2005年10月31日

シニアで一番持てはやされる親父とは

ウチのチームに限ったことですが、(他でも意外にそうかもしれませんが)
一番『いたらいいのに』と待望論が強いのは、


大工&土建屋の親父です。


シニアのグランドというのはあとからあとから補修箇所が現れます。
雨ざらしですからしょうがないんですけどね。

小学校の校庭を使っていた少年野球の頃は考えられなかったんだけど、学校がお金を掛けてやっていることを全部自分達でしなきゃいけないんですよね。

先日は練習をしている選手を尻目に、雨でグランドがひたひたになってしまった時のために購入した10トンもの砂を、用意した置き場に収納する作業をただひたすらやってました。
もちろんその置き場を作製するのも親父の仕事です。
少し残ってる砂をどかしたりしながらだったんですが、中からカエルはでてくるわ、はさみ虫、ゲジゲジ虫など、母親では間違いなく仕事にならない様な事態が次々起こって、そりゃあ大騒ぎでしたよ。

と言った具合に、ほとんどが前からある物を補修するだけで済むんですが、時には全面改修なんてこともある。そんな時に常に「こんだけ親父がいるんだから」と、話題が出るのが、手に職をもった親父さんの存在です。

残念ながらウチのチームにはいないんですよね。

1年生だけで20人以上選手がいますから、当然それだけの親父がいる訳で(中には片親もいますが)、そりゃあもう多種多様な職業の人間がいます。

まぁ、私なんかはかなり珍しい職業の方なんでしょう。とは言っても頭脳労働者ですから(忍耐力労働者とも言えますが)体力はそんなにあるほうじゃありません。

1年生の親父連では力仕事で一番活躍するのは消防士ですね。高いところも全然平気ですからバッティングゲージの網を直したりとかはぜーんぶその人に頼んじゃいますね。

これから息子をシニアに行かせようと考えてる方。息子のためにも今から体力作りをすることをお勧めしますよ。
posted by かに at 14:04| 埼玉 🌁| Comment(15) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする