2006年07月17日

リトルの試合を見学しました

熱心なブロガーの皆さんにはあえて説明は必要ないと思いますが、プーミーさんちのテンタ君のチームが関東大会に出場することになりました。そしてその大会が我が県で行われると言うことで、僭越ながら応援に行かせてもらいました。

試合があったのはこの週末。まず土曜日に初戦が行われました。

試合経過や結果についてはプーミーさんより先に書いてしまう訳にはいかないので割愛しますが、とても気持ちの良い試合でした。

ただ残念だったのは天候。朝から強い日差しでうだるような気温だと思ったら試合開始直前に突然の雷雨。
お陰で気温が下がったから結果オーライとも言えますが、試合開始時間が大幅に遅れたため、あとに予定を入れてしまった私は試合終了まで見ることが出来なくなってしまいました。プーミーさん、テンタ君ごめんなさい。

今回、始めてリトルの試合を見させて頂いたんですが、違いはボールだけじゃないんですね。

まず真っ先に驚いたのが、監督がユニフォームじゃないってこと。
白いポロシャツに白い帽子、そして白いズボンと全身真っ白。目立つっちゃあ目立つんですが、選手と同じユニフォームを着られないってちょっと寂しいですよね。まぁ、はなっからこういうもんだって言われてしまえばしょうがないと思いますが。

リードが出来ないって言うのは言うまでもなく皆さん知ってますよね。
4、5年生くらいなら、ランナーが1塁に出たらかなり高い確率で盗塁の場面なんですが、リードがないから当然盗塁は出来ない。
これでは息子が4、5年生の当時やっていた足を使った野球はほとんど出来ないなぁ、と思ってしまいました。
シニア入団間もない頃、リトル出身の子が軟式出身者より打力が勝っているのは、硬式慣れと言うこと以外にもこんな事が原因にあるのかなと思いましたね。やっぱりしっかりと打てないと勝ち上がることが出来ない。その要素は軟式より強いように感じました。

あと、細かいことですがイニングは6回まで。しかし時間制限がないんですね。両チームに打力があるとかなり長い試合になりますね。実際、プーミーさんとこの試合の前の試合は2時間以上になってました。この暑い中では時間制限ナシはちょっときついと思いますね。

そして一番驚いたのが3塁ランナーコーチャーを大人がやっているということ。どうやらベンチ入りしている大人なら誰がやっても良いみたいだから、場合によっては監督がやっても良いみたいなんですよ。
走塁が苦手な選手にはランコーをやらせよう、なんてコメントをしてましたが、リトルでは出来ないんですねぇ。これは勿体ない気がしちゃいます。せっかくの勉強の場ですから。

最後にこれだけはきっちり言っておきたかった。
テンタ君はすごく良いバッターです。6年生のときにはかなりの強打者になることは間違いないでしょう。
そしてプーミーさんも気さくですごく楽しい方でした。プーミーさんありがとうございました。
posted by かに at 23:11| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 少年野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする