2006年01月07日

“まーぼ”禁止令

今日は今年初めての紅白戦でした。

まーぼはいつものように総監督チーム。しかしこの日のスタメンマスクはまーぼではなくKR君。新年早々熾烈な争いがスタートしたって感じ。

日本列島を包む寒波は一向に衰える事なく、この日も最低気温は0℃。試合開始時点ではおそらく4℃くらいだっただろう。
そんな寒さのせいか、打線が湿りがち。両チームとも外野の頭を超える辺りはナシ。しかし来月末には公式戦がスタートするというから、この寒さの中でも力を発揮出来るようになる必要があるが、現時点では幸先不安と言った感じだ。

スタメンマスクは逃したまーぼだったが、4回からマスクをかぶった。KR君はそのままライトに入った。
まーぼは内外角を上手く使ってピッチャーをリードして4イニングを無失点で切り抜けた。リード面ではそんなに感じで、大きなマイナス材料はなかった。しかしまだスローイングにちょっぴり不満。キャッチボールやセカンドへの送球はだいぶ良い投げ方が出来るようになってきたが、ピッチャーへの返球がまだ昔の下手っぴなまま。これを直さないと格好悪くてしょうがないんだよね。まあ、これはグランドで注意しても聞きはしないから家に帰ってきたら言うようにしてみよう。

試合の方は相手が3点、総監督チームが1点で終了し、いつもの紅白戦後の総監督の訓示が始まった。
予想通り、打線の事、寒さ対策の事といった話が中心だったが、最後に驚くようなことを言い出した。

「最後に○○(うちの名字)の事で一言言っておく。」

選手全員の前で話してるときに自分の名字が出たもんだから、まーぼはもちろん俺までビックリ。
俺は気付かなかったけど、まーぼが何かしでかしちゃったのかと、ビクビクしながら続く言葉を待っていた。と、総監督の口から出てきたのはこんな内容だった。

「○○はみんなからまーぼとか呼ばれてるが、○○には立派な名字があるんだから、グランド内では名字か名前で呼びなさい。グランドを離れたときにそう呼ぶのは構わないが、野球をやっているときに一部の選手だけあだなで呼ぶのは認めない。これからはちゃんと名字か名前で呼ぶように」

降って湧いたような突然の“まーぼ禁止令”。すんげえびっくりしちゃいましたよ。

確かに、チーム内であだ名がついている選手は他にもいるけど、練習や試合のときまで呼ばれてるのはまーぼだけ。どういう理由で付けられたあだ名なのかはよくわからないけど、本人も気に入ってるみたいだし、(実際ゲームのキャラクター名にまーぼって付けるくらい)すっかり定着してるから、親としてもまったく問題視してなかった。

ほぼ1年前に付けられたあだ名がなぜ突然禁止されたのかもよくわからない。総監督には総監督の考えがあるんだろう。

でも、まあ、ここまではっきり言われてしまったら、もうグランド内でまーぼとは呼べなくなるだろう。久しく選手から名字で呼ばれてなかったから、本人も周りもこそばゆいし、言いづらいだろうな。

とは言え、このブログでもすっかり定着しちゃったし、俺もいまさら別の名前を考える気もないから、これからもまーぼという名称は使っていきますから、ご安心ください。

posted by かに at 16:14| 埼玉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする