2005年10月02日

育成か熟成か

今日は3チームによる三つ巴練習試合がありました。

先日書いた通り、来週からは1年生大会があります。

ということは当然今日は1年生が中心、もしくは数試合は1年生の試合が組まれると思ってました。

そう思ってグランドに行ってみたら、他の2チームはどうも人数が少ない。

どうも1年生を連れて来ていないみたい。


なんだよ〜!



他の地区ではすでに1年生大会が始まっている地域もあるみたいで。

ちなみにウチではこの大会で2チームエントリーすることになってます。
26人いますから、十分に可能になる訳です。

ならばこの日の試合をその2チームでやればいいじゃん。
相手が2年生だって問題なし。負けたって良いんです。練習試合なんだkら。
と、素直にそう思ったんですが、現実にそんなことは当然なく、2試合ともスタメンは2年生でした。

まぁ、2年生にとっても来年春を見据えて技術をより熟成させることも大切でしょう。
でもでも、来週から大会が始まる今日くらい1年生が主役になっても良いじゃない。育成を考えても良いんじゃない。

と、いう意見も、指導者はおろか2年生の親にすら通じることもなく、昼過ぎた頃には1年生はB面で練習になってしまいました。

結局ベンチに入ったのは、先日の大会でベンチ入りしていた7人のみ。
まーぼもベンチ入りを果たしました。
そして6点リードの7回に、バッテリーごと交代し試合に出場することが出来ました。
ピッチャーの調子が良かったため、あっさり3人で終了。
チームとしては良かったんだけど、一人だけランナーが出て、その盗塁をまーぼが刺して試合終了なんてことになれば、見せ場が出来て良かったのになぁ、なんて考えちゃいました。はっきり言って親の欲目です。

結局、この日試合に出たのはまーぼを含めて3人。
バッテリー以外ではショートとサードに一人ずつの合計4人のみ。しかも3遊間の2人は最終回の2アウトから。ボールに触る機会はなし。
なんだかサッカー日本代表で後半の終了間際にフォワードを交代するジーコ采配みたいです。

少年野球とは違って、采配に口出し出来ませんからね。色々とストレスがたまることが多いんですが、これもまた試練だと割り切って頑張るしかないですね。

ちなみに、1年生大会のトーナメント表をもらってきました。
参加チームは11。その内、ウチを含む3チームが2チームエントリー。合計14チームでブロック優勝を目指します。上位3チームが東東京大会に進むことが出来ます。

ウチの2チームは、単純に良い選手をAとかではなく、指導者がバランスを考えて分けた形になってます。
まーぼはAチーム。一年生の親の間では『アホのAチーム』と呼ばれてます。ちなみにBの方は『バカのBチーム』となります。(笑)

願わくばその2チームで決勝を戦いたいものです。
それを目指して、来週まずは1勝して欲しいです。来週は両チームが勝利して、1年生公式戦初勝利を祝って1杯やることを、強く祈っています。

posted by かに at 23:50| 埼玉 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする