2005年08月17日

投手の原点

image/hirosh-2005-08-17T21:17:40-1.jpg

これがまーぼの投手としての原点、『ストライクゾーン君』です。

元々はウチの代表が審判講習会用に作った物なんですが、作りは至って簡単。
上下にハンガー位の太さの針金。横軸は紐を通して、ストライクゾーンの広さを調節出来るようになってます。

講習会終了後にお願いしてもらい受けました。
屋外で使うならこいつを吊す物が必要になりますが、我が家では屋内で使っていました。


4、5年生の頃のまーぼはとにかくコントロールが課題でした。
そのためこの『ストライクゾーン君』をリビングの本棚のサイドに設置しました。
常に目に付くところに吊してその広さを体感してもらおうと考えたんです。

合わせて的としても利用しました。2〜3mくらい離れたところからひじから先だけを使って投げさせました。横になって天井にボールを投げるというやつの、起きてやるバージョンですね。ボールを前で放す感覚を養う事が目的でした。
さすがに軟球では出来ませんからゴムボールでしたけど。

本棚は子供達が小さい頃から使っているものなんで、至る所にキャラクターシールが貼られちゃってました。ちょうど『ストライクゾーン君』の真ん中低めの辺りには、ニッコリと微笑むアンパ○マンの顔が。
(やなせ先生ゴメンなさい。的にさせていただきました。)


最近ではめっきり使わなくなっちゃいましたが、捨てられないんですよねぇ。
posted by かに at 21:17| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 少年野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする