2005年07月23日

高校野球観戦

去年は一度も自分から見に行きたいと言わなかった息子が、

「父さん、仕事の都合が付くなら神宮に連れて行って欲しいんだけど」

こう言いだしたのが2週間前でした。

シニアに入って、高校というものをかなり具体的に意識しだした様だ。

トーナメント表をプリントアウトしてしきりにチェックしている。
もちろん彼の本命は、自ら志望校と言い放った昨年度甲子園出場の修徳高校。

その試合が昨日、神宮第2球場で行われた。
その曜日なら会議だけだろうから行けるぞと言っておいたから、
ヤツは6時には俺を起こしやがった。

てなワケで行ってきましたよ。
普段どこに行くのも車ですから、この日ももちろん車。
サラリーマンの方には申し訳ないんだけど、満員電車に耐えられないんです。もう何年も乗ってないですから。

ともあれ、余裕かまして朝マックなんぞを食いながらノンビリ向かっていたんですが、甘く見てました、朝のラッシュを。もう大渋滞ですわ。

ホントならシートノックに間に合うつもりでいたのに着いたのは試合開始10分前。
しかもそこからチケットを買わなきゃいけない。
どうせすぐ買えるだろうと、これまた甘く見ていたら長蛇の列。やっぱり注目されてるんだね、ディフェンディングチャンピオンですから。
どうにかこうにかあと3人という所まで来て、試合開始のサイレンがなってしまった。

せかす様にチケットを買い、階段を駆け上るとまだその時点では2階席が開放されていなくて、立ち見が多数出ている状態。
なんとかすきまを見つけて、グランドを見つめると、修徳のマウンドにはエースの斉藤君ではなく磯部君が上がっていた。
息子と二人、顔を見合わせて

「しょうがないよね。まだ4回戦だしね」と納得し合う。

ほどなくして2階席が開放されたから、二人でダッシュして2階席へ。
バックネット裏のキャッチャーを見下ろせる席を確保した。

試合の方は修徳が2回に2点をあげたものの、追加点がなかなか取れない。畳みかける様な力強い攻撃を期待していたものの、現実には5回にタイムリーとスクイズで4点をあげ、試合を決めると7回になる2点を叩きだしコールド勝ちとなった。

息子とも話したんですが、去年初めて強豪校(浦和学院、聖望学園)を見た時には打球の早さ、肩の強さに愕然としたモノです。しかしそこまでの衝撃は昨日の試合では感じなかった。もちろん大きな打球も何本もあったんですが。
そう感じたのは何故か?
短期間とは言えシニアに入って上級生の球を見てきたからか、それとも修徳の打球がそこまでではないのか、はたまた記憶が美化されてるからなのか、原因は定かではありません。
とはいえ、動きのスムーズさ、バントの正確さ、送球の正確さ、走塁の的確さ、などなどやるべきことがすべてきちんと出来ていると強く感じました。
どれもシニアでガンガン怒られながら身に付けようとしてることで、それを試合で的確に実戦できるのが強豪校の選手なんじゃないでしょうか。

息子も今教わってることの延長線上に修徳のような強いチームがあると実感できた様で、

「俺やっぱり今のチーム選んで良かったよ」

と嬉しそうに語っていました。

前日の実感を確認すべく行った今日の二松学舎対世田谷学園戦は、
予想に反して世田谷学園の圧倒的な打撃にシード校二松学舎が敗れる波乱となった。
今日は万全を期して1時間前に到着したお陰で、両校のシートノックを見ることが出来た。
その時にはこれは7回まで持つかどうかだな、というのが率直な感想だった。前日の修徳戦で感じたのと同じ様な気持ちになりました。
それくらい守備、送球は差があったんです。
しかしふたを開けてみれば試合開始早々に2ランホームランが飛び出して世田谷学園が先制した。

二松学舎はエースが投げていたのだが、息子でも分かるくらい球に伸びがない。
決して球が遅い訳ではないし、良いコースをついているんだけど棒球という感が否めない。
それに対して世田谷学園のピッチャーは球に切れがあった。ベース近くでスッと加速する様な伸びがある。
1回終了時、得点こそ2対0だったが、これは予想以上に二松学舎が苦しむんじゃないか、というのが息子との一致した見解だった。

そして試合はその予想が運悪く当たってしまいました。エースは4回までに5失点。
2番手も先発とさほど印象は変わらず、結局トータル10失点だった。
随所に素晴らしい守備を見せていただけにとても残念です。

この両校の決勝戦を期待していただけに、残念な結果になってしまいました。

それでも21日に見た修徳のエース斉藤君にはホントに惚れ込んでしまいました。
コールドで終わった試合ですから、もちろんマウンドに登ることはなかったんですが、
毎イニング相手の攻撃を抑えて戻ってくるチームメイトを、ベンチから飛び出しフェアライン手前まで迎えに行っていたんです。去年2年生ながら甲子園のマウンドに登り、チーム内で一番体の大きい背番号1が、小躍りする様に毎回ベンチを飛び出して仲間を迎える姿には感動しました。

必ず彼がマウンドに登る試合を見に行こうと息子と固く約束して2日連続の試合観戦を終えたのでした。



posted by かに at 02:02| 埼玉 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする