2006年03月31日

今日の桜

image/hirosh-2006-03-31T18:59:03-1.jpg

現場に向かう途中、通りかかったんで撮っちゃいました。

東京タワーと桜。
posted by かに at 18:59| 埼玉 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

9回のドラマ

熱戦が続いてる甲子園の高校野球。

いつもの事ながら9回に劇的なドラマが起こっていますね。

一番新しいのは、今日の第4試合の早実対関西。

八回裏に逆転2ランが出てムードは完全に関西に流れてた。

それが、まさかまさかのトンネル。

こうなると流れは完全に変わるし、万事休すって思っちゃうけど、このまま終わらないのが野球ですよね。

二死満塁でバッターは4番の安井。前日に9回裏に同点打を打ったバッターに打順が回るんですからね。

まるで誰かが演出しているみたいですよね。
それが野球の神様って事ですかね。

しかし野球の神様も時に残酷な事をします。今日の関西のライト君や、ベースを踏み忘れた高岡商業の選手など、思いもよらないミスが起きています。

でも幸いなことに、それが起こったのが春の選抜大会だという事。

彼らにはまだ名誉を挽回するチャンスがあります。

今日の関西のミスが夏の大会で起こっていたらと思うといたたまれなくなります。

私はこういった点で夏の甲子園より選抜の方が好きなんです。

負けたら引退、そんながけっぷちの危うさも魅力の一つではあるんでしょうが、出来ればすべての試合でミスが勝敗に絡まない事を望みます。

無理な願いだって事はわかってますけどね。
posted by かに at 22:53| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

胃袋シェイクシェイク

image/hirosh-2006-03-29T20:27:21-1.jpg

今日、仕事前にも関わらず千葉県市原まで行ってきました。

目的は写真の通り。カートです。

場所は新東京サーキット。ここはとんねるずの番組でも使われ、アイルトン・セナも走った由緒あるサーキットです。

そんなサーキットをド素人の私が走ってきた訳です。

カートと言っても、遊園地にあるような物とは比べものにならないほど本格的な物なんです。

スピードだってシャレにならないくらい出ちゃう。

地面すれすれを走るから体感スピードはハンパじゃない。

でもそれより辛かったのは振動。車と違ってサスペンションが付いてないから振動がダイレクトに椅子に伝わって来る。

それこそ胃袋をずーっと細かくシェイクされてる感じ。それに横Gが加わるともう大変。

走行時間は15分が3回。
間に休憩が入ります。入りますが、その休憩時間ではシェイクされた胃を落ち着ける事が出来ませんでした。

2回目の走行途中からしんどくてしんどくて。

あまりに辛くて3回目の走行はギブアップしちゃいました。走っていたら間違いなくリバースしちゃったでしょう。

今は頑張って仕事してますが、体験したことがない場所が筋肉痛になってます。
遊ぶのにも体力がいるんですよね。
posted by かに at 20:27| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神田川

image/hirosh-2006-03-29T17:21:31-1.jpg

会社の近く。神田川の桜も満開です。
posted by かに at 17:21| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

お小遣いの使い道

もうすぐ中2になるまーぼ。当然のことですが色々欲しいものが出てくるようであれこれとお小遣いでやりくりしています。

我が家のお小遣い制度は単純明快。

小学生時代は学年×100円でした。
つまり最上級生6年生になったら600円。

中学生になった今は学年×1000円です。
つまり現在は1000円。来月からは2000円になります。

小学校時代はずっと少ない金額にもかかわらず小遣いで困るって事はあまりなかったようです。

なにせ使う暇もありませんから。
放課後は校庭で野球。土日もほとんど野球。
周りの子があまり小遣いをもらってなかった事もあるんでしょうが、たまにアイスを買ったりとかそんな程度だったようです。

一時、一部の子が毎回おごらされたりしてた事があってからは、放課後の野球でも財布を持っていくのを禁止にしてましたから、中学入学時には意外に小銭が貯まっていたみたいです。

中学になりそれまで以上に欲しいものがたくさん出来てます。
一丁前にCDを借りに行ったり、なんだかんだと小遣いを残さず使ってるみたい。

最近小遣いで買ったのはこれです↓


NEC_0240.jpg


最近色気づいてます(笑)


ご多分にもれず若干下げパン気味です。あまり下げててパンツ見えそうにしてると、容赦なく俺や奥さんにガーッと下げられて、フルちんになってしまったりしてしまうから家ではあまり下げてませんがね。

本人はかっこいいつもりなんでしょうが、所詮は坊主頭です。
まだ帽子までは手を出してませんが、そのうち坊主も隠すようになるんでしょうかねぇ。

小学校時代はいつでもどこでもジャージだったんですけどねぇ。

みなさんのところではおこづかいどうしてます?
posted by かに at 16:12| 埼玉 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

もうすぐ、もうすぐ

image/hirosh-2006-03-27T14:34:38-1.jpg

近所の桜ももうちょっとです。

来週はビール持参で河川敷かな。
posted by かに at 14:34| 埼玉 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

残念!!

今日は春季東東京大会決勝戦でした。

結果は・・・残念ながら敗戦してしまいました。

でも、そんな一言で語り尽くせないほどのすごい試合でした。
すごく良い試合でした。でも負けてしまいました。
ここまでやったんだから、勝って欲しかった。

いや、勝たなきゃいけなかった試合でした。

それでも、選手はよく頑張りました。

あれこれ得点経過を説明するより、得点板を見てもらった方がわかりやすいでしょう。


DSCF9584.jpg


よくぞ、ここまでの試合をしてくれました。正直ここまでやれるとは思ってませんでした。

しかし、厳しい言い方になりますが、負けは負けです。

5回、7回ともに追いつけこそすれ、勝ち越せなかったのが敗因です。

特に7回は絶対にサヨナラしてしまわなければいけない展開でした。
相手ベンチはその最悪の状況をある程度覚悟していたでしょう。

しかし出来なかった。だからこそ、相手が生き返って8回の表の3点が生まれてしまった。

ここまで来たら優勝して欲しかったし、それが手に届くところまで来てました。それでもあと一歩手が届かなかった。

それでも、かつて一度はベンチに入った事がある身からすれば、今回の試合は選手の責任ではありません。選手はよく頑張りました。ここまで頑張った選手を勝たせられなかったベンチのインサイドワークの責任です。

采配批判をするつもりはありません。ベンチも必死で采配していたのを分かっていますから。しかし、あの時あいつが打たなかったからとか、あいつが打たれたからと、言うことは出来ませんから。

試合後の表彰式。

相手チームが優勝旗を持っているのを見て、さぞや悔しかったでしょう。

その悔しさはまーぼが6年生の県大会でも体験しました。
優勝と準優勝では、同じ“優勝”の文字こそ付きこそすれ、そこには天と地ほどの差があります。

でも、その悔しさを関東大会前に体験出来た事は幸いです。
出来ることなら優勝の歓喜を味わって欲しかったですが、この程度で満足しちゃダメなんだよ、って神様が言ってるんだって思いたいです。

来週、一週空いて再来週の日曜に関東大会が始まります。
相手がどこなのか、どこの会場で試合をするのか。それはまだ分かりません。

しかし、この悔しさを味わった選手達がそれを晴らすような試合をしてくれると信じています。

関東の決勝まであと6試合かな?今日の悔しさは関東で晴らしましょう。



posted by かに at 01:03| 埼玉 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

1年生終了

昨日は修了式でした。
当然持って帰ってきます。例のアレ↓。

DSCF9583.gif

成績に関しては、根拠不明の自信過剰ぶりを発揮して、大口を叩きまくってました。

ですが、今回成績表を見て、ちょっとビックリでした。

5がふたつ、4が四つ、3が三つ。内申点は合計35

ビックリでしょ。あの坊主頭の地蔵のくせに5がふたつもあるんですよ。

一つは言うまでもなく体育。

もうひとつは、なんと!数学ですよ、皆さん!!
超文系夫婦の息子が数学で5ですって。1学期、2学期は3だったのに。

すぐ近くに、目指す高校に一直線で頑張ってるキャプテンS君がいるから、刺激を受けたのかもしれませんね。

まーぼには俺より奥さんの頭脳が遺伝したのかもしれませんね。

なんだか、これからもまーぼの成績に関しては大きく心配することはなくなりそうです。

あとは肝心の野球で好成績を残してくれれば言うことは無いんですけどね。
posted by かに at 11:41| 埼玉 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

さとるさんありがとうございました

昨日は関西少年野球ブログ界の雄、さとるさんを迎えて“初新橋”してました。

東京で仕事し始めて早10ウン年。いろんなところで飲んできましたが、新橋だけはありませんでした。

新橋に勤める知り合いがいなかった、というのが最大の理由でしたが、ネクタイを頭に巻いて千鳥足ってのに憧れてましたねぇ。

仕事の都合で少し遅れて参加だったんですが、まさに憧れていたようなガード下のお店。
そんなシュチュエーションですからん、私は珍しくスーツなんぞを着て行きました。仕事はジーパンばかりで、スーツは滅多に着ませんから、一種のコスプレって感じですかね?

そしたら、着くなり星さんから「どうしたんですか、今日のその服装は?」
いきなり突っ込まれてしまいました。

初対面のさとるさんですが、そこは同じ年。まったく違和感なくうち解けることが出来ました。

お互いにブログ立ち上げの頃の話をしたり、低学年チームの話をしたり、もう、とめどなく話し続けてました。

色々話をしましたが、一番意見が合ったのは

「ブログ界の雄である星さんが、WBC 日本対キューバの試合をライブで見てたってのはどうなんだ!」って事でした(笑)

店を出たのは日付が変わる直前。iモードで自宅に帰る最終電車の時間を調べたら23時49分だということは分かってました。ところが店を出たのがちょうどその時間。もう即座にタクシー帰りを覚悟しました。

そのままさとるさんを引き連れてカラオケ屋に向かいました。

私は長いこと飲みに行ってますが、カラオケ屋で2時間も歌わずにしゃべってたのは初めてでした。

そして次回はmetooさんも含めてチーム69そろい踏みしましょう、と約束して解散しました。(って事ですからお願いしますよmetooさん ^ ^ )

最後に。
さとるさん、お土産ありがとうございました。
さっそく娘が食べてます。美味い美味いとすでに半分に減ってます。
まーぼが帰宅するまでどれだけ残っているかははなはだ疑問です。
posted by かに at 11:07| 埼玉 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

WBCが終わって

ものすごく熱くさせてくれたWBCも幕を閉じ、王ジャパンの選手達も今日にはそれぞれのホームチームに戻っていくでしょう。

この大会はとても多くの事を我々に投げ掛けてくれました。

開催時期に絡む松井秀、井口、城島の出場辞退。今シーズンからメジャーに挑戦する城島はともかく、松井に対してはものすごい世間の逆風が吹きました。

あの甲子園での連続敬遠から、松井には常に好意的な視線が注がれていました。それは彼の人格、人間性によるところが大きいでしょう。

ところが今回の辞退でその流れは一変。

他国と変わらず、日本人にもしっかりとナショナリズムがあります。

でもそれは、某隣国のような対他国、他国よりも自国の方が勝っている事を示したい、というものとは違います。

自国に対してどれだけ愛情を持っているか、それを示して欲しかったんだと思います。

それを顕著に示してくれたのがイチロー選手でした。

素顔のイチローを知らない多くの日本国民にとっては、イチローにあんなに熱い思いがある事を知って驚きました。

そしてその驚きが、そのまま彼に対する愛情に変わりました。ちょうど松井に対するそれと反比例するかのように。

大会が始まり、図らずも“誤審”という不測の事態を境に関心を高めていき、日本にとっては最高の形で幕を降ろしました。

ルール問題が絶妙なスパイスになったのは、第1回大会ということを考えると、逆に良かったのかもしれません。

そしてルール問題の一番の被害者である日本が優勝したということも、この先を考えればすごく大きい事でしょう。

いうまでもなく、この大会最大の問題点は公平性にあります。

球数、審判、開催時期、組み分け、どれひとつとってもアメリカを優勝させるために仕組まれたと言っても過言ではないでしょう。

逆に言えば、これだけやっておけば、高給のメジャーリーガーを引っ張り出さなくても、ドミニカに負けないと思ったんでしょうね。(はなからアジアは敵ではないと思っていたでしょうから)

ところが蓋を開けてみれば、誤審のお陰でようやく一勝を拾っただけ。

これではさすがにアメリカも焦るでしょう。

基本的にアメリカというのは純粋にスポーツを楽しむ国ではありません。
あくまでも基本はビジネス。スポーツビジネスとしてどうすれば成長するかを優先して考える国です。

そう考えると、今回の惨敗を受けて、

よりヒイキを強くするのか

今回の態勢を反省し次回は公平性を高める努力をするのか

まだどちらに転ぶか分かりません。どうするのが正しいかではなく、どうするのが儲かるかが判断の基準ですから。

もちろん、野球というスポーツの将来を考えれば、後者を選択させなければいけない、というのは言うまでもありません。

そのために日本が背負ったものは、ものすごく大きいです。

問題の被害を受け敗戦してしまった唯一の国、そして第1回大会の優勝国であるわけですから。
しかも日本には『国技・柔道』が国際化の波に揉まれた経験があります。

3年後に行われる第2回大会を、アメリカのためのビジネスの場にさせない義務が日本にはあるんです。

そうでなければ、本当にベースボールが衰退してしまいます。
オリンピックに復帰するためにも、この大会が素晴らしいものであり続けなければいけないんですから。
posted by かに at 14:54| 埼玉 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

やった!やった!やった!やった

やりました!!

いやー、もう、歓喜!歓喜!歓喜!歓喜!

あれこれ細かい言葉は出てこないですねぇ。

世界一ですよ、世界一!

よくやった日本代表の選手達。


しかもです!

シニアの東東京大会、準決勝も我がチームが勝利しました!
先日の日曜日に引き続き、ダブルの喜びです。

ウチの試合は午後1時開始。日本代表の試合と半分くらいかぶってました。

こちらの試合開始時点では、松坂が頑張ってくれて優位に進んでいる事はわかっていました。とはいえ世界一がかかった試合です。

目の前の試合も気になるけど、日本代表の試合も気になるし。合間に携帯テレビを見たり、iモードでチェックしたりと大忙し。落ち着かないったらありゃしない。

シニアは7イニング制なので、ほぼ同じ頃に試合終盤を迎えました。

両チーム、初回に1点づつあげているが、その後は責めあぐねて、なかなかホームベースを踏めない。

六回、ヒットと四球でノーアウト満塁のチャンスを迎えました。次のバッターの辺りはショートゴロ。やばい!と思ったら、相手ショートはセカンドへトス。一塁に転送されてダブルプレー。しかしその間にサードランナーがホームイン。一点を勝ち越した。しかもその後もヒットが続き2アウト1、2塁から9番のO先輩が走者一掃の3ベース。貴重な2点が入って4対1。

河川敷の盛り上がりが最高潮になった頃、海の向こうでも最後の最後で貴重な追加点。

そして我がチームの選手が最終回の守りにむかう直前。大塚が最後のバッターを三振に切ってとりました。

歓喜の声をあげる父兄の後押しを受けて、我がチームの選手もやってくれました。

こんなに良い思いしちゃっていいのかしら、って恐いくらいです。

とは言ってもここまで来たら欲張っちゃいますけどね。

来週、東東京大会優勝を手土産にして関東大会に行けるように、応援の方も気合い入れちゃいますよ。

ちなみに、今はグラウンドから仕事に直行しちゃってるからまだ祝杯をあげてません。

これから飲むって人は私の分までがっつり飲んじゃってください!!
posted by かに at 17:59| 埼玉 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

肩の荷がおりた

昨日の午後、まさにWBC日韓戦が行われている時に、我が家も一つの歴史的な瞬間を迎えました。

我が少年野球チームのホームページの管理を後輩の父兄にバトンタッチしたんです。

振り返れば四年前。まーぼが4年生の時。先輩が県大会で優勝したのを期にスタートした我がチームのホームページ。

市内のチームでは2番目の開設でした。

実質的な管理は奥さんのゆずりはが、写真及び対外的な窓口を私が担当していました。

毎週のスケジュール、試合の結果や試合評。
合宿や季節のイベントの特別ページなど、チームの広報として、コーチ業とともに生活の中心として活動してきました。

しかしまーぼが卒団してまもなく2年。
可能な範囲で顔は出してますが、それでも日曜日はシニアに行く事が増えて、少年野球の試合を見る機会がめっきり減ってしまいました。

コーチをしている私ですらそうなんですから、奥さんはさらにその要素が強くなります。

ということで、昨年末から後輩に引き継ごうと働き掛け始めました。

しかし最初の頃は「パソコンに詳しくないから」と、ほとんど立候補者が現われませんでした。

仕方なく、新年顔合わせの父兄、指導者が勢揃いしている席でこう宣言しました。

「3月末で私はホームページ管理から完全に手を引きます。後継が見つからなければ、ウチのホームページは開店休業の状態になります。ウチのホームページは四年前の県大会優勝を期に設立した伝統あるものです。この伝統を途絶えさせるのも、引き継いでいくのも現役選手を抱える今の父兄次第です。」

この宣言はさすがに効いたみたいで、さっそく翌週には立候補者が現われました。

今のページを引き継ぐのか、まったく新しいものを作るのか。

何度も話し合いを重ね(練習の合間の立ち話ですけどね)今のページを引き継ぐということになりました。

これには一つ問題がありました。
我が家は98年頃からホームページを作ってきましたが、ほとんどの部分をHTMLのタグで書いてきました。

ウチのパソコンがMacだから作成ソフトがあまりなかった、というのも原因ではありますが。

だから後継に引き継ぐのもかなり難しい事だと思ったんですが、ゆずりはの頑張りでその辺もクリアになりました。管理もジオシティの管理画面で出来ることが確認出来ましたし。

まだ心配な部分もありますが、とりあえず途絶えてしまうという事態は避けられました。

現在のアクセス数、35943。これから4万、5万とアクセス数は増えていくんでしょうが、初代管理人として、温かく見守って行きたいと思います。
posted by かに at 20:32| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 少年野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

酒だ!酒だ〜!酒持ってこ〜い!!!

今日は祝杯をあげたくなるようなことがふたつもありました。

ひとつは言うまでもなく、WBC日本対韓国戦!

自宅でしっかり観戦してましたが、次々とホームベースを踏む日本選手に、2連敗のうっぷんはすっかり晴れました。

一番讃えたいのは、言うまでもなく先生のホームランを打った福留選手でしょう。
もう打った瞬間にガッツポーズしちゃいましたからね。

韓国の選手は今まで完璧に勝ち続けてきましたからね。このホームランで何かの歯車が狂いだしてしまったんでしょう。
グラウンドにいる選手もベンチも魔のスポットに落ちてしまったようでしたね。
気落ちしたまま、修正すら出来ないで小笠原にデッドボール。
そして里崎のエンタイトル2ベース。この一本、この一点が韓国に致命的なダメージを与えましたね。
明らかに戦意喪失してましたからね。

とにかく、予選での韓国戦敗北、アメリカ戦での誤審、韓国戦の連敗と、WBCではストレスが溜まりまくりでした。
今回の韓国戦はちょっとやそっとの勝ち方じゃ満足できなかっただろうけど、もう!!大満足ですよ。多村も一発打ったしね。

そしてもう一つの祝杯ネタというのが、シニアの話。
関東大会進出が掛かった今日の試合。

なんと15対2の大勝で“関東大会出場権”を獲得しました!!

振り返ると、この試合は今日の韓国戦と同じような魔のスポットがありました。

さきほど書いたとおり、この試合には関東大会出場権が掛かっていました。両チームともかなり気合いが入ってます。
初回は双方チャンスがありながら、無得点に終わってしまった。

そしてつづく2回。フォアボールとピッチャーのエラーで、我がチームがノーアウト1、2塁のチャンスを得た。
送りバントでランナーを進めようとしたら、これがあいにくとピッチャー前に強めに転がった。
当然ピッチャーは3塁にスロー。ところがこれをサードがエラー。さらにカバーに入ったレフトまでが後ろにそらす大失態で、なんとバントをした本人までがホームイン。まるで少年野球のような展開で一気に3点。

気落ちしたピッチャーは続くバッターにあっさり四球。そしてその直後にホームラン。相手からすればあれよあれよと言う間の5失点だろう。

結局、ピッチャーだけでなく野手も気持ちが切れてしまい、エラーが続出。
この回だけでなんと14得点。シニアでこんなビックイニングがあるなんてさすがに考えてませんでしたよ。

試合後、周りの父兄と話していたんですが、あのエラーの場面で、タイムが掛かっていたらどうなったでしょうか。
少なくとも二桁得点は出来なかったんじゃないかなと、思いますね。
気合いの入った試合で、まさかのエラー。ベンチも周りの選手も魔のスポットに入ってしまったんでしょう。

まぁ、ウチとしてはそのお陰で安心して試合が見られましたけどね。

ともあれ、他の父兄と共にきっちり昼に祝杯をあげさせてもらいました。
その1時間後にはあのホームランです。もう、今日は何回万歳したか、数え切れないほどです。

本当に今日は気持ちの良い日です。
さあ、寝る前にスポーツニュースのはしごでもしちゃおう!(^o^)
posted by かに at 23:21| 埼玉 ☀| Comment(12) | TrackBack(1) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

まさかの準決勝進出!

色々書きたいことはあるけど、それは大会が終わってから・・・って思ってたんだけど。

まさか、まさかのアメリカの敗戦。メキシコよく頑張った!ビバ、メヒコ!

さぁ、日本よ。一度は死んだ身だ。もう一度韓国に挑戦するんだ!
posted by かに at 12:38| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

卒業式

今日は娘の卒業式でした。
こうして過ぎてしまうと中学校の3年間なんてあっという間ですね。

桜舞い散る中、入学したのが昨日の事のように思い出されます。

それがもう義務教育終了ですもんね。

同級生の野球少年達も、高校野球という花のある世界に飛び込んでいきます。

この学年はかつて県大会で優勝し、まーぼ達の大きな目標になっていました。

これからは高校野球でまーぼ達の目標になって欲しいと思いますね。

一時は娘も野球部のマネージャーをやってみようかなとか言ってたんですが、あいにくと娘の行く学校はあまり野球が強い学校ではありません。
それを知った娘はマネージャーをやる気持ちが薄れちゃったみたいです。まぁ、好きにしてくださいって感じですかね。(^^)

なにはともあれ、娘よ、卒業おめでとう!!
( ^ _ ^)∠☆PAN!
posted by かに at 19:32| 埼玉 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

学校再編の波

先日、何気なくネットサーフィンをしていたら、驚くべき記事を見つけてしまった。

それは、私が卒業した高校が近隣の高校と統合してしまうというものだった。

私が卒業したのは神奈川の県立高校。割りと歴史の浅い学校で、私はそこの5期生でした。
当然まだ伝統とかそういったものもなく、自由な校風で、すごく居心地が良い学校でした。

高校時代の私はブラスバンド部所属。夏には高校野球のための応援団を3年間務めていました。
からっきし弱いチームで、3年間で3回戦突破が最高。それでも毎年暑い夏を送っていました。

そんな母校が統合、校名が消失してしまうという事態はものすごいショックでした。
そもそも私の生まれ故郷の市には5校の普通高校、1校の商業高校、2校の工業高校があります。
その上、近隣の市も学区に入りますから、実質的に10以上の県立高校が学区内にあることになるんです。
少子化の折り、確かにこれだけ県立高校があるのは多いでしょう。

統合相手の学校は私が在校していた当時は、偏差値の点でほとんど同じくらいの学校でした。
就職して神奈川を離れてしまって長いこと経つんで、現在どうなのかはわかりません。

ただ母校の偏差値ががた落ちになってしまったことは知ってました。
市内はおろか県内でも屈指のバカ学校になってしまったらしい、ということはなんとなく友人から聞いていました。
私がいた当時はそこまでひどくはありませんでした。決して優秀な学校では無かったですけどね。

そんな学校でもやはり名前が消えてしまうのは寂しいことです。

毎年、夏になると高校野球の神奈川県予選でも一応チェックしてましたしね。まぁ昔と変わらず弱い学校ですが。

一応校舎は我が母校を使用すると言うことで、校舎すらなくなってしまうという事態は避けられるみたいです。
それでも名前が変わってしまえば母校という意識は薄れてしまいますよね。

もう決定してしまったことですから、どうにかなることではないですがやっぱり寂しいですよね。
posted by かに at 15:17| 埼玉 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

2回戦突破!

昨日は春季大会の2回戦が行われ、無事5対2で勝利しました!

DSCF9423.gif

写真で分かるように逆転勝ち。とても良い試合でした。

先制されても落ち着いてまず犠牲フライで同点。
そして5回にも犠牲フライで逆転。

そして最終回。
わずか2点差でこの後何が起こるか分からない所だったが、相手投手の制球難に乗じて3点を追加。これで最後の守りが精神的にすごく楽になりましたね。

裏の攻撃は3番から。点差がなければプレッシャーのかかる場面でしたが、4点差があるためバッテリーも強気の攻めが出来たようです。4番に1発を打たれてしまったもののそのあとをきっちり締めて快勝。
攻撃的にはあと2〜3点取れる場面があったから、そこを取れれば言うこと無しだったんですが、まぁそれを言ったらキリがないでしょう。

これであと一つ勝てば代表権を獲得。関東大会に進むことが出来ます。
この調子でどんどん、勝ち進んで欲しいと思いますね。

ちなみにまーぼの出番は先週に続いて無し。それでも定位置のベンチ右端で大きな声を出してました。この位置だとバッターボックスの様子も一番近くで見られるし、相手ベンチの動きも見やすいようです。こうした小さな積み重ねがいつかは報われて欲しいと思います。

posted by かに at 10:39| 埼玉 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月11日

野球ノート

私がよく訪れるお気に入りのブログ『少年野球徒然草』で野球ノートが話題になっていました。

ウチのチームでも、今年から野球ノートが導入されました。練習の合間にちょこちょこと書いている姿を見ていたんで興味はありました。
このようなノートは、まーぼが小学生の頃はありませんでした。なにせ監督であるS君父はものを読むのが大嫌いですから。
俺とまーぼの個人的な『交換日記』的なノートは書いていました。しかしそれは反省や目標といった事がほとんどで、技術的なことは一つも書いていませんでした。

その後シニアに入り、総監督からの指令で野球ノートを付けるようになりました。
中身は試合の反省や、指導されたことの記録。総合、守備、攻撃、走塁とジャンル分けして書かれている。
とくに守備に関しては重点的に書かれてますね。キャッチャーだからよけいに多いのかもしれません。
リードに関することなども書かれてます。同じ学年の投手候補全員の特徴やそのピッチングの生かし方、相手バッターの体格によるリードの仕方など、かなり具体的に書かれていました。
正直ここまで細かく書いてあるとは思わなかったんでビックリしました。
総監督、監督、コーチから言われた事をメモしていると言った程度だと思っていたんですが、そこから派生して自分なりの考えや結論も書いてあり、ずいぶん考えて野球をやるようになったんだなぁと感心させられました。

これは少年野球チームの選手達にも参考になるかなと考え、まーぼにお願いして今日の練習に持って行くことにしました。

練習終了後、キャッチャー候補の数人を呼んで、野球ノートを見せてもらうことにしました。
がっくしです。思いっきりがっくしでした。
書いてあるのは、私が教えた走塁の仕方、走塁練習で測ったタイム、ちょっとしたカバーの動きといった程度。

2学年違うからといってもあまりに書かれてる内容が寂しかったですね。

そこでまーぼの野球ノートをそいつらに見せてみました。

みんな細かい字でびっちりと書かれたそのノートにビックリしてましたね。
内容を理解できるほど見せてはいませんが、書き方の見本程度にはなったかなと思います。
小学生でこれくらい書いてくれたらビックリしちゃいますが。

練習から帰って、じっくりノートを読んでみたら(字が汚いから読むのも大変なんですけどね)、中に『良い選手の5ヶ条』と題されたページがありました。これは大雪で練習が中止になり、ミーティングを行った時に書かれたものでした。

その5ヶ条というのは、

○素直であること
○自分に厳しいこと
○チームメイトを大切にする
○野球が好きであること
○逆境に強いこと

ということでした。ウチの総監督が合間合間で言っている事なんで、言わんとすることはよーく分かりました。

さらに
チャンスに強い、集中力がある、続ける力があること、3つの事を考える、記憶力が良いこと
といった事がおまけ的にちょっと小さい文字で書かれてました。

私はこの中で“3つの事を考える”というのが非常に気に入ってます。
まーぼにはぜひ3つの事を考え、気にすることが出来る選手になってもらいたいと思います。

夜、まーぼに後輩達の反応を伝えると、「うん、うん」と自慢げな顔を浮かべてました。
このノート、書くだけじゃなく、読み返すこともすごく意味があることだぞ、と助言をして本人に返しました。

今年の末にノートにはさらにどんな情報が書き込まれるのか。今から楽しみになっちゃいました。
posted by かに at 23:42| 埼玉 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

卒業生を送る会

今日は学校で“3年生を送る会”が開かれました。

1年生の出し物は『笠地蔵』。と言っても途中にブラスバンド部の演奏が入ったり、漫才みたいなのが入ったりと内容は盛りだくさんでした。


そしてその中でまーぼの役はと言うと・・・




もちろん 地蔵 (笑)




NEC_0231.jpg

ステージ上一番右にいる飛び抜けてデカい地蔵がまーぼです。


わかりにくいですか?


ではもう少し寄った写真を。


NEC_02312.jpg


なんとなくわかりましたか?

ちなみに地蔵はすべて野球小僧です。(笑)

右から4番目の子は野球部、他5人はシニアに行っている子ですね。

まーぼのひとり置いた隣がキャプテンS君です。

おそらく坊主頭だという理由だけで選ばれたのでしょう。

予想通りどいつもこいつもセリフは棒読みでしたね。もちろんまーぼもです。

出し物の最後は『よさこいソーラン』


NEC_0232.jpg


これでなんとまーぼは、最前列のセンターでした。もっときびきび踊れる子もいたんですが、見栄えがいいんですかねぇ。

なんにしても踊りでまーぼがセンターなんて今後一生ないでしょうから、しっかり堪能させていただきました。

まーぼの先輩でもある野球小僧の卒業生達にも再会して、それぞれの合格をほめてやり、高校野球での活躍を期待してると伝えておきました。

姉ちゃんもずいぶんと楽しんだようで、

帰宅するなり
「まーぼの地蔵見た?超受けるよね〜!」とご機嫌でした。

姉ちゃんの中学生生活もあと1週間。来週水曜日は卒業式です。

最後にまーぼも弟として良いことが出来ました。
posted by かに at 18:30| 埼玉 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

今年の卒団生の進路

先日の日曜日に、我が市では卒団試合が行われました。

この時期には、それぞれ新しい道に踏み出しています。卒団試合というのは、中学進学を前に、勝ち負けは度外視で最後にユニフォームを着てもらおうと言う趣旨で行われています。

シニアの開幕式とかぶってしまったんで、私は見に行く事は出来ませんでしたが、怪我人が出る事なく楽しんでやれたようです。

これで6年生の少年野球における試合のすべてが終了しました。

今年の我がチームの卒団生は11人。ウチとしては一学年でチームを作れるのは珍しい事でした。

人数には恵まれていましたが、結果には恵まれませんでした。

まーぼ達の代と身体能力的に違いがある訳ではないんですが、気持ちが優しいというか、勝利に対する執着心が違ったんですかね。

何にせよ、彼らも中学校生活を見据えて、どこで野球をやるか決まってきた。

キャプテンM君は都内の私立中学に進学します。
ここは全国大会にも出たことがある有力校ですから、いまから2年後が楽しみです。

硬式を選んだのは3人。内一人はすでにチームも決め、練習に参加し始めているようだ。このチームにはまーぼ達の代の四番だった子が入っている。

残る二人は、硬式に進むことは決めたものの、まだチームを決めかねているようだ。
我がシニアに入るという子は残念ながらいません。気の優しい彼らにめっちゃ厳しいウチはさすがに視野に入らなかったみたいです。

残る7人は中学野球部に入るようだ。

その中でも私が一番期待しているのは、5年生の時に入団したY君。

彼は中学野球部を見据えてその準備のためと我がチームに入って来ていた。
しっかりとした目標を持っていたからこそ、成長も早く、昨年秋にはライトでレギュラーを獲得していた。

その気持ちを忘れないでやっていけば、野球部でもきっと活躍出来るでしょう。
何はともあれ、11人全員が野球を続けようとしているのが嬉しいですね。

全員の活躍を期待しています。
posted by かに at 20:35| 埼玉 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 少年野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

安堵!

今日は娘の高校受験の合格発表日。

奥さんと一緒に見に行って参りました。

正門から入ってすぐ、合格者の受験番号が張り出されています。

ちょっとづつ近づきながら娘の番号を探してみると・・・




あったぁぁぁ!!



やりましたよぉ。みなさま。姉ちゃん受かりました。


無事第一志望の県立に合格です。


昨日から胃が痛かったのがウソのようにすっきりとしました。


応援いただいたみなさま、ありがとうございました!

posted by かに at 13:34| 埼玉 ☁| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

多忙を極めるまーぼの朝

去年の春。中学校に入学したときから、部活は陸上、週末はシニアという生活を送ってきました。

それが先月、何を思ったのか、唐突に転部をすると言い出した。
転部する先はバスケットボール部。

この辺の話は奥さんのブログを読んでもらうとわかりやすいんですが。
申し訳ないんですが、ちょっと読んできてもらえます?
俺がここで書いてもいいんですが、まぁ、同じ事なんで。申し訳ないっす。

 


<・・・小休止・・・>
 



読んできていただけました?

俺自身、バスケのストップ&ゴーはきっと野球にも生きるだろうと思っていましたから、入学前からバスケ部に入れたいと思ってたんですよ。
しかし、顧問の許可が出たのが陸上部だけだったんで、たっぷり走り込んでくれよという思いで陸上部に入る方針を固めたわけです。

ところが、ここに来て顧問がまーぼのお願いをすんなり受け入れ、
「バスケ部の公式戦には出られないけどそれでも良いなら」と入部を許可してくれたみたいなんですよね。
ようするに顧問の胸三寸って訳なんですよね、中学の部活って。


まぁ、ともあれ、こんな顛末がありまーぼの転部が決まったわけです。

まずはすぐにバッシューを買わされました。
バスケの選手って足も体もでかいイメージがあるから、まーぼもバカ足サイズもふんだんにあるんだろうなって思ってたら、これがそうでもないんですよね。

まーぼのお気に入りのアシックスで29センチとなるとそんな多くはなかったですね。予算の都合もありますから。

バッシュも買って、さぁ、明日から頑張って体を動かしてくれよ、と思っていたら、1日行っただけで試験前休みに入っちゃった。

学期末試験も先週木曜に終わり、ようやく先日から本格的にバスケ部の活動が始まった。
放課後は陸上部と違ってみっちり部活があるから、しっかりと鍛えてもらえそうだ。

ところがここで一つ問題が出てきた。
今までの陸上部には無かったんですが、バスケ部って朝練があるんですよ。

他のバスケ部員は特に問題ないんでしょうが、まーぼは朝6時から7時まで、小学校の校庭で少年野球のKコーチによる朝練、『K塾』をやってるんです。

バスケ部の朝練は7時半から。
『K塾』を終えて帰宅して、制服に着替えたらもう朝練に行く時間になってしまう。

ってことで、朝食は『K塾』前にするという風に本人が結論付けたようだ。

当然、放課後の部活、夜の自主練、勉強もやらなきゃいけないから相当忙しいみたい。
この生活をいつまで続けられるか分からないけど、これを欠かさずやれるようになったらかなり自信になるだろうね。

無理強いをするつもりはないけど、自分で決めたことだから頑張って欲しいもんです。
posted by かに at 16:58| 埼玉 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

壮観でした

今日は明治神宮球場でシニアの開幕式がありました。

この開幕式はリトルシニア関東連盟の全チームが参加して行われるため、我がチームが所属する東京を始め、茨城、埼玉、千葉、神奈川、静岡、山梨と5支部17ブロック、196チームが一堂に会する訳です。


DSCF909.jpg


私の安物デジカメでは全体が写しきれないほど、壮観な眺めでした。
少年野球でも埼玉では440チームが集まる開会式はありますが、順番に行進をするだけで整列はしませんからね。

先入観でシニアともなれば、どこも立派な行進をするんだろうなぁと思っていたら、意外にそんなこともなかったですね。

下手なところもやっぱりある。それこそ少年野球レベルのところもありました。

しかし優秀な成績を残すチームはやはり行進も立派でした。
いの一番で行進した前年度、日本選手権大会優勝の武蔵府中なんかはやっぱり全然違いましたね。25人の足と手が見ている範囲内でまったくずれることがありませんでした。

どこにでも一人はいるであろう『リズム感の悪い子』いわゆる手と足が同時に出ちゃう子なんてまったくいませんでしたからね。

少年野球でもこれから1ヶ月の間にいくつも開会式があると思いますが、やはり行進の練習はしておくべきですね。

手足が揃っている行進をするだけで、ものすごく強いチームに見えますから。

ウチも行進は自慢だったけど、今年のチームはまだまだ行進下手。これから行進も鍛えていかないとなぁ。
posted by かに at 21:39| 埼玉 ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

初戦突破!

image/hirosh-2006-03-04T16:51:42-1.jpg

いよいよ春季大会が始まりました。

幸先良く先制したものの、一時はミスから2点を許してしまいました。


しかし、四番の3ランホームランで逆転し、最終的には5対3で勝利しました。

まずは無事、初戦を突破です。

明日は神宮球場で開会式があるだけに、その前に負けてしまうのだけは避けてほしかった。


その意味ではホッと胸を撫で下ろしてます。


ちなみにまーぼの出番はナシ。終始控えキャッチャーとして動き回ってました。声も良く出てたし、まずまずってとこですかね。

とにかく今は公式戦の緊張感を最前列で体感する事が重要ですから。
posted by かに at 16:51| 埼玉 ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

またか・・・

また甲子園出場チームの不祥事が発生してしまった。

っていうか、今回の場合、登録されてる選手になんの落ち度があるの?

高野連は「学校側が独自で下した決断」なんてなすりつけるようなことを言ってるけど、そうせざるを得ない空気を作ってきたからでしょう、高野連が。


飲んだ卒業生がバカなのか


飲ませたお店がバカなのか


飲みに行くことを止めなかった親がバカなのか


飲むことを禁止していなかった学校側がバカなのか


卒業式はもう済んでいたそうですね。それでも3月31日までは高校生。これは誰でも分かってることでしょう。

しかしこの時期に酒を飲んでいる高校生(?)は日本全国にごまんといるでしょう。
それでも今回咎められたのは甲子園に出場する学校の選手だから。

世の中の人はどこまで品行方正な高校生を望んでいるんでしょう。

高校球児だって普通の高校生ですから、大人っぽいことに憧れる、背伸びすることはあるでしょう。

それをきちんと指導していくのが、親であり学校の役目なんじゃないですかね。

先輩が目の前で飲むのを止めなかった訳じゃないでしょう。

現役の選手が知らないところで先輩のやったことを、後輩に責任を取らせるのは、まったく筋違いの気がするんですが。


もう誰でもいいです。こんな理不尽なことをし続ける高野連、高校野球界に一石を投じる人が現れて欲しいです。
posted by かに at 01:21| 埼玉 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

選抜チームをどう思います?

昨日のエントリから派生して、選抜チームの事を書きたいなと思いました。

昨日のエントリやコメントでも書きましたが、我が市では上位2チームがスポ少の上部大会へ。
3位のチームがマクドナルド杯の県予選に出場します。
(スポ少上部大会への枠が毎年変動するため、2位がマクドナルド杯の県予選という年もあります)

各市町村で意地と名誉を賭けてチームを出場させるわけですから、一つでも多く勝ってもらいたい、出来ることなら全国大会に進んで欲しい。これが市の少年野球連盟の願いです。

しかし現実はそうは甘くありません。

一昨年、まーぼが6年の時は春季大会で優勝したウチを含む2チームがスポ少の上部大会へ。
3位のチームがマクドナルド杯の県予選に進みました。

3位のチームと我がチームは4対3で辛くもウチが勝つという競った試合をしています。実際実力差はさほど無いでしょう。

しかしそのチームもマクドナルド杯の県予選であえなく2回戦負け。

幸いに我が市はチーム数が少ない割に強いチームが揃っていると他市から言われていて、実際ある大会ではベスト4に市内の3チームがそろい踏みしたこともありました。

それでもマクドナルド杯の県予選では勝ち上がれない。

その原因が他市の選抜チームとの対戦だったんです。
我が市でもマクドナルド杯だけは選抜チームを出したらどうかという案が実際に出ているそうです。先日のエントリに対してコメントしていただいた『背番27さん』の地域と同じ方向に向かい始めているという状況な訳です。 

しかし、去年も実現せず。おそらく今年も実現しないでしょう。
これは一部に反対しているチーム関係者がいるからだと聞いています。

私自身、指導者をしている以上、どうせなら単独チームで全国大会を目指したい。
我がチームの名を全国に轟かせたい、と思ってます。

しかし、現実的には単体の小学校の生徒のみで形成している我がチームのようなところが全国に出場するのは至難の業でしょう。

チームは弱いけどすばらしい素質を持った選手が、選抜チームがあることによって上部大会に出場することが出来る。ということもあるでしょう。

しかし、ここ何年か優勝しているのは単体のチームです。それらのチームが、どのような選手獲得、指導者体制、練習方法なのかは分かりません。もしかしたら我々のようなチームとは根本的に何かが違うのかも知れない。

それでも単体チームが優勝しているんですよね。

皆さんの地域には選抜チームはありますか?それはどのように運営されているんですが?
そして選抜チームには賛成ですか、反対ですか?

ご意見お待ちしています。




posted by かに at 15:17| 埼玉 ☁| Comment(23) | TrackBack(0) | 少年野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

スポーツ少年団と学童野球

一口に少年野球といってもいろいろあります。

軟式とリトルの違いは言うまでもありませんが、同じ軟式でも結構違いはあるんですよね。

所属団体も地域によってまちまち。
おかしな話ですがルールも微妙に違う、いわゆるローカルルールがあったりするみたいですね。色々な少年野球ブログを見ていると、所属団体名=少年野球 的な表現になることが多いですね。

「ウチの学童では」とか「スポ少の試合では」みたいな感じで。

皆さんそれぞれ自分の地域のことは知ってるけど、他の地域のことはもちろん知りませんよね。
その地域差の確認って訳じゃないんですが、今日はその辺の話でもしようと思います。
こんな地域もあるんだぁって、くらいの気楽なスタンスで読んで下さい。

我がチームはスポーツ少年団の所属です。私自身もスポ少の指導者講習会で指導者(認定員)の資格を持ってます。
スポ少の大会で、県南部大会以上ではこの資格を持っていないとベンチ入りすることが出来ません。

スポ少の事をあまり知らないという人のためにちょろっとだけ説明しておきますと、

スポーツ少年団というのは、日本体育協会が母団体となります。
その下に日本スポーツ少年団があり、さらにその下に各都道府県のスポ少が、そしてその下に市町村のスポ少があります。
我が市のスポ少には野球の他にサッカー、バレーボール、ミニバスケ、剣道の各団体があります。

よく「ウチにはスポ少はない」という声を聞いたりします。
確かに、地域によって格差があるようで、スポ少が無い市町村はあるみたいですね。あるいはスポ少はあるものの野球の団体がないというだけで、都道府県でスポ少がないところはないようです。

少年野球ではこのスポ少の他に、全日本軟式野球連盟の学童野球。それと関東団地連盟ってのもあったりしますね。
我が市の場合は、関団連の試合に出ることはありまえんが、学童野球の高円宮賜杯(マクドナルド杯とも言いますかね)には出場しています。

とはいっても出たいと言えばどこでも出られるわけではありません。
我が市の場合。
春の市内大会に優勝したチームはスポ少の上部大会(県南部大会)に、準優勝のチームが上記の高円宮賜杯に出場することになってます。

ウチも数年前に出場したことがありましたが、高いエントリ費用を払ってあっさり1回戦負けだったようです。
私が高学年チームにいた間はその大会に出ていないので、その様子はよく知らないんですが、選抜チームでのエントリが多いようですね。
まーぼが5年生のときにとある市の選抜チームと対戦したことがありますが、10近いチームから来たエースやキャプテンばかりのチームが相手ですから、こてんぱんにやられてしまいました。
我が市では今まで少年野球の選抜チームというのを形成したことがなく、毎年学童に関しては出ると負けの状態のようです。

ちなみにスポ少の場合は選抜チームのエントリーというのはありません。ちなみにまーぼが準優勝したのもこのスポ少の県大会です。
連盟としても、あくまでも主はスポ少だから、学童対策と言うことも考えていないのでしょう。

この他にも多数のカップ戦があるから、試合数はべらぼうに多くて、そのどれもこれも勝ってしまうと最大で1日に4試合とかしなければいけないこともあったりするくらいですから。とてもじゃないですが、選抜チームなんて作ってる時間の余裕はありません。

まーぼが6年のときは、全部で14大会(上部大会も含む)に出場して、55試合やってました。
これじゃあ選抜チームなんてやってる暇はないですよね。本人は選抜チームでやってみたいって思っていたらしいですけどね。

みなさんの地域はどんな感じでしょうか。
posted by かに at 01:33| 埼玉 ☔| Comment(18) | TrackBack(1) | 少年野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする