2005年10月20日

チーム選びに一番必要なのは・・・

私がよく(ほぼ毎日)行くブログで
『少年野球の上達講座 我が子をレギュラーにする秘訣』ところがあります。そちらで、ある中学生のチーム移籍に関する話題が出ていました。
思うところがあって、コメントを書き始めたんですが、あまりに長くなってしまいそうだったんで、いっそのこと自分の所で書いた方が良いなと思いまして、今回は書いてます。

詳しい内容は↑で見ていただくのが一番ですが、要は少年野球のチームメイトと中学に入っても一緒にやりたい息子さんを強引に硬式チームに入れてしまった親子の話です。

ウチもそうでしたが、今6年生の野球少年を抱えるご家庭は、中学に入った時にどこで野球をやるのかというのは、大変な議論を呼ぶテーマだと思います。そろそろそんな話が出始めてもおかしくない時期でしょう。

6年生くらいになれば、どんな野球がしたいのか、どんな選手になりたいのか、おぼろげに見えてる子はいると思います。その気持ちをどれだけ汲んでやるかは親子間の問題ですよね。金銭的な問題もありますし。
ただ実際に野球をやるのは子供ですから、まず子供がどう考えるかが最優先ですよね。どこを選んでも、嫌々では硬式、軟式に限らず上達しないでしょうから。

ウチの場合、他の家庭がどうなるか判らない段階(1月初旬)でシニアを選びました。
話し合いを始めたのは昨年の年末でした。

中学野球部の顧問は野球未経験者で、コーチとして高校野球経験者が来ているものの、その経験者の意見を顧問があまり聞かない、実力より年功序列型タイプだということは先輩の親から聞いて知っていました。
一方、硬式は我が家からほど近い荒川河川敷で多くのチームが練習していることも聞いていました。

幸いなことにまーぼのことを強く誘ってくれるシニアチームがいくつかありました。
少年野球の先輩(中学野球部)からも姉ちゃんを通じて強い勧誘も受けていました。

そうしたことを踏まえて話し合ったところ、まず真っ先にまーぼが言ったのが、

「俺は今よりもっともっと上手くなりたい。甲子園に行ける様な選手になりたい。だからシニアを選ぶ」

ただ硬式を選んだからには、それなりに覚悟が必要です。
練習の大変さ、四六時中一緒にいたチームメイトと別れること、野球部なら人数の関係でおそらく2年になれば自然と試合に出られるがシニアでは選手数が多いからレギュラーになれないかもしれないと言うこと、少年野球の先輩からの勧誘を断ち切らないといけないなど、多岐に渡る問題点を話し合った上での本人の選択でした。
それでも本人の意思は固く、冬休みになったら多くのチームを見て回るということで結論が出ました。
たぶん10チームちかく見たでしょう。実際に体験で練習に参加した物もあります。
その中で選んだ現在のチームですから、何にも優先してグラウンドに向かってます。

まーぼの代は、少年野球のチームメイト8人のうち、中学野球部に進んだ子3人、シニアが5人でした。5人のうち息子を含め3人が一緒のチーム、残る2人は別々のチームに行っています。結果的には4つのチームに別れる事になった訳です。しかし、どの子も友達と相談することなく、自分自身(と親)で出した結論です。
息子のチームに3人になったのもふたを開けてみれば一緒だったというだけで、本人同士も親同士もほとんど相談しあうと言うことはありませんでした。そして出した結論についての批評も一切しませんでした。

誰かに影響されてとか、誘われたからなんて理由ではのちのち良い結果を生みませんから。
私もコーチですから、親御さんから相談されたこともあります。
しかし、「息子さんがどんな野球がしたいのか、親子できちんと話し合ってください」
と、だけ答えて、あそこが良いとか悪いとかは一つも言いませんでした。

どんなチームを選ぶにせよ、一番大事なのは本人の覚悟です。
妥協で選んでしまっては3年間のどこかで、その妥協が顔を出すでしょう。
1日2日で決めなくても良いんですから、徹底的に話し合うべきです。

前述の記事の中学生は、話し合いではなく父親の独断で硬式と決定されてしまったのがとても残念でなりません。実際に野球をやるのは本人です。その本人が納得した形で練習に向かわないと上達も望めない。それどころか気もそぞろで怪我をしてしまうかもしれない。
どちらに転ぶにせよ、本人が納得出来る形を取って欲しいですよね。

最後に・・・

チームは別れてしまいましたが、8人は今でも友達です。
硬式に行った友達のチームと対戦する日もあるでしょう。
軟式の子とは、今はなくても高校で対戦することもあるかもしれない。
それは、それは楽しみなことです。
チームメイトが別れたしまうことは、決して悪いことではない、と、個人的には思いますよ。
夢がふくらみますから。
posted by かに at 13:35| 埼玉 ☔| Comment(11) | TrackBack(1) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする