2005年11月01日

マナー?過保護?指導?

先日、我が低学年チームが都内のチームと練習試合を行った。
残念ながら私はその試合を見ることが出来なかったんですが、監督から聞いたその様子は驚きました。

試合結果の方は13対6の勝利でした。

こちらの投手も先発こそエースを出したものの、すぐに大丈夫だと考えて、これまで当番経験のない投手候補2人にマウンドを経験させたりと、余裕の展開だったようです。

私が驚いたのはその展開ではありません。
試合中、ベンチ内では選手全員がメガホンを叩いて応援し、ファールボールは応援のお母さんが取りに行き、そのまま審判まで届けに行っていたというのだ。

私は「そのチームとはもうやるべきではないでしょう」と提案してしまいました。監督も同じように感じていたようです。

相手チームが強い弱いということが全てではありません。弱いからやるべきではないと行っている訳ではありません。

冒頭で書いた様なことが何の疑問もなく行われてるチームとはやる必要はないでしょう、って感じてしまうんですよね。

これは地域差もあるかも知れませんが、埼玉ではメガホンの使用はベンチ内では監督のみ。ファールボールはベンチにいる選手が取りに行き、選手が主審に届けるというのは常識となってます。

実力に関わらず、どのチームもそのようにしています。
わずか10人の選手で戦っている弱小チームだってそうです。
キャッチボールすらままならないチームだって同じです。

その常識をきちんと理解している高学年だったらいいんですが、試合をしていたのは低学年です。
相手チームを見て、「これでいいんだ」と思ってしまう子が現れないとも限りません。

このチームの行いが地域によるものなのか、このチームだけの事なのかは分かりません。

ですが、せめてファールボールは選手にやらせるべきだと思うんですが、どうなんでしょうか?
posted by かに at 10:26| 埼玉 ☁| Comment(11) | TrackBack(0) | 少年野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする