2005年12月05日

納会でした

土曜日はシニアの納会でした。
やはりシニアになるとちょっと少年野球と違いますねぇ。
会場こそ区民会館みたいな建物だったけど、そこの大ホールだし、食事はバイキング形式。

服装なんてジャージやジーパン禁止ですからね。まぁ親父達は放っておけばそういう服装しちゃうのはこの世界の常ですからね。
普段ラフな服装しか見ていないから、初めて見るネクタイ姿が面白いこと面白いこと。

「やっぱりサラリーマンだねぇ。今から出勤って言われても違和感ないよ」って人がいるかと思えば、

「明らかに着慣れてねぇぞ!」って人もいるし。

私?もちろん着慣れない方ですよ、えぇ。
スーツは着てるけど、ネクタイまでしたのはいつ以来かなぁって考えちゃうくらいですから。


さてさて、この納会ってヤツは、総会と卒団式も兼ねてるもんだから、予想はしてましたが長いんですよねぇ、話が。しかも会計報告だったり、活動報告だったり・・・。

そこへ来て会場の暖房。こりゃあ明らかに寝ろって言ってますよ。俺も死ぬほど眠かった。
頑張ってこらえながらチラッと選手の方見たら・・・・やっぱり寝てるヤツがチラホラ。

朝の暗いうちに起きて、午前中しっかり練習していたんだから、この条件なら眠くなるのも無理はないけどね。ただ今、寝てるヤツって、普段の練習でもちょいちょい手を抜いてるヤツなんだよねぇ。逆に練習で手抜きが出来ないヤツって、こういう時も手抜き出来ない。頑張って目をこすってる(笑)


そんな選手の目を覚ませたのはやっぱり総監督。マイクをにぎった途端に全選手の背筋がスッと伸びる。
おまけに親父達の背筋もスッと伸びる。この辺の緊張感が総監督の凄さなんだよね。親父まで緊張しちゃうんだから。明らかに寝ていた親父もしっかり起きてるし(笑)

いつもよりちょっと短めな総監督の話の後は、お待ちかねの卒団式。
ユニフォーム姿しか見たこと無かった3年生がみんな学校の制服姿。髪もちょっと伸びてる。
あぁ、ウチの息子も2年後にはここにいるんだなぁ、なんて感慨にひたりながら写真撮ってました。頼まれてもいないのに写真撮っちゃってるのは職業病ですね。

記念品贈呈のあとは、卒団生の父兄代表&卒団生代表の挨拶。こちらは私のブログに度々コメントしてくれているAyigusさんとその息子次男君のダブルの挨拶でした。さすがにこの親にしてこの子あり。この親子は人前に出ることを義務付けられていると実感しちゃいました。

数々のイベントを終えて、ようやく食事の時間。
最初にも書きましたが、バイキング形式になっていまして、会場の両サイドに数々の食事が並んでいた。

先輩父のうわさ話として「選手が鬼の様に食いまくり親が食べる分まで残らない」と聞いていた。

実際、まーぼも「お前達1年生には食べ物を残さない。食べられるとは思うなよ」と正捕手K君から釘をさされたらしい。(笑)

実際、食事が始まってみると、まず3年生が並ぶ。その後ろに2年生。1年生は並んでるもののただ並んでるだけ。とても食事にありつけるって様子ではない。総勢50人ですからね。一番後ろの方に並んでる選手なんて食事のあるテーブルすら見えない距離。

さりげなくその1年生の順番を見てみると、やっぱり体格と押しの強さが大きく影響するみたい。うしろのほうに並んでるのは背の低い、押しのけてでもってことが得意じゃない子ばかり。

さすがにこれでは食事にありつけないと思ったのか、婦人部から許可があったのか、10人強の1年生が父兄側の食事棚に並び始めた。そんな配慮をしてもらっていたは、これからの厳しい競争を闘っていけるのかと純粋に心配になっちゃいましたよ。
そもそも食べ物を確保するって言うのは、オスとして一番力を発揮しなきゃいけないところですからね。人類に限らず。

ちょっと心配になって我が息子を探してみたら、ちゃんと2年生のすぐうしろで食事を確保してました。ホッ。でも実際には婦人部が相当配慮したのか、かなり食べ物の量が多いみたい。親にもちゃんと食事はありましたし。まぁ飲んじゃってますから大した食事は必要ないんですけどね。親父達は。


このあとは、まず卒団生、1、2年生の順に帰宅していった。ウチは夫婦ともに出席だから、息子は友人達と勝手に帰っていきました。もう中学生ですからまったく心配せずキモチ良く飲んでいました。

8時過ぎには会場を近くの居酒屋に移して2次会もありましたが、翌日もオープン戦があるということで、11時過ぎには解散。日付が変わる前に無事帰宅しました。

ちなみに翌日のオープン戦。私は酒も抜けないまま朝7時にグランドに到着。
いろいろお手伝いしましたが、まーぼは2試合での出場は1打席のみ。結果は変化球で三振でした。

B面では1年生試合を2試合やってまして、普段やったことない子がキャッチャーとして出ていたらしい。一方の2年生試合は2試合ともに大量点を取って楽勝ペース。しかし2試合とも正捕手K君がずっとマスクをかぶっていた。まーぼはマスクをかぶるチャンスはナシ。

A面でもB面でもどっちでも良いからもう少し出番があったら嬉しかったんですけどね。でも、そんな愚痴を言ってはいけませんね。B面にいけばずっとキャッチャーの練習が出来るのは分かり切ってることで、それをあえて2年生に帯同させているのは、総監督になにか考えがあることでしょうから。使ってもらえないなら、使いたくなる選手になるしかない。

先日卒団した3年生達のように、2年後に晴れ晴れとした表情でこの日を迎えられる様に、努力あるのみです。
posted by かに at 12:56| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする