2006年04月04日

金掛かるなぁ

今日はシニアの平日練習があった。

午前中だけですが、バッティングを中心に3時間しっかり練習をしてきた。

土日以外にも練習があるのはすごくありがたい。

とはいえ、選手は春休みだけど、指導者も野球道具を積んだトラックを用意する父兄も一社会人。

この日は休みを取ったのか、キャプテンの父がトラックを用意してくれた。

こんな時は昼間が自由になる私が行かなきゃ、って事でお手伝いに行って来ました。

ちょっと寝坊したから大して仕事はなかったんですけど。

結局、バッティングを見ながら、のんびりと高校進学についての話をしちゃったりしてました。

娘が中学を卒業したばっかりだから、一般の学生の進学はわかるけど、野球少年の進学、ましてやお金の話なんかは未知の世界。

特待やらなんやら色々ある事は知識として知ってたけど、そうしたものが受けられない場合、実際どれくらいかかるのか。

3年生のお母さんがリアルな数字を教えてくれた。ここのうちは昨年夏にお兄ちゃんが所属する野球部が甲子園に出場。この学校は過去何度か甲子園に出場している、いわゆる常連校だ。

私立ですから、まずは授業料で5万円。寮生活なので寮費で5万円。さらに遠征があると、その都度徴収があるそうです。

遠征というのは、当然行く人だけが徴収されますから、遠征メンバーに入ることが決まってから、「3日後までに遠征費8万円振り込んでください」とか言われるみたい。


・・・・。


やばい、そんなの払えるか、ウチは。

今日聞いたのはあくまて一例で、これより高いところ、低いところ、両方あるでしょう。

なんにせよ、金がかかるんだなぁ、と改めて実感させられて、帰宅したらすぐに奥さんにこの話をしちゃいました。

そしたらさらにすごい話聞かされちゃいました。

それは奥さんが友人から聞いた話。その友人は看護婦をしている。なんでも、彼女が勤める病院の院長のご子息がこのほどある大学の医学部に合格したらしい。
その入学金が聞いてビックリ1000万円。
しかも補欠合格だったらしいんだけど、補欠だとプラスアルファのお金が必要になるんだって。言っちゃえば、ていのいい裏口入学じゃないのなんて思っちゃったりしたんだけど。

で、その裏口・・・じゃなかった、補欠合格で払うのが、正規の入学金より多いらしいんだよね。

単純に医学部に入学で2000万+α掛かるってことな訳ですよ。

すげくねぇですか?

これに比べたら甲子園常連校の月10万なんて安いもんですよ。



・・・っておい!危ねえ、危ねえ。

あやうく目くらましにあっちゃうところだった。(^-^;)

本格的に県立高校を目指してくれないかなぁ、と思っちゃった一日でした。
posted by かに at 22:17| 埼玉 🌁| Comment(28) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする