2005年10月27日

ロッテの強さ

いやぁ、実にあっさりと決まってしまいましたねぇ、日本シリーズ。

実戦から遠ざかってた上に、村上ファンド問題とで、戦前から阪神に不利な要素が重なっていたとは言え、まさかロッテが4タテしてしまうとは考えてませんでした。

じつは私は、4勝2敗でロッテが日本一になると予想してたんですよ。

最初2戦は勢いでロッテが行く。その後甲子園に戻って大応援団をバックに阪神が息を吹き返して2連勝。甲子園での3戦目はロッテが取って、千葉マリンで涙の胴上げ。

こんなストーリーを予想していたんですよ。

しかししかし、甲子園に行ってもロッテの勢いは止まりませんでしたねぇ。
これはさすがに計算外でした。

あの甲子園の雰囲気と、あの熱狂的な阪神ファンの応援。それを跳ね返してここまで勝ってしまうんですから、もう勢いだけではないですよね。

セ・リーグチームのファンにとっては、すざまじいあの大応援団というのは阪神最大の武器だと思ってます。それをはじき返したんですからあっぱれというしかありませんね。

それにしても4タテしてしまうほど、ロッテと阪神の力の差ってあったんですかねぇ。

確かに今江はすごいです。里崎も大したモンです。投手陣だってスゴイと思います。
しかし阪神だってあれくらい戦える選手が揃っていたはずです。
少なくとも後ろに出て来る投手は阪神の方が上だと思ってます。大して出番はなかったですけどね。

では何で、あれほどロッテが打てて阪神が打てなかったのか。
あれほどロッテ投手陣が抑えて阪神投手陣が抑えられなかったのか。

個々の選手の能力や総合力ではあんなに差はなかったと思ってます。

ではどこで差が開いてしまったのか。

思うに、データ収集の差なんじゃないかと思うですよね。

早くから優勝が決まっていた阪神は、パ・リーグのチームにとってデータの収集はしやすかった。

しかし、阪神からすれば、3チームの内、どこが日本シリーズに出て来るか分かんないから、3チーム分のデータを集めなければならない。

1チームに集中してデータを集めるのと、3チーム分集めるのとでは、当然データの質が変わってきてしまう。
質を同じにするには3倍の時間を掛けるか、3倍の人出を出すか、といったことが必要になってくる。単純な計算ですけどね。スコアラーの能力にもよりますし。

これはもう、ロッテに限らず、パ・リーグ有利と言って過言じゃないでしょう。
もしもソフトバンクが出てきても、ソフトバンク有利だったと思いますよ。

おそらく来年もセ・リーグでプレーオフが開かれなかったら、同じ様な条件でセ・リーグのチームは日本シリーズを戦わなければならないことになるでしょう。

これでは真の日本一を決める大会としてはふさわしくない状況じゃないですかね。

中継を見ていて、ロッテの打者に迷いがないって凄く感じたんですよ。
データ的に裏打ちされたものがあるから、迷いなく打席に立ってる感じ。

もちろん、そこにはバレンタイン監督のリーダーシップも多大な貢献をしてるんでしょうが、それだけであの阪神投手陣があんなにめった打ちになるとは思わないんですよね。

時間的な制約があることはすごくわかるんだけど、これじゃあフェアじゃないですから、同条件で日本シリーズを争える様に、しっかりと機構側には頑張って欲しいですよ。

いろいろ書きましたが、ロッテの強さはホンモノです。日本一になったことにケチを付けるつもりはまったくありませんから。
ファンのみなさま、おめでとうございます。
長年日本一になれなかったという辛さはすごーくわかりますから。
その喜びを十分に堪能してくださいませ。
posted by かに at 03:42| 埼玉 ☁| Comment(8) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする