2005年11月28日

ラジコンキャッチャー“まーぼ”

昨日は午後から紅白戦がありました。

まーぼはBチームの捕手として出場。指揮は総監督が取る。対するAチームは捕手の2年のK先輩。そちらの指揮は監督が取ることとなった。どちらのチームも先発投手は1年生が務めるだけにリードが大きく結果を左右することになる。これは面白いなぁ、とバックネット裏を陣取ってガッツリ見させてもらいました。

紅白戦ではヤジを飛ばし放題なのが我がチームのルール。下品なもの以外はオッケーとなっている。しかもそのヤジは選手だけでなく、指揮を取る総監督、監督も遠慮なしにバンバン飛ばす。
今回は総監督のヤジをじっくり聞きながら観戦していたら、これが面白いこと面白いこと。

総監督はキャッチャー出身。当然、相手チームのキャッチャーであるK先輩のリードには1球ごとにヤジが飛ぶ。もちろんそのヤジには教育的な要素が多分に含まれていたり、試される要素が含まれていたりと実に多彩。

例えば
打席にはチームで一番小さい1年生選手。マウンドには2年の速球派投手。当然外角低めの速球で追い込んでいく。バッターも何とか食らいついて当てるもののなかなかフェアグランドに入らない。
ここで総監督から「そろそろ内角に一球見せた方が良いんじゃないの?外ばっかりで良いの?」とヤジが。
このヤジにK先輩はどう反応するかなぁと見ていたら、ヤジを無視して外の速球を続けさせて見逃し三振。
結果的にバッターの方が総監督のヤジに影響されちゃったみたい。K先輩がヤジに釣られてインコースを投げさせてヒット打たれたら、きっとボロカスにヤジられたことでしょう。その点では釣られなかった先輩はさすがと感じました。

かたやまーぼの方は総監督のヤジに影響されまくり。というかヤジをそのまま素直に受けて、まるでラジコンで操縦されてるみたい。とはいえ、セオリーや相手を考えての深いリード戦術を直接指導されてる訳だから、浅い経験のまーぼのリードに多大な影響を与えたのは間違いない事実。
まーぼ自身も相当その手応えを感じた様で、バッティングの方では3の0だったけど、なんだか満足そうな顔してるし。

対外的なオープン戦での経験ももちろん必要だけど、こういう経験も今のまーぼにとってはすごく貴重。フルイニングマスクをかぶらせてもらったことを感謝しなくちゃ。

試合後、バッテリー組&足が遅い子限定でキッツイ走り込みが待っていた。
ライトからレフトまで延々10往復の全力疾走。午前中には30分間走、インターバル走もあったからこの日は一体合計何キロ走ったんだろうって感じ。でもこういう冬のトレーニングを越えることはすっごく重要だからね。

でも昨日はいつも以上にしんどかったみたい。家に帰った後も筋肉痛でもだえ苦しんでた。(笑)
歩くのすらしんどい筋肉痛も久しぶり。こういう姿は冬の風物詩・・・ですよね。
posted by かに at 19:14| 埼玉 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする