2005年12月20日

ロードレース大会

晴天に恵まれた本日、無事ロードレース大会が行われました。

ウチのロードレース大会は校庭を半周したのち、学校を飛び出し、歩道がしっかりした近所のエリアを大きく一周。距離は3.2Kmとなる。

ロードレースとしては決して長い距離ではないが、短距離タイプのまーぼとしては決して得意なイベントではない。

今日の朝、出掛けのまーぼに「どうだ?10位以内いけそうか?」と聞いたら、ちょっと表情を曇らせ「うーん。難しいと思うよ。」と、弱気な返事。

正直、学年的にどれくらいのレベルなのかは俺より本人の方がわかってるでしょう。

一年生男子は約60人。ライバルとなるのはシニア、サッカークラブチーム合わせて10人近く。部活組は野球、サッカーで4〜5人。他の競技を含めると確かに厳しい戦いになりそうだ。

それでも何だかんだ言っても10位以内なんて楽に取れるだろうと俺は思ってました。体育祭での強い走りが頭にありましたしね。

同じシニアのキャプテンS君は目標10分30秒で堂々のトップ狙いだし。

果たしてどんな展開になるか。多少の思いのずれがありつつ、9時30分、一年生男子がスタートした。

まずは校庭半周。まーぼは中盤やや後方。長身で坊主頭ですから探しやすい。この時点で30〜40番手。
正直この時点で俺はちょっとやばいかもって思い始めちゃいました。
3Km程度なら序盤から先頭集団に付けて一気に押し切った方がいいんじゃないのかなって思ってたんですよ。
そんな心配背負いつつまーぼが学校を飛び出していった。

あいにくとストップウオッチを忘れてしまったんで、携帯電話の時計を見ながら先頭集団の到着を待った。

9時40分。先頭を引率している先生の自転車が見えてきた。

その後ろに続いてるのはS君・・・・ではなく知らない子。

どうもサッカークラブチームの子らしい。ならば次こそ・・・違う。


このままなんと5位までは全員サッカー選手。

どうした野球組!と、思っていたらようやくS君の姿が。しかしその前には同じ少年野球チームでショートを守っていたT君。元々足が早く小学生時代から盗塁数を争っていた二人。気持ちを全面に押し出すタイプではなかっただけにS君の前に出ることはなかった。中学入学後は同じブロックのシニアを選んだ。一人で未開のチームに進んだことが自信につながったんでしょう。堂々とS君を押さえてゴールインした。

その後も続々とライバル達がゴールインしていく。もう10人は楽に越えている。と、ようやく坊主頭が見えてきた。

予想より後ろでゴールインしたまーぼの順位は17位。うーん、良くもないし、かといってダメ出しするほど悪くもないし・・・。

ただ、校庭を回っている時に感じた感想だけは伝えました。

持っている力を出し切ったとは感じられなかったんで、なんかちょっともやもやしたもんがありますね。

このもやもやは本業で晴らして欲しいと思います。

先日、総監督から鉄拳制裁をもらったリベンジもしなきゃいけないですからね。
posted by かに at 22:55| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする