2005年09月20日

スカタン保護者、本領発揮

今日は少年野球の市内大会の決勝戦。
嬉しいことに我がチームは高、低共に決勝進出を決めている。

まず先に行われたのは低学年。
初回にいきなり1点を先制されるものの、その裏にはすぐに同点に。さらに次の回にも1点を入れて逆転に成功した。
その後我がチームの打線が爆発し、7対3で6回を迎えた。残り時間は10分足らず。
フォアボールと内野安打でいきなりノーアウト1、2塁とランナーを背負ってしまったが、得点差があるからランナーは無視してアウトカウントを増やしていく作戦を取った。結局ランナー2人は帰ったが無事試合終了。まずは低学年が念願の優勝を勝ち取りました。

さてさて、問題はここから。
この後の高学年の決勝戦。前日にブロックの順位を決める試合では、同時に5年生大会があった関係で、市内大会の方は全員6年生で臨んでいた。

しかし今日行われたのは決勝戦。代表から直々に「優勝を狙うために市内大会優先で。ベストメンバーで行って下さい」との言葉があった。もとより監督もそのつもりでいたから、これまでと同じベストの布陣、つまり5年生が2人加わる形を取った。ウチの6年生は12人。1人はキャッチボールもままならない子だから仕方ないとして、問題は残り2人。当然のごとくはじき出される形で、スタメンから外れてしまうことになった。

さて、この外れた2人というのが、以前合宿問題でトラブルを巻き起こしてくれた所の子供なワケですよ。

そりゃあ、何もない訳がないですよ。

試合開始後ふと気付いてしまったんです、私は。



「・・・あの、母達が応援席にいない!?」




そう、グランドに来てなかったんです。

その事を周りのお母さんに聞いてみると、どうやら低学年のお母さんとこんな会話があったらしい。


低母「これから高学年ですね。頑張ってくださいね」


スカ母「頑張れないんです。試合出れないから」


低母「・・・・・。で、でも応援とかも出来るし・・・。」


スカ母「応援も出来ないんですよ。だってほら、私服でしょ」


低母「・・・。」


はなから応援する気もなかったようで、チーム揃いのTシャツを着ていなかった。
さすがに低母もあきれてそれ以上会話にならなかったらしい。
俺だってそれを聞いた時には開いた口がふさがりませんでしたよ、えぇ。

勝ちに恵まれなかった高学年チームがようやく掴んだ決勝戦ですよ。
自分の子供が出てようが出てなからろうが、普通応援くらいしません?したいと思いません?
その2人は思わなかったようですね。自分の子が出ないなら見る気もないようです。

試合の方はこちらはあと一本が出ず0を積み重ねている間に、相手は着々と得点を上げ、結局8対0の完敗。
最終回にその2人を代打で起用したのは監督なりの気遣いかもしれません。
しかし、そんな気遣いもむなしく、2人の母は遠目でグランドを見ているものの、一度たりとも応援席には来ず。試合内容も手伝って、後味の悪い決勝戦となってしまった。

閉会式までの間、その2人がうろうろしているのを見かけましたが、さすがに声すら掛ける気になりませんでしたよ。どう切り出しても批判してしまいそうだから。
いつもなら、チームがより良い方向に行く様に、調整役を買って出ている俺ですが、今回ばかりはお手上げです。他の父兄からも「どうにかしてくれ」と言う言葉すら出ませんでしたから。そりゃあ当然ですよね。

おそらくこの状態は修復不可能でしょう。二極化してしまった母を取り持つのはもう無理でしょう。サジ投げちゃいました。
今後は正しい判断の出来る親たちをどうフォローして、少しでも気持ちよく卒団までの時期を過ごしてもらうかだけに専念することにしたいと心底思っちゃってます。

どう思います?それでも俺は努力すべきですかねぇ?
posted by かに at 04:14| 埼玉 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 少年野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする