2006年04月20日

こんなネタもたまには

いま、めちゃくちゃ気に入っているコマーシャルに『猫の王国』ってキャットフードのCMがあります。

あれこれ説明するより見てもらった方が早いよね。

別に猫好きってつもりは無かったけど、もう可愛くって可愛くって。

是非とも一度見て、癒されて下さい。

あ、突然こんな事書いたけど、別に裏は何もないですから。(←前科持ち)

neko.gif
posted by かに at 14:57| 埼玉 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市内大会が終了しました

今週は色々書きたいことがあって、今日まで先延ばしになっちゃってましたが、日曜日は少年野球の市内大会の最終日でした。

高学年チームは3位決定戦。低学年は決勝戦。

それぞれ負けられない一戦を迎えていました。

私はシニアの方に行っていたんで試合を見ることは出来なかったんですが、どちらの勝利も信じて疑いませんでした。

と言いつつも、正直、低学年は90パーセント以上の確率で勝てるだろうと思ってたけど、高学年は五分五分。

それくらい学年における水準が違ってますから。

低学年は水準以上、高学年はそれ以下というのが我々OBコーチの冷静な見立てでした。

ところが、この日の結果はその予想のまるっきり逆になってしまいました。

高学年は二桁得点を取って大勝。
無事3位となり、学童大会への出場権を獲得した。
現時点の実力では選抜チームがひしめく学童大会で勝ち上がるのは至難の業でしょう。でもその経験が先々きっと生きる日が来るでしょう。史上最弱と言われながらも必死にもがいてる選手達。なんとか力になってあげたいです。


それに対して低学年チーム。これまでの試合運びも含めて、市内大会レベルで負ける要素が見当たらない。

何せ2試合連続完封勝利してますからね。

とは言ってもやっぱり低学年。一つ間違えれば、という心配が消えることはない。

そしてこの日、その心配通りの展開になってしまったようだ。

こきざみに点を取られ3回を終わって3対5。
これまでの低学年チームからすれば考えられない展開だ。

しかしここを抑えられたら万事休すという4回表。意地の逆転劇で5点を奪って8対5と試合を引っ繰り返した。

時間を考えればその裏を抑えれば試合終了になるだろう。

ところがここを抑えることが出来なかった。4点を奪われサヨナラ負け。

実際どうだったかは聞いていないからはっきりとは言えないが、なにがしかのミスが絡んだのは間違いないだろう。

野球に絶対はない。ましてや少年野球ならなおのこと。あれほど強い我が低学年チームが9点も取られるとは監督、コーチも考えていなかっただろう。


この試合結果を見て、私はまーぼが4年生、低学年のときを思い出しました。



時は2002年4月14日 今回と同じ市内大会の準決勝。


相手は今回と同じRチーム。


白地に緑のユニフォーム。


我がチームの永遠のライバルであります。


その試合でなにがあったのか。

それはまた明日までお待ちください。
posted by かに at 00:51| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 少年野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする