2005年05月07日

気合注入!?

息子の野球小休止となった昨日、先日よりキャッチャーをやっている息子のために、ファールカップを買いに近所のスポーツ店へ。そう、あのきん○まガードです。どのサイズを買うかで一悶着あったものの、無事購入した帰り道。車の中で息子が突然言い出した。

「チャンスがあったら高学年の試合が見に行きたい」

どうやら後輩の試合を見たいと思ったようだ。
というのも、何処でもそうなんだろうけど、世代が変わると雰囲気が変わる。
良く言えば気迫あふれる、素直に言えばガラの悪い世代だった息子の代と違い、今年の6年生はほんわかしたムード。技術的にそれほど違いがあるとは思えないのになかなか勝てない。昨年は優勝した市内大会でも4位に甘んじてしまっている。
息子が6年の時は、平日も毎日学校に集まって練習していたのに、今年の6年は平日の学校で姿を見ることがあまりないらしい。

そんな光景を伝え聞いているうちに我慢できなくなったらしい。行って気合いを注入したいと思ったようだ。

で、本日その願いが思ってもない形で実現した。前日からの雨でグランド状態が悪いため、シニアの練習が中止になったのだ。
お疲れの息子にとっては大歓迎。前年優勝した大会中の後輩の試合を見に行くことになった。

俺は低学年の練習試合があったために見ることは出来なかったんだが、遅れて迎えに行ったため、帰りに感想を聞くことが出来た。

息子の口からは、バッティングのこと、声出しのこと、サインプレーのこと、はては采配のことまで、話し始めると止まらない。去年1年シビアな試合を数々こなし、今ではシニアでより高度な野球をやってるためか、かなり考えて野球が出来るようになったようだ。
シニアではまだまだ1年坊だから、なんて思ってたけど、親が考えてる以上に子供の成長って早いんですよね。

ホントなら休養に当てた方が良かったんだろうけど、息子にとっても自分のやるべき事、足下を見つめる良いきっかけになったようだ。
posted by かに at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 少年野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする