2006年05月03日

上級生対下級生

今日は1日練習のみってはずが、河川敷に行ってみたら紅白戦をやるっと事になってました。

しかも、1年生対2年生、2年生対3年生、という対戦カードです。

プライドをガツガツと刺激しちゃうような、なんとも楽しそうな対戦じゃないですか。

私は喜び勇んで、まず第一試合、1年生対2年生の2塁塁審に入りました。

1年生チームはこの間のオープン戦でも圧倒的な攻撃力で大量得点している。
マシン相手ではバンバンでかい当たりを連発している。
我がチーム期待の1年生達がどれだけ2年生相手にどれだけやれるのか。

2年生チームの先発はエースのI君。受けるのはまーぼ。
こりゃあ簡単に点を与える訳にはいかない。

そんな心配をよそに、初回はあっさり3者凡退。
その裏の攻撃では、不安視していた2年生の打線が爆発。連打でいっきに4点をあげた。

その後も1年生にまったくバッティングをさせず、4回までわずか1安打。
かたや2年生はその後も打ち続け、得点差は8。

結局3投手を繰り出した2年生が12対0で完封勝利。
まーぼも唯一走ってきた2盗を余裕を持ってさせたし、ほっと胸をなで下ろしたことでしょう。

やはり生きた球を打つのは難しいんですね。
もし負けちゃったらどうしよう、と本気で心配してたことを、まーぼにわびないといけないですね。

続けて行われた2年生対3年生の試合も、3年生が7対0で勝利。
こちらも上級生が面目を保った形となった。

実はこの試合、2年生チームの先発は期待の1年生IT君だった。
1年生にしてにすでにチームで3番目の身長。まーぼよりもでかい彼は、先日の練習でマシンの球を、1年生のAグラウンド最速ホームランを3月に達成している。(それまでの記録は6月だったらしい)

体がでかい分、投げる球も威力抜群で、立ち上がりはなんと1回を3者凡退。2回もヒット1本を打たれたものの4人で終了。
見学の父兄を驚かせる強烈なデビューを飾ったのだった。
3回にはさすがに球に慣れた3年生に打ち込まれ3点を失ったが、今すぐ2年生と一緒に十分やっていけること証明してくれた。

こうした新戦力が2年生の尻に火を付けてくれることを期待していたから、頼もしい限りだ。

夏に向けてだけでなく、新チームの輪郭も徐々に見え始めているようだ。
これからさらに1年生が上がってくれば、はじき出される2年生も出てくるだろう。
2年生にはさらにはじき返す気迫を見せて欲しいものだ。
posted by かに at 22:45| 埼玉 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愚息はやめようよ 一人キャンペーン

ずっと気になってたんだけど、今まで言い出せなかったことがあります。
それがタイトルにある愚息という言葉。

少年野球ブログ界でもよく使われる言葉なんだけど、私はこの言葉がどうにも好きじゃないんですよ。

そもそも、この表現は、相手を敬って、へりくだっていう言葉です。
自分を下に見せるためにそこまでへりくだる。実に日本人的美徳にあふれる表現方法です。

でもそれを、子供が主役の少年野球のブログで使うのがいまいちしっくりこないんです。

『愚』というのは、

おろかなこと(もの) くだらないこと(もの) 自分を謙遜していう語  (学研 国語大辞典より)

という意味があります。

私の中ではその『愚』という単語がすごく強く感じられてしまうんですよ。
あくまで言葉から来る私の受けるイメージだけの問題ですが。言葉、文字を生業にしているから気になるだけかもしれません。

もちろん使ってる人だって、本当に息子がおろかだと思って『愚息』って言ってる人は一人もいないと思います。

だからこそ、一人キャンペーンな訳です。
誰にも強要はしませんし、使っている人を批判もしません。
ですが、もしちょっとでも共感して頂けるなら、これからは愚息という表現を減らして頂けるとありがたいです。
ウチの息子でも、ウチの◎◎君でも、お坊ちゃんでも、表現方法はいくらでもありますから。
posted by かに at 00:36| 埼玉 🌁| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする