2005年02月06日

2度目の指導者講習会

先々週行った指導者講習会のつづき。
2回とも出席しないと、認定指導員の資格がもらえないから、気が進まないけど行きましたよ。
認定指導員ってのは、県が認める指導者ってことで、市内大会に勝ち上がった後に行われる県南部大会だったり、その先にある県大会、もちろんその先の関東、全国も含めて、こういった大会でベンチに入るには、この資格がいる訳です。
だから息子が県南、県大会に出場した時は、資格をまだ持ってなかったからベンチに入れませんでした。その息子ももうすぐ卒業しちゃうのにいまさら・・・って感もありますが、まぁこの先いつ必要になるか分かんないからいいでしょ。

前回は丸一日机にかじりついて講義を受けただけだったんだけど、今回はちょっと違いました。午前中は体力テスト。テストっていっても別にいい成績獲らなきゃいけない訳じゃない。
子供達にやらせる体力テストを自分達も体験してみなさいってことらしい。

メニューは

『上体おこし』 いわゆる腹筋です。
『腕立伏臥腕屈伸』 長ったらしい名前だけどようは腕立てですわ。
『立ち幅跳び』 助走無しのやつです
『時間往復走』 ちょっと距離の長い反復横跳びみたいなもんですね。
『5分間走』 字の通り。ひたすら5分走るだけ。距離を測ります。
以上五つ。

結果は・・・・・・・。

予想されたことだけど、下に行くほど成績が悪くなっていく。
つまり足を使ったものは成績が良くないってことです。
これはしょうがないでしょ。普段から走ってないどころじゃなく、歩いてませんから。
サラリーマンは出勤で歩いてるでしょうけど、俺は車ですから。
ヒドイ日なんて一日1000歩いかない日もありますから。


はい、そうです。偉そうにいう所じゃないです。分かってます、気をつけます。


でも、まじでちょっと歩かないとマズイよね。あと10年もしたら足腰相当弱くなりそう。やばいやばい。
posted by かに at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 少年野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする