2005年05月24日

押尾学という男

以前にも書いたかもしれないんだけど、コイツのことホント嫌いなんでまた書いちゃいます。

今日の東スポで、TBSドラマ『夢で逢いましょう』で押尾と永井大が冷戦状態だという記事が出ていた。終了予定時間になっても終わらない撮影でキレた押尾を永井が無視したという。

この記事を見て俺は全く驚かなかった。押尾ってそういう奴だから。
なぜコイツを使うのかすら分かんない。

すべて自分の思い通りになると思ってる。思い通りならなければすぐに攻撃的になる。
自意識過剰でプライドばっかり高い、それでいてそれほど視聴率を取れる訳でもないのに。

俺自身コイツに2度も嫌な思いをさせられてる。張り込み中に気付かれて、恫喝されたのだ。決定的な写真が撮れるまでは、気付かれてもとぼけるのが常なんだけど、彼の場合は、間違いなくオレを狙ってるんだって決めつけで来るから始末に悪い。ヤクザ並みのドスの利いたセリフを投げつけられた時には、「あぁ、もうコイツを狙うのは辞めよう」って思ったね。
ある女優との密会を撮ろうとした同僚も同じ様な経験をしている。女優のマンションに送ってきたのを発見したんだけど、それに気付いた押尾が一緒に乗ってた友人と二人で記者を囲んで、脅しまくったらしい。色んな芸能人と話をしてるけど、若手で彼以上にヒドイ言葉遣いする人はいないね。

一時はよくあったのに、最近彼のスキャンダルが出ないのは、そこまでの危険を冒してまで撮るほどの価値は彼にはない、と現場がやりたがらないからなのだ。
記者だって暴力的な人間とは関わり合いたくないんですよ。

posted by かに at 20:34| 埼玉 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする