2006年07月19日

3度目の満木さん詣

実はまーぼ、先週からヒジが痛いと言い出していました。
とは言え、私もまーぼもスケジュールが詰まってまして、そうそう満木さんのところに行く時間が取れない。
そこで、頑張って私が素人療法にチャレンジしてみました。

見よう見まねで格闘すること1時間。私なりの愛情を込めて出来ることをやりました。
そしてなんとかその場では痛くないと言わせることが出来ました。

しかし、日曜日の練習でひじ痛が再発。やはり素人療法では根本から治すというところまでは難しいです。
ということで、急遽満木さんに連絡。
月曜の午前中から見てもらうことになりました。

当初の予定では治療後、戻り次第練習に参加させるつもりだったんですが、他の地域と同じく埼玉でも大雨。
満木さんの所に到着する前に中止の連絡が自宅の奥さんから入りました。
これで安心してゆっくり治療してもらえます。

以前ヒジを痛めたときは、すぐに治療に取り掛かり、あっという間の電光石火で痛みを取ってくれたんですが、今回はまず投げ方、ヒジの使い方をチェックするところから入りました。
多くの人の骨や筋肉を見ている満木さんが話す内容には納得させられることばかり。すぐにでも少年野球で取り入れようと思ってしまいました。
こういう言い方はすごく失礼かもしれませんが、満木さんは以前の時より遙かにスキルアップしていました。色々ご本人が言っているように、野球少年のために勉強していることが明確に出ているのだなぁ、と感心させられました。

最初は軽いゴムボール。テニスボール、軟式ボールと徐々に重さを変えながら投げ方の確認をしていき、軟式を投げてヒジに痛みが走ったところですぐにそれを中止して治療に入りました。
とにかく痛いことはしない、このスタンスはまったく変わっていません。

治療は今まで見てきたものから、初めて見るものまで様々な処置を見させてもらいました。
その後のケアについてもばっちり教わり、まったくの不安要素なく、帰途につくことが出来ました。

その車の中でまーぼがぽつりとつぶやきました。

「俺、将来満木さんに弟子入りしようかな」

それを期に色々将来の話までじっくり話し合っちゃいました。
ヒジを治すだけでなく、こんな話のきっかけまで頂いちゃって、満木さんには感謝感謝です。

今までは週末だけだった診察が平日もやってもらえることになったようですし、ますます満木さんに助けられる野球少年が増えそうですね。
posted by かに at 19:19| 埼玉 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする