2006年06月11日

今日も中止

今日、予定されていたシニアの夏季大会は、急に北上した梅雨前線のおかげで中止となってしまいました。

朝からシトシト雨が降ってました。しかし大会となるとよほどのことが無い限り集合は掛かります。当然今日もそうでした。

幸いにこの日の試合は数ヶ月前に東東京大会決勝戦を戦った近隣のグラウンド。ギリギリまで自分のグラウンドで練習して行くことが出来ます。

明け方は霧雨だったが、次第にそれも強まり、練習開始の8時を過ぎた頃には本格的に降り出してきた。とは言え、中止の決定が出ない限りは、試合がある前提で行動せざるを得ない。雨の中、バッティング練習をしていると、第一試合が始まったと連絡が入った。
ほどなくしてウチの選手達もチャリンコで近隣グラウンドに向けて出発していった。

近隣グラウンドに着いてみると、確かに試合をやってる。
しかしすでにグラウンドには水が浮き始めてる。ウチのグラウンドは比較的柔らかい土で、大量に雨が降るとすぐにグチャグチャになってしまうタイプ。試合をする近隣グラウンドは普段から若干堅め。そんなにすぐにグチャグチャになるタイプではないんですが、本格的に降り始めて1時間も経っちゃったらもうダメですよね。
バント処理にマウンドを降りたピッチャーがツツーッと滑ってる。あーあこれじゃあ、このあと第二試合をやるのはさすがにムリだろう、と実感しちゃいました。この時点でまだ4回でしたからね。

結局、第一試合はしっかりと7回まで行われた。その間もほとんど弱くなることなく降り続けている雨。

しかし、審判団が中止を宣告するまで帰ることも出来ない。第一試合終了後、ベンチ入りした状態で待機となったのだが、グラウンドを歩いてみれば迷う理由はない。だってゆっくりじゃないと滑って転んじゃいそうな位ですから。即座に審判団は中止を決定した。
そりゃあそうだろ。さすがにこの雨でやらされたら選手が気の毒だよ。

順延となった試合はまた次週の日曜に行われることとなった。そしてラッキーなことに試合会場は我がチームのグラウンドと決定した。

週末近くには雨が降る可能性大だから、父兄はグラウンド整備が大変そうだけど、選手にとっては調整しやすくて好条件だろう。遠征だといつもより早起きしなきゃいけなくなりますからね。

好条件を生かして、良い試合を見せて欲しいと思いますね。あぁ、待ち遠しいな。


posted by かに at 21:07| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする