コメントを下さった皆様へ

ここ数日、『台風一過』にコメントを下さった皆様。本当にありがとうございました。
お返事が遅くなって申し訳ありません。合宿地のホテルが各室インターネット接続完備なんて書いてあったから、一応PCは持って行ってたんですが、私は和室の父兄部屋。どこのそんなジャックがあるの・・・?ってな状態でして、結局バッグから出さずじまい。
こんな日数が経ってしまいました。申し訳ありません。m(_ _)m

バタバタの数日がとりあえず一山を超えて、昨夜合宿より自宅に戻ってきました。
今回の合宿、とにかく大会までまもないということで、ギリギリの夕方5時まで練習をして解散したのは8時過ぎという、最後まで慌ただしいものでした。
まぁそれでも、その甲斐あって実りある合宿になりました。

本当は昨夜、溜まりに溜まったコメントを返そうと思っていたんですが、帰宅後風呂に入り飯を食ったら、もう意識が遠のいてしまいました。

今日は高校野球が始まる直前に起きようと思っていたんですが、1週間以上続いている早朝起きのリズムがすっかり染みついてしまって、図らずも7時前に起きてしまいました。

さぁ、これからコメント返しにかかります。集中してT京高校戦前に終わらせるぞ!

=追記=
結局、ながらだったせいか3時間以上掛かっちゃいました。
普段から、20〜30件のコメントに対応されている大物ブロガーの方には敬服致します。
posted by かに at 07:25| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

まもなく合宿終了

200608111013000.jpg
合宿最終日。


今回の合宿、一番の企画『実業団チームとのオープン戦』が行われました。


と、言っても同条件でやったらまったく試合にならないのは目に見えてます。

そこで総監督が編み出した特別ルールは傑作でした。

○実業団選手の野手はカウント1ー1から逆打ち。

○実業団チームの投手はカウント2ー0からいつも通りの打ち方

○実業団チームの投手は野手がする

このルールにさすがの実業団選手も悪戦苦闘。

思いっきり空振りを繰り返してました。

それでもやはり実力派ぞろい。徐々に良い当たりが出始めた。
ギリギリのところで得点をふせいで行く。


そうこうする間にウチに連打が出て2点をゲット。

対する実業団チームは1点を返すのみ。

なんとウチが勝ってしまいました!


まもなく合宿も終了。総監督からも「やっと野球チームらしくなってきた」と誉め言葉をいただきました。(選手には内緒ですが)

明日は1日休んであさってからまた4日連続の練習が待ってます。

それが終わったらいよいよ秋季大会がスタートします。
良いスタートが切れるようあと数日、集中して練習して欲しいと思います。
posted by かに at 16:07| 埼玉 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

2日目スタート

200608100624000.jpg
合宿の基本。朝の散歩です。
posted by かに at 06:27| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

良い勉強

200608091052000.jpg

TDKの選手と一緒にノックを受けてます。
目の前に素晴らしいお手本がいるのはすっげぇ勉強になる。
posted by かに at 10:56| 埼玉 ☔| Comment(12) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

合宿地到着

NEC_0348.jpg

朝からの台風による雨がウソみたい。

こっちは全然降ってないみたい。

さっそくグラウンドを使って練習開始です。
posted by かに at 10:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

感謝、感謝、感謝

歓喜の日本選手権3位入賞から一晩が経ちました。

昨日のエントリにたくさんの方からお祝いのコメントを頂きました。
本当にありがとうございました。
現在はばたついていまして、個別の返信は後日になってしまいそうです。
このような形で申し訳ありません。必ず返信は致します。

余韻に浸るまもなく新チームの合宿に向けての準備が始まっています。
今回は長野県佐久市にあるTDKのグラウンドをお借りするため、持って行く野球道具も大幅に減らすことが出来て助かっています。

個人的なところでは、まーぼの5本指ソックスがもう穴あきで、すでに10本でも指を通せる状態らしく、先程買い物に行ってきました。スラパンやアンダーシャツといったものは、先日の大会前に買い足していたので問題なし。
あとの問題は当然天気です。不幸にも台風7号が今晩にも紀伊半島あたりに上陸のおそれだという。
おそらく現地に到着する明日の昼にはまだ野球が出来る状態じゃないでしょう。
ただ梅雨前線と違って通過してしまえばまさに“台風一過”で、素晴らしい天気になるでしょうから、ここから速度が早まること願ってます。

さて。3位という素晴らしい成績で終わった日本選手権。
初めて体験する全国大会という舞台で、選手達は目を見張るようなパフォーマンスを見せてくれました。

1回戦の相手は関西連盟のK津チームでした。
関西連盟大会の優勝チーム。メジャーリーガー大家友和選手の設立したチーム。
誰がどう考えたって、相手の方が格上でした。
今だから言いますが勝てるとは思ってませんでした。それでもブロガーの皆さんが応援に来てくれることもあるんで、負けるにしても、ウチらしい試合をしてくれ、それだけを考えていました。
ところがウチの選手達は考えていた以上に力を付けていたようです。
春季大会、夏季大会を勝ち進むにあたって数々の強豪チームとの対戦が大きな財産になっていました。
関西NO、1と言ってもN本牧やRヶ崎の方が遙かに強いと感じました。それらのチームとやっているから、まったく怖じ気づくことなくぶつかっていけたんでしょう。

初戦を3ー1で破った勢いで挑んだ2回戦。相手はY梨T留チーム。
この試合はまさにウチらしい打って走ってという展開でした。
11安打で9得点。効率の良い攻めで序盤から常に試合をリードしていきました。誰がヒーローと言えないくらい、みんなが打ってみんなで得点しました。一人の主砲に頼ることなく、どこからでも点が取れる。これがウチの強みですから。
守っては先発2年生エースのI君、1年生投手のIT君の二人が相手打線を3点に抑えてくれました。
圧巻だったのは最終回に登場した1年生投手のIT君。スピードボールでグイグイ押し、最後は三振で閉めてくれました。

3回戦は試合会場を歴史ある駒沢球場に変え、神奈川のT塚チームと戦いました。
この日の最高気温は35℃、応援している我々ですらクラクラするほどの気温の中、素晴らしい試合を見せてくれました。
先発は1年生投手のIT君。ベンチサイドとしたら勝算があってのことなんでしょうが、我々からすれば大ばくちという印象でした。
ところがその博打になんと大勝ちしてしまった。初回こそ先頭打者にヒットを打たれたが、その後は丁寧に低めをついて、ほとんど連打を許さない。キャッチャーの好リードもあってスコアボードに0が続いていく。
攻撃の方は先頭打者のM君が強く振り抜いた打球がレフトスタンドへ。その得点をIT君は見事に守り切りなんと完封勝利でこの試合を締めくくってくれた。試合後には観戦に来ていた満木さんに出張ミニミニハートフィルを開設していただき、疲れの溜まった選手を癒して頂きました。

準決勝の相手は、関東春季大会の優勝チームすら破っているN潟チーム。
寒い地域のチームだからそろそろバテてるだろうと思っていたが、しっかりとした守備をする素晴らしいチームでした。
ウチの攻撃はといえば2回戦と違って残塁がすごく多い残念な試合でした。
守りの方も1回戦以来の先発登板となったA君が見事な投球を見せてくれたが、1チャンスをモノにされ2失点。かたやこちらはあと一本がでないままゲームセット。惜しい惜しい敗戦となってしまった。しかしここまでの試合が出来るということはすごく自信になったであろう。

そして昨日行われた3位決定戦。優勝以外は・・・と思いがちだが、3位と4位はあらゆる面で大きく違う。
関東連盟のホームページをみても、大会結果として残るのは金、銀、銅の3チームのみ。
表彰でも3位までは各選手にメダルがあるが、4位はチームに賞状のみ。
だからこそ是が非でも勝って欲しかった。
その思いは選手達も同じだった。前日までと同じく集中力を途切れすことなく集中打で試合を決めてくれました。
試合終盤、これまで出ていなかった控え選手を全員出場させてくれました。
登録されている3年生は全員全国大会の舞台を踏むことが出来ました。
まーぼを含めて2年生のほとんどが試合に出場することは出来ませんでしたが、ベンチ内で3年生の声、指導者の指示など、間近に感じることが出来、大きな財産を身につけることが出来たと思います。

ここまで連れてきてくれた3年生の選手達、指導者、そして3年生の父兄の皆さんに感謝したいと思います。
どうもありがとうございました。そしてお疲れ様でした。本当に素晴らしい父兄達でした。
今回の経験をプレッシャーとすることなく、ウチらしく楽しんで先を見続けていこうと思います。
ヒガネ◎のノリの良さは失うことなくやっていきたいと思います。

最初にも書きましたが、明日から新チームの合宿が始まります。
他チームはきっとすでに何試合もオープン戦を行ってることでしょう。
それでも今回ベンチ入りしていた選手を中心に経験したモノを全選手共通の財産とすることが出来れば、そのハンデも乗り越えられるでしょう。

最後に、猛暑の中、我がチームの応援に来て下さった

背番号29さん、星十徹さん、満木月風さん、さとるさん、metooさん、koh君、プーミーさん、テンタ君、トータ君

どうもありがとうございました。

そしてモニターの向こうで勝利を祈って下さった多くの皆さん、本当にありがとうございました。
今後、どなたかのチームが水戸に行くなんてことがあれば、何をおいてでも応援に行かせて頂きます。

本当にどうもありがとうございました。


NEC_0345.jpg

posted by かに at 15:14| 埼玉 ☔| Comment(20) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

3位!!

日本選手権最終日、9時から始まった3位決定戦。

5対0で勝利しました!!

昨日は出なかったあと1本が今日はとび出してくれました。

守っても先発1年生のIT君、中継ぎ2年生のI君、クローザーに3年生のA君。
それぞれが特徴を出したピッチングで見事な完封リレー。キャッチャーK君も良くリードしました。

試合終盤、5点目が入った時点で勝利を確信したベンチは、今まで出ていなかった控え選手を次々に送り込んでいきました。

最終回2アウトランナーなしの場面、セカンドにまーぼの少年野球の時からの先輩、背番号19番のR君が入りました。

少年野球時代は守備の要としてチームを引っ張っていた彼ですが、考えていた以上に体が大きくならず、パワー不足でずっと控えに甘んじていました。

全力疾走で守備位置に向かう彼を見て、私は涙が止まりませんでした。
ずっと控えなのに笑顔を絶やさず練習に取り組んできたR君。高校での活躍を期待しています。


最後になりますが、応援に来てくださった、
背番号29さん、metooさん、koh君、プーミーさん、テンタ君、トータ君
暑い中、ありがとうございました。
posted by かに at 11:30| 埼玉 ☁| Comment(26) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

残念!

神宮球場で行われた日本選手権の準決勝、対N潟シニアの試合は惜しくも1−2で敗れてしまいました。

初回、1アウト満塁の大チャンスを得たんですが、あと1本が出ずその回無得点に終わってしまった。
1回裏、マウンドには先発を2試合回避していたA君が登った。昨日のミニミニハートフィルの効果があったのか、立ち上がりからびゅんびゅん飛ばして3者凡退。

昨日と同じく投手戦となってしまいました。
チャンスを作るも惜しい攻撃で得点を上げられない。そうこうしている内に、5回の裏、相手がチャンスを作ってしまった。2アウト1、3塁からセンター前に打球が飛んだ。しかしこれをわずかの距離でグラブが届かず後ろに逸らしてしまい、1塁ランナーまで帰って2点を先制されてしまった。

6回表、こちらもフォアボールと盗塁でチャンスを掴んだ。
ランナーもたまって一打出れば逆転という場面だったがここでも抑え込まれてしまう。

最終回も素晴らしい当たりはでるものの相手の守備が良い動きで出塁することが出来ないままゲームセットとなってしまった。

関東連盟の夏季大会で優勝したF士シニアを破っている強豪ですから、善戦と言えなくもありませんが、まったく歯の立たない相手ではなかったし、実力は紙一重だったと思います。どこかのチャンスで1本が出て先制していればどう転んだかわかりませんでした。

それでも敗戦は敗戦。開き直って明日の3位決定戦に臨んで欲しいと思います。
悔しい敗戦をしたあとこそ強くなるウチですから、きっと明日も良い試合をしてくれるでしょう。

明日、3年生にとっては正真正銘最後の試合となります。
相手はM本シニア。登録わずか12人でここまで勝ち上がってきている素晴らしいチームです。
しかし素晴らしさだったらウチも負けてません。全身全霊を尽くして勝利をつかんで欲しいと思います。

posted by かに at 14:07| 埼玉 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よくぞここまで

NEC_0341.jpg

ついに神宮球場に戻って来ました。

開会式集まった32チームが、いまでは4チームになりました。

何度も書いていますが、正直、ここまで来れるとはまったく考えていませんでした。

指導者もそんな思いがあったようで、(もちろん勝算はあったでしょうが)今日、日曜は同じく全国大会に出たE中央とオープン戦の予定でした。

それを決めたのが2日の開会式のときだったそうです。

日本選手権を戦いながらも、新チームのことをしっかり考えてくれていることに本当に感謝したいです。

さあ、これから準決勝。大会のことを振り返るのはまだ早いですから、もちろんしません。

あと2日、死力を尽くして応援してきます!
posted by かに at 10:03| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

またまたやりました!!

今日の準々決勝、ベスト4を賭けた試合。横浜のT塚シニアに1ー0で勝利しました!!

どうなんでしょ。ベスト4ですよ。いいの?ホントにいいの?って感じです。

今日の会場は駒沢球場。1965年に建設され、かつては東映フライヤーズが本拠地にしていたという歴史がある球場。
昨日までの大田スタジアムとはえらい違いですが、ともあれ準々決勝ですから。

1回の表、マウンドに登ったのは、1回戦で好投したA君ではなく、昨日最終回にクルーンの如く快投を見せたゴールデンルーキーのIT君。なんとこの大舞台に1年生が先発です。
実は当初先発予定だったA君は脇腹痛のため満足な投球が出来ないことが判明してしまったのです。

T塚シニアは夏季大会でウチを完封で破った茨城のRヶ崎を打ち破ってきている強力なチームです。
そんなチームを相手にウチのウチのスーパールーキー君は素晴らしい立ち上がりを見せてくれた。
先頭打者にいきなりライト前に運ばれ、やはり1年生には荷が重いのかと思ったら、そのあとをレフトフライ、三振、セカンドゴロとあっさり料理。チームに勢いを付ける投球を見せてくれた。

そしてその裏。これまで数々の試合で先制の口火を切ってきたパワー系の先頭打者、M君の振り抜いた打球は、両翼91メートルと小さめの球場のレフトフェンスを軽々と越えていった。
先頭打者ホームラン!先発の1年生に送る素晴らしい1発でした。

しかしこれで相手投手が目が覚めてしまったようで、後続は連続三振で抑えられてしまった。

その後、両投手の投げ合いで試合は終盤。
T塚チームのスコアボードには0が並んでいく。かたやウチも2回以降はずっと0。
両チーム共に3塁を踏めない状態。まさに硬直状態のままなんと最終回に突入してしまった。

7回の表。
先頭打者のあたりは高々と上がったセカンドフライ。最終回にきてもまだ球威が勝っているのだろう。
1アウトランナー無しで次のバッターは良い当たりだったが余裕を持って取れるレフトフライ。
そして最後のバッター。センターが楽々取れるフライでゲームセット。

なんと1年生が全国大会の場で完封勝利を上げてしまいました。
昨日の2年生エースのI君と言い、本当に投手はよくやってくれました。

1点しか奪えなかった攻撃陣ですが、そのおわびということはないんでしょうが、今日は守備が完璧。
ノーエラーで試合を締めくくってくれました。
そういえば昨日もエラーは1。ここにきてかなり守備が安定してきました。

最初にも書きましたが、これで日本選手権ベスト4に入ることが出来ました。
明日の準決勝の結果次第ですが、最終日も試合をすることができます。

この大会を最後に引退する3年生にとってはこれほど嬉しいことはないでしょう。
あとは少しでも良い状態でさせてやりたいと、応援に来てくれた満木さんにわがままを言って、
レギュラーの半数の選手を見てもらっちゃいました。

駒沢公園内で即席のハートフィル治療院です。
今日、脇腹痛で登板を回避したA君ももちろん見てもらいました。
これで良くなって明日良いピッチングが出来れば言うことなしです。
周囲を多くの選手が取り囲んでしまって申し訳なかったんですが、みんな野球小僧を読んでますからね。
とても興味津々でした。
ウチの奥さんも『生』指撫法が見れたと喜んでましたよ。
満木さん本当にありがとうございました。

明日、いよいよ決勝進出を賭けて準決勝をN潟シニアと戦います。
神宮球場で10時半試合開始です。
ここまで来たら選手も親もいっぱいいっぱいです。もうみんな疲れてます。
応援団長をしていたS君父も声が嗄れちゃってますし、私もすでにかすれ気味です。
母達もすっかり日焼けしてしまってます。ウチの奥さんはすでに「ファンデーションと肌の色が違う!」と困ってます。

それでもみんな死力を尽くして頑張ろうと思います。
皆さんもその時間になったらちょっとだけ思い出して念を送って下さい。お願いします。

DSCF0379.jpg

DSCF0375.jpg
posted by かに at 19:06| 埼玉 ☁| Comment(8) | TrackBack(1) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うれしい悲鳴

昨夜はS君の父と久しぶりに行きつけのお好み焼き屋で祝杯をあげました。

いつもなら午前様なんですが、今日のことを考えると長居することも出来ず、10時前には帰宅しました。

それでもなんだかんだで床についたのは12時過ぎ。

で、今起床です。

正直しんどいです。ここ数日、朝はまったく食欲がありません。
大会前の29日から丸々1週間連続です。その間、昼間はグラウンドに顔を出し、そのあとに仕事ですから睡眠もままなりません。8月に入ってからは暑さにやられてます。

今日勝つと7日まで大会は続き、1日おいて9日から合宿、また1日おいて河川敷で4連続練習です。かなりいっぱいいっぱいです。

しかし我々より父兄より選手の方がもっと体力的にきついでしょう。そう考えると根を上げる訳にはいきません。

何とかあと1勝して準決勝に行って欲しい、そう切に願ってます。

今までいろんな体験をしてますが、こんなうれしい悲鳴をあげたのは初めてです。

posted by かに at 05:38| 埼玉 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

またやりました!!

やりました!!

ベスト8を賭けた試合、9ー3で勝利しました!

打って走って、まさにウチらしい試合でした。

こちらのヒットは11本で9得点。対して相手は6安打3得点。


投手陣が粘り強く、頑張って押さえ込んでくれました。

その投手陣。先発は2年生エースのI君。立ち上がりこそ連打で得点を奪われましたが、そこを1点にしのぐと、2回からは完璧なピッチングで5回までで打たれたヒットはたった一本。

6回は疲れから連打を浴びて2点を失うがなんとか後続を断ち最終回となった。

その最終回。マウンドに登ったのはゴールデンルーキーのIT君。

投球練習1球目、バックスクリーンにある速度表示が117kmを記録。
投球練習2球目 119km
投球練習3球目 120km

一球投げるごとにウチのスタンドは大騒ぎ。なんたってまだ1年生ですからね。
まるでオールスターでクルーンが投げている時みたいでした。

スタンドのどよめきをよそに、当の本人は強気のピッチング。
先頭打者をセカンドゴロに打ち取ると、そのあとも2者連続三振。
見事なピッチングで試合を締めくくってくれました。

明日は駒沢公園球場で12時からの試合となります。
昨日先発ピッチャーだったA君は今日はまったく投げす。しかも5回に代打を出してますから休養十分です。
きっと明日も良い試合をしてくれることでしょう。

明日勝てばベスト4。ここまで来ると決勝戦か3位決定戦が見えてきます。
と、まぁ欲張っちゃいけませんね。まず明日勝利すること。

そのために全力で応援します。皆さんのエールもしっかり届いてます。また明日も駒沢に念を送って下さい。

お願いします。明日、また吉報をお届け出来るように頑張ってきます。
posted by かに at 17:38| 埼玉 ☁| Comment(16) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

やりました!!

NEC_0332.jpg

日本選手権の1回戦、3対1で勝利しましたー!!

相手は関西大会を優勝している強豪でしたが、ウチの選手達はやってくれました。

写真の千羽鶴は試合後相手チームから託されたものです。

これが全国で勝つということなんですね。
鳥肌が立ちました。


ともあれこれで全国ベスト16になりました。

明日、ベスト8を賭けて同じ大田スタジアムで試合があります。

明日も全力で応援してきます。

最後になってしまいましたが、わざわざ応援に来てくださった
星さん、背番号29さん、満木さん、さとるさん、metooさん、ありがとうございました。
良い試合を見せられて本当に良かったです。
posted by かに at 12:38| 埼玉 ☁| Comment(24) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大田スタジアムに到着

200608030820000.jpg
これから選手達がここを走り回るんですねぇ。

ワクワクするなぁ。
posted by かに at 08:22| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

強者集う

今日の夕方、神宮外苑球場で日本選手権の開会式がありました。

4時から開会式が始まるというのに我々が着いたのは2時。
待った待った。たっぷり待っちゃいました。

でもそれが逆に正解だったかも。
続々とやってくる参加チームを見てわくわくして来ちゃいました。
集まってくる選手達の袖口には日本各地の地名が。

当然のことなんですが、「あぁ、全国大会なんだなぁ」と、改めて実感しちゃいました。

この中で何人かは来年、甲子園の土を踏む選手がいるかもしれないんですよねぇ。

明日はいよいよ1回戦です。まーぼは早々とベッドに入り、すでに夢の中です。
私もそろそろ明日に備えようと思ってます。

まずは皆さんに吉報を届ける夢を見て、明日、それを正夢にしたいと思います。

それではお休みなさい。

KC3C8539.jpg

posted by かに at 22:39| 埼玉 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

関東と関西の野球の違い

今日の練習中、総監督が興味深いことを選手に話していた。

「関西のチームというのは、試合前の練習はちんたらやっていて強そうに見えないが、いざ試合が始まると、相手の隙を突く走塁を選手自身の瞬間的な判断でしてくる」

と、言うのである。

これをたまたま私と一緒に聞いていた甲子園経験もある元高校球児のオヤジも「確かにそういうところあるなぁ」と、同意していました。

彼が東北のチームで高校野球をやっていたのは、20数年前。そんな頃から関西のチームというのはそんな特徴があったんでしょうか?

となると、これは中学、高校だけの特徴ではなく、少年野球にも共通するものがあるんじゃないでしょうか?

関西に住んだ経験も、関西チームと対戦した経験もないのでわからないんですが、実際のところ、どうなんでしょう。

確かに関東では、強いチームは行進もピシッとしてますし、ランニングでも足並みが揃ってますよね。
試合前のシートノックを見れば、ある程度試合を予想することが出来ます。

私なりには、『突出することを好まない関東』、『目立ってナンボの関西』ということが関係してるのかなぁ、と分析したんですが、違います?(^_^!)
posted by かに at 20:52| 埼玉 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後の練習

3年生にとって、今日が最後の練習となりました。

あとは2日の日本選手権の開会式、3日からの日本選手権と、2日+αのみが3年生全体の公的スケジュールになります。

まだ大事な試合が残ってますから、感傷的になるのは気が早いので止めておきます。

総監督の話のあと、キャプテンを中心に三本締めで練習を締めくくりました。

色々あった3年生達ですが、あとちょっと、もうちょっとだけ一緒に盛り上がりましょう。


DSCF0235.jpg

posted by かに at 15:21| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする