2006年03月11日

野球ノート

私がよく訪れるお気に入りのブログ『少年野球徒然草』で野球ノートが話題になっていました。

ウチのチームでも、今年から野球ノートが導入されました。練習の合間にちょこちょこと書いている姿を見ていたんで興味はありました。
このようなノートは、まーぼが小学生の頃はありませんでした。なにせ監督であるS君父はものを読むのが大嫌いですから。
俺とまーぼの個人的な『交換日記』的なノートは書いていました。しかしそれは反省や目標といった事がほとんどで、技術的なことは一つも書いていませんでした。

その後シニアに入り、総監督からの指令で野球ノートを付けるようになりました。
中身は試合の反省や、指導されたことの記録。総合、守備、攻撃、走塁とジャンル分けして書かれている。
とくに守備に関しては重点的に書かれてますね。キャッチャーだからよけいに多いのかもしれません。
リードに関することなども書かれてます。同じ学年の投手候補全員の特徴やそのピッチングの生かし方、相手バッターの体格によるリードの仕方など、かなり具体的に書かれていました。
正直ここまで細かく書いてあるとは思わなかったんでビックリしました。
総監督、監督、コーチから言われた事をメモしていると言った程度だと思っていたんですが、そこから派生して自分なりの考えや結論も書いてあり、ずいぶん考えて野球をやるようになったんだなぁと感心させられました。

これは少年野球チームの選手達にも参考になるかなと考え、まーぼにお願いして今日の練習に持って行くことにしました。

練習終了後、キャッチャー候補の数人を呼んで、野球ノートを見せてもらうことにしました。
がっくしです。思いっきりがっくしでした。
書いてあるのは、私が教えた走塁の仕方、走塁練習で測ったタイム、ちょっとしたカバーの動きといった程度。

2学年違うからといってもあまりに書かれてる内容が寂しかったですね。

そこでまーぼの野球ノートをそいつらに見せてみました。

みんな細かい字でびっちりと書かれたそのノートにビックリしてましたね。
内容を理解できるほど見せてはいませんが、書き方の見本程度にはなったかなと思います。
小学生でこれくらい書いてくれたらビックリしちゃいますが。

練習から帰って、じっくりノートを読んでみたら(字が汚いから読むのも大変なんですけどね)、中に『良い選手の5ヶ条』と題されたページがありました。これは大雪で練習が中止になり、ミーティングを行った時に書かれたものでした。

その5ヶ条というのは、

○素直であること
○自分に厳しいこと
○チームメイトを大切にする
○野球が好きであること
○逆境に強いこと

ということでした。ウチの総監督が合間合間で言っている事なんで、言わんとすることはよーく分かりました。

さらに
チャンスに強い、集中力がある、続ける力があること、3つの事を考える、記憶力が良いこと
といった事がおまけ的にちょっと小さい文字で書かれてました。

私はこの中で“3つの事を考える”というのが非常に気に入ってます。
まーぼにはぜひ3つの事を考え、気にすることが出来る選手になってもらいたいと思います。

夜、まーぼに後輩達の反応を伝えると、「うん、うん」と自慢げな顔を浮かべてました。
このノート、書くだけじゃなく、読み返すこともすごく意味があることだぞ、と助言をして本人に返しました。

今年の末にノートにはさらにどんな情報が書き込まれるのか。今から楽しみになっちゃいました。
posted by かに at 23:42| 埼玉 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする