2005年09月04日

1日で4勝の幸せ

昨日は少年野球で2試合、シニアで2試合が予定されていた。

私は審判を頼まれていた関係で少年野球の方に顔を出しました。
この日行われたのは、さいたま市近隣の選抜されたチームが出場する大会でした。
ウチの市からは3チームが参加。すでに1回戦を終え、この日は2回戦、3回戦が行われた。

合宿やらなにやらで久しく低学年チームを見ていなかったから、楽しみにしてた。

選手達が来る前に一試合審判をこなし、すっきりと子供達の応援に移った。
2回戦は戸田市のチームと対戦。
左の好投手がいるチームなのだが、守備の方はそれほど堅くはなかったのが幸いして、ミス絡みで得点を重ね、5−2で勝利することが出来た。
実は2回戦に負けてたら、次の試合も審判をしなければいけなかったんで、より力が入っちゃいました。

お昼休憩を挟んで、3回戦へと移った。
この試合でも打線は好調で4回までに7点を取った。しかも相手には1点も与えず。
ちなみにこの大会は、低学年のための大会のため、特別ルールとして、イニングは5回まで。1イニング打者は9人まで。9人になったら交代となっている。

という事で、7点リードで最終回を迎えた訳です。
しかし、ここからが低学年の怖さ。4回まで快調に投げていた投手が突然ストライクが入らなくなってしまう。明らかに腕も振れてない。盗塁、盗塁、ワイルドピッチ、そしてフォアボール、この展開であっという間に4点を取られてしまう。
監督がたまらずタイムを掛け、ナインに檄を入れる。その甲斐あってか、ピッチャーの腕が振れるようにはなったものの、今度は野手に連鎖反応が。何でもないフライをポロポロとこぼしてしまう。
あれよあれよという間に6点を献上。しかもランナーが3塁。ここまでで取れたアウトカウントは1。
もう同点は覚悟しなきゃいけないだろう、と思っていたらカウント2−1からバッターが空振りをした。

よし、2アウトだ。と思ったら、キャッチャーがポロリ。条件反射からキャッチャーはファーストに投げてしまう。その瞬間、3塁からランナーが生還してしまった。
まさかまさか、思っても見ない同点劇だ。当然相手ベンチはお祭り騒ぎ。
なんとかかんとか3アウトまでこぎつけたものの、流れは完全に相手に行ってしまった。
こちらの攻撃は簡単に2アウトにまでなってしまった。過去、このチームはこんな感じで5点差、6点差をひっくり返されている。つまり最終回に弱い、緊張に弱いのだ。

ところがこの日は、相手がチャンスをくれた。なんでもないショートゴロだったが、ファーストがこぼしてランナーが残った。相手にとってはサヨナラのランナー。当然今度は相手にプレッシャーが掛かる。次の打者はあっさりとフォアボール。すかさずダブルスチールを決めていよいよサヨナラムードが高まった。
ここでキレイなセンター前ヒットが飛びだして、ついに試合は終了した。

なんとか、ようやく、試合に決着を付けられた。お母さん達はみんな目に涙を浮かべている。
ヤンチャ坊主達にとっても反省と自信を得られた良い試合だっただろう。
来週は準決勝、決勝がある。どうやら優勝したら焼き肉食べ放題で祝勝会を開く約束を選手と監督とがしているらしい。吊られたニンジンがどれほど効果があるか楽しみだ。

さてさて、少年野球の話が長くなってしまったが、シニアの方もタイトルで分かる通り勝利しました。
しかも2戦とも。しかも2試合ともコールド勝ち。
久しぶりにおいしいお酒を飲んじゃいました。日曜が早かったんでさすがに日付を越えるまでとはいかなかったけど。願わくばまーぼが出場してほしかったんだけど、さすがにそれはなかったようです。

まーぼの公式戦デビューはまだまだ先になりそうです。



posted by かに at 23:03| 埼玉 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 少年野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする