2016年09月27日

ベスト8

今日、まーぼ高校野球部の県大会2回戦がありました。

埼玉県の場合、まず東西南北、各支部で勝ち上がった代表校だけが県大会に出場出来ます。
まーぼ高校の支部はなかなかの強豪揃いで、そこを勝ち上がるだけでも簡単ではありません。
実績十分、県内屈指のチームでもある埼玉栄高校でも県大会に進出出来ないんですから。

そうして勝ち上がった代表校が32校集まっての県大会ですから、1回戦を勝つだけでも大変。
日曜日、その1回戦を6対1で快勝。

そして今日、2回戦があった訳です。
たまたまお休みだった姉ちゃんも連れて、三人で大宮の球場に行って来ました。

着いた時にはまだ前の試合、浦和学院の試合をやってました。
さすが浦学、秋季大会だって言うのにブラスバンドを引き連れて圧倒的な応援でした。

さて。
そして始まったまーぼ高校の試合。
エースの圧倒的なピッチングで点を取られそうな気配すらない。
あとは得点を挙げるだけなんだけど、初回から1死2塁のチャンスがありましたが後続が続けず。
その後、2回、3回、4回と連続で1死2塁のチャンスがあったんですが、そのたびに打ち上げてしまいお互い無得点のまま6回の裏。
相手が1死2塁のチャンスを掴んだ。
ここで続く打者がショートゴロ。普通にファーストに投げて2死2塁かな。そう思った途端、2塁ランナーが3塁に向かって走り始めた。
ショートは当然サードにスロー。そしてそれに気づいたランナーはセカンドに戻り出す。サードは追い込みながらセカンドへ。
そうしてる間にバッターランナーがセカンドへ。
セカンド上で両方タッチして、て、展開になるかと思ったら、今度はバッターランナーが1塁へ戻り始める。
セカンドランナーはベースに戻るのが間に合ってセーフ。さらに1塁に投げたボールが一塁手のミットからポロリとこぼれてオールセーフ。
しかも一塁手のミスの間に2塁ランナーが3塁に進み、オールセーフで1死1、3塁の大ピンチになってしまった。

さすがにヤバいな。1点は覚悟しないといけないかも、そう思った途端、相手三番の打球はサードライナー。これを三塁手がジャンプしてキャッチしてそのままベースに着地。
まさかのダブルプレーでこの大ピンチをしのぎさました。

ピンチの後にチャンスあり。
7回の表にランナー3塁から今度は相手にミスが飛び出して1点を先制しました。
結局1点しかとれませんでしたが、ここまでずっとチャンスにポップフライばかりでしたが、ここに来てしっかりと芯を食った打球が出始めたんで、もう大丈夫。
エースも相変わらず良い調子だし、このあとあと2点くらい取って、3対0で行けるかな?

そんな風に思ったんですが、やはり県大会はそう簡単ではありませんでした。
ポテンヒットからチャンスを作られタイムリーで同点とされてしまいました。

しかし続く8回。
先頭が出塁すると四番に長打が飛び出して2点目を奪ってさらにランナー3塁。
ここでスクイズが決まって3点目。

この得点で勝負あった。
そのまま試合が終了し、3対1で勝利しました。

この勝利で準々決勝に進出。ベスト8となりました。
夏がベスト16でしたから、チームとしても最高成績になりました。

続く準々決勝の相手はこの日の第一試合で勝利した浦和学院。
トーナメント表を見た時に、ここまで勝ち上がれたらいいねーって思ってた通りになりました。

正直、まだまだ浦学に勝てるほどの力は無いかもしれないけど、いつも通り、終盤勝負に持ち込んで大番狂わせを演じて欲しいですね。
そう出来る可能性は持ってますから。
次の試合応援行けるかなー。



posted by かに at 21:54| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | まーぼコーチ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

ありがとう番長

今日、ハマの番長こと、三浦大輔投手が引退を発表しました。

30分くらい前からこの事を書き始めたんですが、一行目を書いた後が続けられませんでした。
何をどこから書いたらいいだろう?そもそも何を描きたいんだろう?全然頭がまとまらないままでしたが、芋焼酎を3杯飲んでようやくキーボードに向かうことが出来ました。

正直、今年の状況を考えるとこの日が来ることは薄々予感していました。
ここ2年ほどは開幕からローテーションに入る事が出来ず。
ローテーメンバーの疲れが出始める夏頃から登板という事が続いていました。

今年もそれは変わらず、今季初登板は8月だったと思います。
満を持しての登板のはずが初回に連打を食らい大量失点。
続く2度目の登板はなかなか訪れず、結局9月に入ってから今季2度目の登板でした。

お得意の阪神戦。
ファンからすれば阪神の状態を考えれば、この登板で今季初勝利をするものと確信してました。
(阪神ファンの方、申し訳ないです)
しかし結果は初回にランナー1人を置いて、福留選手にホームランを打たれて2失点。
ちょうど中継を見ていましたが、「このカウントだったらきっとアウトローギリギリに投げるだろう」という予想に反して、打たれても仕方ないというコースにスーッと投げ込んでしまいました。
コントロールが抜群の番長と言えど、初回はコントルールミスをしがち。
ここ数年は特に初回のコントロールミスでホームランを打たれることが増えていましたからね。
でもその後は本来の番長のピッチング。
結果は勝てなかったけれど、これだけのピッチングが出来るなら、万が一今年勝てなくてもあと1年くらいはやってくれるのでは、とも思っていました。

しかし。
昨日、ベイスターズはクライマックスシリーズへの進出を決めました。
その中継での映像を見ていて、番長の顔が気になっていました。
CS出場を決め、選手達みんなすごく喜んでいて、見ているこっちも嬉しくなる光景の中、番長はなんだか他の選手達のそれと微妙に違う気がしたんです。
本当に何となくなんですけどね。

喜ぶみんなを暖かく見守るって言うのかな。
年齢的な事もあるんでしょうけど、あの時点で一歩下がったところで喜んでいる様に感じたんです。
自分が勝利していない今シーズン、その中でチームはCS出場を勝ち取った。
もう自分がいなくても大丈夫だ、そんな安心感がにじみ出ているようにも感じられました。

弱いチームをエースとして支え続けてきた番長。
泥沼の連敗を止めるのは決まって番長でした。
すでにベテランの年齢になってからも、ここぞで頼りになるのは決まって番長でした。

あれは何年前ですかね。
番長がFAの資格を得て、阪神が獲得に意欲を見せてるって時がありました。
その年のファン感謝デー、私は行ってたんですよね。
で、他のファンと一緒にグランドの番長に「行かないでくれ〜」って叫んでました。
そんなファンの叫びが番長の胸に届いて、残留を決意。
その後「俺は横浜の三浦」と言い続けてくれました。

今シーズンの最終戦。
番長の登板の日のチケット、是が非でも取りたかったんですが取れませんでした。
最後の背番号18を目に焼き付けたかった。
とても残念です。
でも頭の中には数えきれないほどのその勇姿が残っています。

テレビの前でしっかりと応援し、感謝の言葉を言いたいと思います。

ずっと横浜の三浦大輔でいてくれてありがとう。
あなたはやっぱり最高のエースでした。
ありがとうございました。


posted by かに at 02:21| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ベイスターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

行くぜ!CS!!

ようやくこの日が来ました。

12球団で唯一このシステムを甘受していなかった我がベイスターズ。

ヤクルトとの(一時は阪神も)熾烈な争いを制して、ついに3位以上を確定。
チームとして初めてのクライマックスシリーズ進出を決めました。

今日は祝日という事もあり、朝からグランドに行ってたんですが、霧雨の中の試合を終えて帰宅したらベイスターズが1点リードして中盤を迎えていました。

帰宅直後、テレビを付けると直後に筒香のタイムリーが飛び出し2点差に。
それを見て一旦テレビを離れ、冷えた体を風呂で温めに行きました。
もちろんその間もiPhoneで試合動向はチェックしてましたけどね。

8回は三上が一打同点のピンチを迎えましたが、なんとか凌いで最終回へ。

ゾンビネイションの「Kernkraft 400」が掛かっただけで胸熱。
決して本来のピッチングが出来ている訳では無いけど、節目となるこの試合の最終回はやっぱり山崎康晃じゃなきゃね。

やっぱりツーシームの落ちはベストとは程遠いけど、気持ちを込めたストレートで勝負してまずは新井をショートゴロで一アウト。
続く打者の神ってるでお馴染みの鈴木誠也にヒットを打たれたが、安倍を打ち取りツーアウト。
そして一発が出れば同点という場面が続いて、一時は四番を打った事もある松山が代打。
こういうバッターに粘られる嫌だなと思ったんだけど、初球のストレートを引っ掛けてくれてショートゴロ。
この打球をしっかりさばいてスリーアウト。

もうね。歓喜です。
泣いちゃいそうなくらい嬉しいです。泣きませんでしたけど。
でもね。その後、ツイッターとかで、この日のスタジアムに中畑前監督を始め、横浜を去って行った元ベイスターズ選手が応援に駆けつけていたってのを知って、ちょっとウルっとしちゃいました。

ただ、まぁ。
これはあくまでもスタートライン。
巨人、広島に短期決戦での戦いを挑まなければいけない訳ですね。

どちらのチームにも絶対的な選手が何人もいる。
ウチよりもずっと短期決戦を知っている。

CSを掴んだ事でベイスターズ選手の中に達成感が生まれてしまわないかも心配。

できる事ならこの勢いで二位を奪取して横浜スタジアムで戦いたいですね。

ここからあと4試合。全力で応援します。
そして巨人との試合が続く阪神さんの事も全力で応援します!頑張ってください!!

今日は仕事から帰ったら祝杯をあげるつもり。
こういう酒は久しぶりだから飲みすぎない様にしなきゃな。



posted by かに at 20:43| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ベイスターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月15日

濃いめのカルピス

この夏、我が家でハマった飲み物がありました。
いや、現在進行形でハマってるって言って良いかな。

それがこれ。

カルピス 濃いめのカルピス 490ml×24本 -
カルピス 濃いめのカルピス 490ml×24本 -

文字通り、濃いめでちょっと塩気があって、まさに夏にピッタリ。
熱中症対策としても非常に良い飲み物でした。
普通のカルピスウォーターと飲み比べればその差は一目瞭然。
本当に濃いめなカルピスウォーターです。

その濃さにね、ハマっちゃったんですね。
そう言えばむか〜し、ビンの原液を買っていた頃も、かなり濃いめに作ってたもんね。
普通に売ってるカルピスウォーター、なんかちょっと物足りないなぁって感じる事があったのは、かつての舌の記憶と比べて薄かったんだろうね。

そこでこの『濃いめのカルピス』です。
これはまさに私の舌を満足させる濃さ。家族全員気に入って飲んでました。
ただね、期間限定の商品ってのもあってか、売ってる店が少なかった。
ウチの近所のコンビニでは1軒しか置いていなかった。
なので、毎回4,5本まとめ買いしてました。

しかしその近所のコンビニでもついに在庫が売り切れた。
期間限定だからね。

買えなくなると買いたくなるのは本能だよね。
数日悩んだんだけど・・・あまぞ〜んで買っちゃいました。
しかもケースごとね。(;^_^A

これ飲み切る頃にはすっかり涼しくなってるだろうな。
posted by かに at 10:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

秀逸

先日の日曜日。

グランド内に我がチームの下部組織であるリトルリーグの練習着を着てる選手がいるのに気が付いた。

トップチームがバッティング練習をしてる時間だったから、誰なんだろう?と顔を見てみたら二年生選手だった。

色も形も全く同じミズノのベースボールTシャツなんだけど、ウチの練習着は胸にマークが入ってて、背中にはアルファベットで名前が入ってる。
かたやリトルの練習着は胸のマークは無く、背中にはチーム名が入ってる。

入団間もない一年生だったら出身チームの練習着やユニフォームで練習する事はあるけど、二年生ともなると、そういう事はほとんどない。

色、形が一緒だからパッと見は気付かないんだけどね。

バックネット裏で監督と共に練習を見ている時だったから、私と同時に監督も気付いたみたい。
すぐに監督が本人に声を掛けた。

「練習着どうした?洗濯が間に合わなかったのか?」

が、その理由は、何の事はない。選手本人がうっかりと着て来ちゃったんだとか。

まぁ、終日練習の日ですし、1日くらいならしょうがないか。
て、事になったんですがね。

それでも婦人部で一応母に連絡したみたい。

そして母は替えの練習着を持って来てくれました。


1B195621-872E-4F3A-8293-25B085DF2C93.jpg


秀逸なメモでした。

この日1日、その選手が『バカ息子』と呼ばれた事は言うまでもありません。
posted by かに at 22:10| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする